蒼井そら双子の男児・令和元日出産(AbemaTV生中継)批判続出?

芸能関係
スポンサーリンク

こんにちは。令和元日結婚やら出産やら続きますね~以前からアメーバTVで「出産ドキュメンタリー番組」を放送していた蒼井そらさんが無事双子を帝王切開で出産しましたが、おめでたい事ですが一部では批判の声が!その辺りを調べてみました。

 

スポンサーリンク

蒼井そら(あおい そら)

別名義 近藤友利花
生年月日 1983年11月11日(35歳)
出生地 東京都
身長 155 cm
職業 女優、元グラビアアイドル、元AV女優
ジャンル Vシネマ、映画、テレビドラマ
活動期間 2003年 – 活動中
配偶者 あり
事務所 プライムエージェンシー

View this post on Instagram

8 months pregnant. #twinsbaby

A post shared by AOI SOLA (@aoi_sola) on

DJ NON

活動名:DJ NON

本名:非公開

誕生日:1月26日

出身地:東京都新宿区

職業:DJ、ライブサポート、楽曲提供など

DJ NONHALCALI、WISE(TERIYAKI BOYZ)、mihimaru GT、PES (RIP SLYME)吉川友、AZUや三浦大知のライブでDJ、マニピュレータとして参加をしています。

また、一青窈の「一青十色」アルバム全曲ダイジェストの制作なども行っていたり「ZOZOTOWN 2011WINTER BOMB A SALE」のテレビCMの楽曲の制作もしていたりと幅広い活動をしています。

令和元年双子の男子無事出産

蒼井そらとDJ NONの間に、第1子・第2子となる双子の男児が誕生した。

これは令和元年の本日5月1日にAbemaTVで放送中の番組『蒼井そら出産当日アジア同時生中継』で明らかになったもの。蒼井は番組放送中に二卵性双生児を帝王切開手術を受け出産し、母子ともに健康だという。

蒼井の出産直後、AbemaTVの取材に応じた夫のDJ NON「祈ってただけですけど、無事に産まれました。子供も奥さんも元気だっていうのを先生に説明してもらったので、後はもう部屋で待機して、奥さんが戻ってくるという状況です。子供も奥さんも無事で元気に産まれてきてくれたので、本当にホッとしています」と安堵の笑顔を浮かべた。

また術後、蒼井本人も「無事に出産を終え、病室に戻ってきました。双子はまだ新生児室には入ってないかな? って感じです。まだ麻酔が効いてて少し苦しい感じですが、無事に産めた安心感でいます。子供が病室に来て、もう一回会えるのを楽しみにしています。頑張りました」と自身のスマホで撮影した動画でコメントを寄せている。

蒼井とDJ NONは2018年1月に結婚を発表。同年12月に蒼井は、自身のオフィシャルブログを通じ妊娠を明らかにしていた。

 

本当におめでたい事です!それなのになぜ?批判の声が出ているのか?

 

『AbemaTV』にて生中継することに辛辣な声

あんたみたいなのが子どもを作るなんて親のエゴだよね

出産なめんな!

自己顕示欲すごいねww

望まれて生まれてくる証しが公開出産って定義が、私には一生分かりません。

当たり前に無事に出産できると思ってるのか。万が一の事があったら放送事故だよ

双子でしょ? トラブル起きやすいし生配信なんてやめた方がいいんじゃないの

このような声に対し、蒼井そらさんは、

《親のエゴじゃなく生まれて来る子なんて逆にいるのかよ。って思ったし》

《幸か不幸かは子ども本人が決めることであって、他人が意見することではないと私は思いました》

との事。

「蒼井といえば、日本だけでなく中国や台湾、韓国などのアジア各国でも高い人気を誇っています。今年2月より海外からの視聴に対応し始めた『AbemaTV』は、そんな蒼井の国際的な人気を利用して、各国から注目を集めるために必死なのでしょう」(芸能ライター)

色々な事情があるんですね。。。

個人的には生放送自体はやはり色々な危険があるのでどうかな?とは思いましたが、放送を見た限り特に問題があったようには思いませんでした。もし事故があったとしても問題が無いように配慮していた感じでしたね。

産後の蒼井そらと家族へのサプライズメッセージで涙

(無料で7日間見る事が出来ます。)

まとめ

令和元日アメーバTVで「出産ドキュメンタリー番組」を放送していた蒼井そらさんが無事双子を帝王切開で出産しましたが、おめでたい事ですが一部では批判の声が!あると言う事で調べてみましたが、どのような声があっても無事に出産出来、母子共に健康な状態だったのは良かったです!

 

コメント

  1. […] 蒼井そら双子の男児・令和元日出産(AbemaTV生中継)批判続出? […]