荒木珠里(SUP)M2Oで世界7位!経歴とプロフィールは?汰久治(父)も凄い

SUP
スポンサーリンク

こんにちは。先日M2O(モロカイ2オアフ・パドルボード・ワールド・チャンピオンシップ)が開催されましたが、沖縄の荒木珠里君が史上最年少13才での初挑戦で日本人トップとなる7位という素晴らしい成績を残しました!本当に凄いです!そしてお父さんの汰久治さんも完漕!凄すぎます!

 

スポンサーリンク

Molokai2Oahu(M2O・モロカイ2オアフ・パドルボード・ワールド・チャンピオンシップとは?

Inspiration to push to the finish of M2O

簡単に言うと、ハワイのモロカイ島からオアフ島までの52キロを人力のみで渡る世界最高峰パドルレースの事です。世界一過酷と言われるレースで選考基準を満たし、出場権利を得たモノだけが挑戦できます!

海の上で何十キロも先にある目的地に向かって海を渡ること。

このレースはコースが引かれているわけではなく、自分自身で風や潮の変化を感じて進む道を決めて漕いでいきます。大きな潮目、風の角度が変わるだけで、行きたい方向へ進めなくなることもあります、地球の変わり続ける動きに心を傾けて、漕ぐ道を決めて遠くにみえる島に漕ぎ続けます。

後半は意識が朦朧とする中で、心で漕ぎ続けている感覚になります。

<必要な要素>

漕ぎ続ける体力、潮の動き、波、、風を感じて調和しサーフィンしていくスキル、地球の変化を感じる心、そして地球の動きから進む道を決めるナビゲーションの力。

大海原の中で人力で漕ぎ自分の生と向き合う。

大きな海の上で本当にこの道があってるのか自分に迷いがでるとき、

サメに遭遇したら、

雷にうたれたら、

力尽きてしまったら、

なにか起きたらという不安と恐怖という感情がでてきます。

自分を信じて漕ぎ進める強い心と、地球の変化を柔軟に感じる心

何か起きた時に受け入れる覚悟

速さだけではない、本当の意味での強さが求められるこのレース。

世界トップの選手でも、途中棄権をする事は珍しくありません。

世界中のパドルスポーツをしている人が一度は耳にし憧れるレースです。

<Molokaiチャレンジの種目>

プロ―ンパドルボード、アウトリガーカヌー、サーフスキー(荒波でも適応できるカヌー)、スタンドアップパドルボード、Foil

本当に凄すぎます!僕もSUPをしてますが、とてもじゃないけどこんなレースに出たら間違いなく死にます。。。。でもカッコいいな~♪

Molokai 2 Oahu 2014: EP2 "It's the Most Powerful Race"

荒木珠里(あらき しゅり)

 

生年月日:2006年5月7日(13才)

出身地:沖縄県名護市

小さい時から沖縄で自然と共に暮らし、お父さんと一緒に海と戯れていたそうです。そして特別お父さんにSUPの漕ぎ方を習ったわけではなく、自然と理想的な漕ぎ方を身に付けたそうです!

2015年からSUPのレースに出場し小学生ではダントツの漕ぎで圧倒的な強さを誇り、今回M2Oで7位という好成績。日本人トップ!

詳しくはこちらを

荒木汰久治(あらき たくじ)(父)

1974年、熊本県生まれ(45歳)。 沖縄県名護市安部在住。

幼少から転校生として全国を周りスポーツ少年としての日々を過ごす。 サッカー、バドミントン等、陸のスポーツを得意としていたこともあり、大学生になるまでは〝カナヅチ〟であった。1993年(19才)に、東海大学ライフセービング部入部し、人生が大きく変わる。

在学中にトレーニングの為、単身ASU留学し、本格的にアスリートとしての歩みを始める。2018年の「M20」では、世界第3位となる快挙を成し遂げた。

アスリート経歴

1996年(22才) 全日本ライフセービング選手権サーフスキー部門優勝(3連覇を含む優勝4回) 

1998年(24才)ライフセービング世界選手権サーフスキー部門6位

1999年(25才)アウトリガーカヌークラブジャパン(OCCJ)日本クルーとして初完走(105チーム中37位) その後、OCCJとして10年間連続 Molokai Hoeへ出場

2000年(26才)Molokaiパドルボードレースunlimited部門、日本人初完漕

2002年(28才)Molokai Challenge、サーフスキー 3時間59分   ※日本人歴代最速

Molokaiパドルボードレースunlimited部門7時間2分、9位

2012年(38才)Molokai Challenge、OC1/一人乗りカヌー 3時間53分 ※日本人歴代最速

2015年(41才)M2O世界選手権、unlimited部門、世界7位

2015年(41才)全日本SUP選手権優勝   ※歴代最年長、17年ぶりの快挙となる日本タイトル

2018年(43才)SUNOVAのチームライダーとして、M2O世界選手権に出場。

stock14ft.部門、世界第3位  ※日本人歴代最高

お父さんもヤバ過ぎます!

SUPとは?

「SUPとは?」の画像検索結果

ここ数年で知名度も人気も急上昇中!ウォータースポーツの新定番として大注目の「SUP(サップ)」

SUPとは、「Stand Up Paddleboard(スタンドアップパドルボード)」の略称。その名の通り、ボードの上に立ち、パドルを漕いで水面を進んでいく新感覚のアクティビティです。

SUPは、安定感抜群の浮力のある専用ボードを使うことで簡単に立つことができ、性別や年齢を問わず初心者でもすぐに楽しめるようになります。また、全身の体幹やバランス感覚を鍛えられることから、エクササイズとしての効果も期待できます。

 

SUP Foilとは?

Surf Foil を操るKai Lenny

水中に取り付けられた翼の揚力(空を飛ぶ飛行機と同じ原理で浮き上がる力のこと)で飛び続けられます。

How to SUP Surf Foiling ► TUTORIAL

これも気持ち良さそうです!

M2O参加は無理ですが、SUPもFOILも楽しいですよ!僕はFOILは出来ませんが。。。

まとめ

荒木珠里(SUP)M2Oで世界7位!経歴とプロフィールは?汰久治(父)も凄いについて記事にしました。珠里君の今後の活躍が楽しみです。2024年のオリンピックではSUPが正式種目になりそうなので、是非とも金メダルを取って欲しいですね!

 

コメント