アメトーク打ち切りせず『ホトトーーク』へ!視聴者の反応は?視聴率は大丈夫?

芸能関係
スポンサーリンク

こんにちは。闇営業問題はまだまだ色々な方面で多大な影響が出ていますが、視聴者としてはやはり闇営業芸人がメインで放送されている番組がどうなるのか?その中でも「アメトーク」が今後どうなるのか?非常に気になっています。そこで打ち切り決定なのか?新MCで番組を進めるのか?ホトちゃんだけで続けるのか?といった話題が賑わっていますが、先ほど当面は相方蛍原徹(51)が1人でMCを務め、番組名を「ホトトーーク!」に改める窮余の策を取る。との事。

 

スポンサーリンク

アメトークホトちゃん1人の編集放送 視聴者の反応は?

制作サイドの思惑

宮迫が24日から活動停止の謹慎に入ったため、「アメトーーク!」の行方に注目が集まっている。27日放送分では宮迫の出演シーンがカットされたが平均視聴率は8・4%で、前週20日放送分の7・6%から0・8ポイントアップ。このまま、闇営業に関与しなかった蛍原の単独MCの体制を取る可能性が出てきた。

9月の改編期までは蛍原がピンでMCを担当してしのぐ案が持ち上がっている。他の芸人を蛍原と組ませる急造のダブルMC案もあるにはあるが、あの番組はひな壇に座る芸人の数が多いから、蛍原1人でも“撮れ高”はなんとかなる。もちろん宮迫がいなくてもトークも回るだろう、というわけだ」(テレビ局関係者)

そうなると蛍原が1人で番組の看板を背負うことになるため、タイトルを「ホトトーーク!」にマイナーチェンジする、まさかのプランもささやかれているというから驚きだ。お茶の間に広く浸透している現タイトルに比べ、どこか牧歌的な雰囲気が漂う。

では、9月の改編期以降はどうなるのか。テレ朝としては簡単に切りたくないだろう。放送時間は深夜帯ながら視聴率はシングル(1桁)後半をマーク。5月24日にオンエアされたゴールデンタイムの2時間スペシャルでは12・3%を叩き出している。

そうはいっても番組の顔である宮迫の復帰時期は、まったく見通しが立っていない。

「宮迫が金銭の受領をめぐって虚偽の説明をしたため、世間の心証は最悪だ。スポンサーも引き揚げかねない。9月の改編期で打ち切る話まで浮上してきている。幸い、まだ3か月あり、新番組を立ち上げる猶予期間としては十分」(制作会社スタッフ)

8月いっぱいはホトちゃん一人で「ホトトーク」として継続する事がほぼ決定したようですね!

しかし前回の視聴率はみんなどんな感じで編集されるのか?楽しみにしていたと思います。(笑)

このツイート面白すぎます!

9月以降はどうなるのか?おそらくホトトークの視聴率を見て決めるのでしょうね!打ち切りか?このままか?新MCを立てるのか?

追記7月1日

「6月28日発売の『フライデー』によれば、『アメトーーク!』にはスポンサーから『番組テロップから名前を外してほしい』という依頼が殺到しているのだとか。さらに降板を決めたスポンサーもいるようで、番組自体も10月の改編で打ち切られることが、ほぼ決定したと関係者が明かしています。今回、お笑い界の大御所である松本すら裏切っていたことが発覚しましたから、このまま番組終了は覆ることがないかもしれません」(前出・テレビ誌記者)

やはり9月いっぱいはホトトークで継続し、10月から打ちきりで決定みたいですね。

追記7月2日

亀山社長は「番組を応援している方にご心配かけ申し訳ないと思います」と謝罪。番組について「現状では打ち切りは考えていません。慎重に推移を見守っていきたい」とコメントした。

また、編成担当の西新取締役は「アメトーーク!」に関して「今のところ番組タイトルの変更などは考えていない」とし、MCに関しても「蛍原(徹)さんで考えているが、MC側にゲストに入ってもらうことも考えている」。

このようにしばらくは打ち切らないそうです。そして「ホトトーク」にもならないようですね。

 

まとめ

アメトーク9月まではホトトーークとしてホトちゃん一人で放送される事が決まりファンにとっては一安心ですがまだまだ今後どのようになるのか?わかりませんね。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]