荒川ライブカメラ!リアルタイム中継映像!台風19号で河川の氾濫?雨量予想は

ライブカメラ
スポンサーリンク

こんにちは。本当に今回の台風19号は今まで以上に危険な感じで報道されていますが、実際に来てみないとわからないのが台風!しかし「備えあれば憂い無し」予めしっかりと準備はしておいた方が良いと思います。今回の台風19号は風だけでなく大雨が降るとのことで河川の氾濫が心配されています。そこで荒川のライブカメラについて調べてみました。

追記10月12日 早めの避難を心がけましょう!

スポンサーリンク

台風19号雨量予想

相当ヤバそうです!

・11日午後から西日本太平洋側や東日本での南東向きの斜面を中心に、非常に激しい雨が降り始める。

・12日から13日にかけて、西日本から東北地方では広い範囲で、台風に伴う雨雲がかかり、非常に激しい雨や猛烈な雨が降り、東日本を中心に、狩野川台風に匹敵する、記録的な大雨となるおそれ。

・12日12時までの24時間の雨量は、多いところで、東海地方では500ミリ、13日12時までの24時間の雨量は、東海地方では600~800ミリ、関東甲信地方と北陸地方では300から500ミリなど、広い範囲で大雨となるおそれ。

「台風19号雨量予想」の画像検索結果

荒川ライブカメラ!リアルタイム中継映像!

観測地点

こちらで確認できます!

信濃川ライブカメラ!リアルタイム映像中継!現在の状況は?通行可能な道路は?
こんにちは。台風19号の影響で信濃川でも氾濫が起きているようですが、現在の状況はどのようになっているのでしょうか?気になります。中国地方に住んでいるため信濃川と千曲川は同じだという事を先ほど知りました。無知でゴメンナサイ。千曲川で大変な状況...
千曲川ライブカメラ!リアルタイム映像中継!現在の状況は?通行可能な道路は?
こんにちは。台風19号の被害状況が酷いですね!これほどまで多くの河川で決壊や洪水が起きたのは過去に例が無いのでは無いでしょうか?まだまだ救助活動が行なわれていますが、一刻も早く救助される事を祈ります。 千曲川現在の状況 台風...
利根川ライブカメラ!リアルタイム映像中継!下久保ダム緊急放流はいつ?
こんにちは。 台風19号の影響で降り続く大雨により、国交省関東地方整備局が利根川水系の下久保ダムで緊急放流を行う可能性があることを明らかになりましたが、本当にヤバイです!現時点で、緊急放流する可能性があるのは、利根川水系では神流川の下久保ダ...
多摩川ライブカメラ!リアルタイム映像中継!多摩川氾濫間近?直ぐ避難を!
こんにちは。あちらこちらで河川が氾濫しそうです!先程入った情報では多摩川も氾濫しそうとのことで、とにかく早く避難しましょう! 追記 ついに氾濫したようです! 多摩川現在の様子 東京調布市を流れる...
荒川ライブカメラ!リアルタイム中継映像!台風19号で河川の氾濫?雨量予想は
こんにちは。本当に今回の台風19号は今まで以上に危険な感じで報道されていますが、実際に来てみないとわからないのが台風!しかし「備えあれば憂い無し」予めしっかりと準備はしておいた方が良いと思います。今回の台風19号は風だけでなく大雨が降るとの...
狩野川ライブカメラ・リアルタイム中継映像!狩野川台風とは?台風19号との比較
こんにちは。いよいよ台風19号が近づいていますが、狩野川台風に匹敵する記録的な大雨となる恐れがあると言われていますが、狩野川台風とはどのような台風だったのでしょうか?そして狩野川自体が氾濫する恐れはあるのか?ライブカメラでリアルタイムな情報...

 

洪水浸水想定区域

こちらで確認できます!

 

【風水害】台風第19号に伴う体制

こちらでチェックできます!

 

河川氾濫 避難の心得!

大雨等により河川の水位が上昇することを「河川洪水」といいます。更に水位が上昇し、堤防から水が溢れたり、堤防が決壊して起こる現象を「河川氾濫(外水氾濫)」といいます。

その場に降った大雨がはけきれずに地表に溢れる「内水氾濫」とは異なり、大量の水が速い速度で一気に市街地へ流れ込み、河川の近くではわずかな時間で住宅等の浸水や倒壊、人的被害が起こるという特徴があります。一度発生すると広域に被害が及び、数週間にわたって水が引かないこともあります。

逃げるが一番です!

指定河川洪水予報

洪水注意報・洪水警報
雨量基準 短時間の強い雨が影響して発生する洪水害を想定して設定された基準。
流域雨量指数基準 対象区域の上流域に降る雨が影響して発生する洪水害を想定して設定された基準。
複合基準 上流域で降った雨と、対象地域の降雨の双方の影響が重なって発生する洪水害を想定して設定された基準。
指定河川洪水予報による基準 指定河川洪水予報と整合性をとるための基準。
大雨注意報・大雨警報
雨量基準(浸水災害を対象とした基準) 側溝や下水から水が溢れるなど、雨水の排水能力を超えた雨による浸水害を想定して設定された基準。
土壌雨量指数基準(土砂災害を対象とした基準) 地中にしみ込んだ雨が原因となって発生する土砂災害を想定して設定された基準。

台風の接近や、大雨が夜に予想されているときは特に注意が必要で、暗くなって大雨の中の避難は危険
暗く見えないだけでなく、大雨で音も聞こえにくく、崩れている道路に気づくのが遅れたりして夜中の避難中に被災することがあります。特に災害に弱い高齢者や子供のいる家庭では天気予報を見て暗くなる前の昼や夕方に早めの避難をするようにしましょう。

もし、暗くなってから避難を検討する状況になってきたら、避難中に被災することも考えて避難するかを判断。

自宅の周辺がすでに浸水しているなど外に避難するのが危険なときは、地下階や1階で寝ることはしないなど、自宅などの建物内で可能な限り高いところに避難する「垂直避難」をするように。

雨が降り続いて不安に思っても、川や用水路の様子を見に行かないでください。

ライブカメラを使いましょうね!

不安に感じたときは、避難をするタイミング!

 

避難時の注意点
【想定浸水深】0.5m未満
・地上が浸水すると地下に一気に水が流れ込んできて地下からの脱出は困難となる。
・車での避難が危険な場合がある。
・浸水の深さがひざ上になると徒歩による避難は危険。
・避難が遅れた場合は、自宅等の上層階へ移動する。
・マンション等の高い建物に居住している場合は、無理に避難する必要はない。
ただし、浸水が長時間継続した場合や孤立した場合の問題点について認識しておくことが必要である。
【想定浸水深】0.5~3.0m
・1階の住民は、床上浸水になり、避難が遅れると危険な状況に陥るため、避難情報のみならず、河川の水位情報等にも注意し、必ず避難所等の安全な場所に避難する。
・水・食べ物・貴重品などを2階以上に持って上がる。
・浸水が始まってからの避難は非常に危険なため、近くの丈夫な建物の2階以上に移動する。
・マンション等の高い建物に居住している場合は、無理に避難する必要はない。
ただし、浸水が長時間継続した場合や孤立した場合の問題点について認識しておくことが必要である。
【想定浸水深】3.0m以上
・ 2階床面が浸水するため、2階建て住宅及び2階の住民は、避難が遅れると危険な状況に陥るため、避難情報のみならず、河川の水位情報等にも注意し、必ず避難所等の安全な場所に避難する。
・ 高い建物の住民でも、浸水深が深く、水が引くのに時間を要することが想定されるため、事前に避難所等の安全な場所に避難する。

 

まとめ

荒川ライブカメラ!リアルタイム中継映像!台風19号で河川の氾濫?雨量予想はについて記事にしました。本当に危険を感じる前に避難しましょうね!

コメント