広島で美味しいチョコレートは?バレンタイン2019どこで販売?

バレンタイン
スポンサーリンク

こんにちは。あと1ヶ月で丁度バレンタインですね。チョコレートが苦手な方は仕方ありませんが、チョコレートが大好きな人にはやはり美味しいチョコレートをプレゼントしてもらいたい!

 

僕もチョコレートが大好きなので、広島で美味しいチョコレート屋さんを調べてみました。

 

スポンサーリンク

marco Chocolaterie マルコショコラトリー

 

「marco Chocolaterie マルコショコラトリー」の画像検索結果

本物志向のスーツ好きの方々に。
チョコレート専門店marco chocolaterie(マルコ ショコラトリー) 

 

marco chocolaterie公式サイト

 

見ただけで楽しくなり、食べたくなります! 本命の彼には絶対にオススメ!

通販サイト広島県外の方もこちらから購入できます。

marco chocolat set
マルコ ショコラ セット

自家製のドライフルーツや八朔ピールなど、素材にこだわた8種を詰め合わせたセット。ご自宅用・ギフトとしてもオススメです。
来客時やウィスキーやビールのちょっとしたお菓子にも最適。フランスとベルギーのカカオ由来の原料のみで作った本格チョコレートで、素敵な時間をお過ごしくさい。

【商品内容】
クランブルショコラ フレイズ イチゴ 50g
クランブルショコラ プラム 50g
コーヒービーンズショコラ20g
ショコラオレ 35g
アマンドショコラ 20g
レーズンショコラ 20g
オランジェット 50g
ギモーブショコラ 45g

【賞味期間】常温30日 ※春〜初秋は冷蔵

【包装サイズ】230×185×80mm

3,456円(税込)

まだ一度も行けてないのですが、近いうちに訪れたい!

オーナーシェフ 中野元之

Owner Chef

東京都世田谷区出身。
ドイツ菓子、フランス菓子、レストランパティシエを経験。
神戸の御影や芦屋などでの修行中には大使館のパーティー用デザートを手掛けるなど、洗練された環境に刺激を受けながら研鑽を積む。
中国重慶のカフェ事業開発にも参加。
2008年、広島の新しい街「こころ」に Patisserie MATILDA をオープン。
2013年、 Chocolaterie を併設。
安価な代替原材料を使わず、カカオ由来の原材料にこだわった本物志向のチョコレートを、日常的な「おやつ」にできる手頃な価格で販売スタート。
修行中、食材の買い付けに出向いたフランスのマルシェで太陽の光をいっぱいに浴び、宝石のようにキラキラ輝く果物の鮮度に魅了され、自らも地元産の旬の食材を用いることを心掛ける。
新しいモノを追い求めつつも、長い時間をかけ先人たちが築き上げてきたクラシカルな安定感は外さない、という姿勢でケーキ作りに勤しみながら、季節ごとに巡ってくる果物たちと向き合っています。

Patisserie MATILDA公式サイト

 

リタルダンド クラフト チョコレート&コーヒー

 

広島・江波にあるチョコレート専門店「rit. craft chocolate and coffee(リタルダンド)」
海のすぐ側にあるお店は、街から少し離れた静かなところにあります。
お店の中にチョコレート工場があり、カカオ豆のセレクトからチョコレートの製造まで一貫しておこなうBean to bar専門店
カカオ豆と砂糖だけでつくる高カカオチョコレートが特徴です。
カカオの風味を楽しめるホットカカオがおすすめ。

店頭にあるチョコレートは、全てカカオ豆の産地や農園が表示されて、産地や農園によって味が全然違って来るので、食べ比べてみるのもおもしろい。

コロンビア アラウカ産のチョコレートは、少しミルクを使っていて、フルーティーな香りが広がる大人なチョコレートです。使用するカカオ豆は時期によってかわるので、その時だけのチョコレートを食べることができます。

 

シンプルな感じでとても美味しそうです!

 

オーナーは、住居尚さん。グラフィックや広告、ロゴ等のデザイナーをされていましたが、
今から約2年半前、テレビで見たチョコレート作りに興味を持ち、ついに2018年4月、チョコレートショップを開きました。

 

住所:広島県広島市中区江波沖町3-5

⇒広島市中心部から、広電江波線に沿って国道183号線を南に。
江波トンネルを抜け更に進むと、
行き止まりの三菱重工業(株)広島製作所江波工場すぐそば。
グレイの小さな箱型の建物。

営業時間: 正午~午後6時

定休日:  毎週(水)(木)

電話:   082-557-4413

 

USHIO CHOCOLATL(ウシオチョコラトル)

1.『USHIO CHOCOLATL(ウシオチョコラトル)』1507688

 

広島県唯一のBean to Barショップ「ウシオチョコラトル」は広島県尾道市向島の立花海岸を望む山中にあるチョコレート工場。シンヤ、やっさん、A2C の3人が集まり2014年11月1日にオープン。
現在はクレイジーなメンバーも増え「食べるチョコレートから感じるチョコレートへ」を合言葉に新しいチョコレートの可能性を探求し、珍道中を繰り広げる。良質なカカオ豆を求め世界中のカカオ農園を訪問し、直接仕入れたカカオ豆も使用し、カカオ豆の焙煎からチョコレートの製造・販売までの工程を自分たちで行う。カカオ豆の産地ごとの個性を生かし、カカオと砂糖のみで作られた脳天直撃チョコレートをお楽しみください。

美味しいチョコレート専門通販【ショコラナビ】HPより引用

 

一昨年「ウシオチョコラトル」へ行ったのですが、台風警報が発令していてお店が閉まっていました。。。険しい山道で折角上まで登ったのですが、、、

 

住所  広島県尾道市向島町立花2200 立花自然活用村 2F
営業時間  9:00~17:00
定休日  火曜日・水曜日

USHIO CHOCOLATL(ウシオチョコラトル)公式サイト

なかなか向島まで行かれないと思いますが全国に取扱店があります。なので広島だけで無く全国の方にバレンタインのプレゼントとして本命彼氏にどうぞ!

 

取扱店

 

foo CHOCOLATERS/フーチョコレーターズ

 

このお店は、尾道市向島のチョコレート工場〈USHIO CHOCOLATL〉から派生した新ブランド店。

広島空港3Fに工房兼店舗を構えます。

3種類の全ラインナップでは、ホワイトチョコレートも含め、グァテマラのエル・ポルヴェニル農園のカカオ豆を使用。

カシューミルクチョコレートの〈PAN〉

酸味とフルーティーさが特徴の〈PAN〉、シンプルな味が好きな方におすすすめ。

ホワイトチョコレートの〈NEU〉

甘いものが好きな方に人気の〈NEU〉、ホワイトチョコレートが苦手な方でも食べやすいと評判。

〈PAN〉をベースにほうじ茶の茶葉を練りこんだ〈CHA〉

お茶や和の味が好きな方におすすめの〈CHA〉、特に女性に人気です。

 

こちらは広島空港の3Fにあるので、いつでも行けそうですね!

 

住所 729-0416 広島県 三原市 本郷町善入寺64-31 広島空港ビル3F
TEL 0848-51-4017

ジャンポール エヴァン 三越広島店

ボワットゥ マニエティック 50個入り

フランス国家最優秀職人章を持つ、ジャン=ポール・エヴァン氏のチョコレート専門店。最高のショコラ素材を用いり、研ぎ澄まされた感性で生まれる品々は絶品です!

 

もともとアンデルセンに有ったのですが、一時閉鎖のため三越の1Fへ。

 

ジャン=ポール・エヴァン氏 プロフィール

ショコラティエ ジャン=ポール・エヴァン

 

ジャン=ポール・エヴァンがパティシエとしてキャリアをスタートしたのは、1975年のホテル インターコンチネンタルでした。そして、1976年から1988年までホテル・ニッコー・ド・パリにおいて、ジョエル・ロブション氏の下で修行を重ねましたが、それはクリエイティヴで発見の多い数年間でした。

幸運にもジャン=ポール・エヴァンは、日本に上陸してまだ数年しか経っていないフランスの有名なパティスリー「ペルティエ」に招かれ、1年半ほど東京でシェフ パティシエを務めました。この恵まれた機会があったからこそ、しいては日本に最初のビジネス拠点を確立するチャンスとなり、日本はエヴァンにとって重要な拠点となり、また同時にお気に入りの国となりました。

センスあふれる審美眼を持ち、一流のパティシエでもあるエヴァンは、天性の研ぎ澄まされた味覚とゆるぎない感性に恵まれました。最高の食材、最高のワイン、最高のシガーなど本能的に察知して選んでいますが、彼の天職でもあるショコラの素材についても同様に、最高の素材を選び抜いています。

 

1986年にフランスでMOF(フランス国家最優秀職人章)を受章して以来、研究熱心で職人肌のエヴァンは、すべての時間をライフワークであるショコラづくりの試作と構想に費やし続けてきました。こうして、エヴァンのブティックで並べられているショコラは、宝石のように繊細で格別なものに出来上がったのです。

 

凄い経歴です!一度は食べてみたいチョコレートですね!少々値段が張りますが、本命彼氏には超オススメのチョコレートだと思います。

関連画像

リンツ ショコラ ブティック ekie広島店

関連画像

1845年、スイスで創業された高級チョコレートブランド「リンツ」。タブレット(板チョコ)やトリュフなど、濃厚でクリーミーなチョコレート菓子が揃っています。

1879年、ロドルフ・リンツは、温めて液状になったチョコレートを撹拌し続けることでリンツチョコレートのこの上ないなめらかさを生み出す「コンチング」のプロセスを発明し、チョコレートの製造技術に革命を起こしました。

カカオ以外の食材も最高クラス

リンツのメートル・ショコラティエは、世界の有名産地から厳選した最高級の食材のみを調達して加工しています。たとえば、ローストしたナッツの香ばしさを保つため、ナッツは自家焙煎し、新鮮な状態でチョコレートに加えられます。

完璧な仕上げ

リンツのメートル・ショコラティエは、細部にわたり細心の注意を払い、最後のひと手間をかけ、愛情をこめてデコレーションを施し、美しいパッケージに包まれた最高傑作を送り出します。
凄い歴史を感じますね!中四国で初めての店舗だそうです。
広島駅の2Fにあるので、買いに行きやすいですが、遠方の方はオンラインショッピングも!丁度バレンタインキャンペーンをやっております!
リンドール
凄くかわいらしいので、本命彼氏と言うよりは後輩等にあげる義理チョコって感じですが、食べてみたいです~♪

ゴディバ 広島

やはりチョコレートと言えば、ゴディバ。

何故これほどまでにゴディバは有名なのでしょうか?

ゴディバはベルギーのブリュッセルで1926年に創業した老舗で、現在は世界100カ国以上で販売される世界の超有名高級チョコレートブランド。日本に上陸した1972年以来、高級チョコレートの代名詞として、真っ先に名前が挙がるほどの知名度がある。

 

【味が忘れられない】

チョコレートの原料はカカオですが、ゴディバはその原料を厳選し、1つ1つ丁寧に、まるでアートのように作ることで特別感を演出し、実際に味も一度食べたら忘れられないほど他のチョコレートとは格が違う美味しさであることが人気となっています。

 

【チョコレートのデザインが凝っている】

ゴディバのチョコレートは1粒1粒がとても繊細に作られているんですよね。また女性の感性を刺激する可愛さも兼ね備えており、食べるのが勿体なくてずっと冷蔵庫にしまっておきたくなるくらいの愛らしさをもっていることも今なお人気のある理由となります。

 

【パッケージの高級感】

ゴディバのパッケージは乙女心をくすぐるような、とても可愛らしいものから、大人の女性向けの高級感溢れるスマートでオシャレなものが多いんですよね。
特にイベントや季節限定商品などはこういったパッケージにも拘りをもって製作されているので、いつもよりも特別な気持ちになれるというわけです。

 

広島では5店舗あります。

 

ゴディバ 三越広島店

ゴディバ そごう広島

ゴディバ イオンモール広島府

ゴティバ 福屋八丁堀本店

ゴディバ アルパーク

結構たくさん店舗があるので、買いやすいですが全部広島市内なので通販でも購入可能です。

こちらもバレンタインキャンペーンを行っています。

 

 

ゴディバオンラインショッピング

 

まとめ

広島で美味しいチョコレートを調べてみました。他にもたくさん美味しいチョコレートはあると思いますが、バレンタインで送られて嬉しく、少し優越感・ありがたさを感じられるであろうものを勝手に選んでみました。

 

調べてみると各々をチョコレートに歴史やこだわり・思入れを感じて全て食べ歩きしたくなりました!と言うよりバレンタインのプレゼントとして貰いたい!(笑)

 

あなたはどのチョコレートを贈ってみたいですか?!

 

コメント