藤原竜也(映画ダイナー主演)の師匠(蜷川実花監督のお父さん)の厳しさとは?

ヒカル
スポンサーリンク

こんにちは。藤原竜也さん主演映画ダイナーが公開されていますが、凄い人気のようですね!是非見に行きたいと思いますがYouTuberヒカルの動画に藤原竜也さんと蜷川実花監督が出演。

『映画ダイナー主演の藤原竜也さんと監督の蜷川実花さんに独占インタビューしてきました』の動画の中で藤原竜也さんが監督のお父様には本当に鍛えられた!と言っていました。どれほど厳しかったのか?調べてみました。

 

スポンサーリンク

『映画ダイナー主演の藤原竜也さんと監督の蜷川実花さんに独占インタビューしてきました』

映画ダイナー主演の藤原竜也さんと監督の蜷川実花さんに独占インタビューしてきました

藤原竜也の声

藤原竜也、 蜷川実花監督とは縁を感じる 映画『Diner ダイナー』インタビュー

動画の中で蜷川実花さんのお父さまの教育でこの声になった!と言われていました。舞台の練習で声を潰し、それを繰り返して声が潰れても声が出る方法を学んだそうで、蜷川実花さんのお父さまの弟子達はみんな声が潰れた方が多いそうです。

監督の蜷川実花さんのお父様 演出家の蜷川幸雄

蜷川幸雄に認められた男、西島隆弘
対談「蜷川 幸雄 × 小栗 旬」情熱大陸より
Backstage of Musashi 1

本当に厳しかったようで、蜷川といえば、有名なのが「稽古中に灰皿を投げつける」という逸話。実際には灰皿は投げなかったそうだが。

蜷川幸雄さんの告別式で藤原竜也さんが読んだ弔辞

蜷川幸雄さん葬儀、2日合わせて約3000人が参列 藤原竜也、小栗旬ら最期の別れ惜しむ

「その涙は嘘っぱちだろ?」と怒られそうですけど、短く言ったら長く言え。長くしゃべろうとすれば、つまらないから短くしろと怒られそうですけど。

まさか僕がきょうここに立つことになろうとは、自分は想像すらしてませんでしたよ。最期のけいこというか、言葉で弔辞。5月11日、病室でお会いした時間が最期になってしまうとは…。

先日、公園で一人『ハムレット』のけいこの録音テープを聞き返していましたよ。恐ろしいほどのダメ出しの数でした。瞬間にして心が折れました。

「俺のダメ出しでお前に伝えたことは全て言った。今は全て分かろうとしなくていもいい。いずれ理解できる時がくるから、そうしたら少しは楽になるから。アジアの小さな島国の小さい俳優になるなと。もっと苦しめ、泥水に顔をツッコんで、もがいて、苦しんで、本当にどうしようもなくなったときに手を挙げろ。その手を俺が必ず引っ張ってやるから」と蜷川さんそう言ってましたよ。

蜷川さん、悔しいでしょう、悔しくて泣けてくるでしょう。僕らも同じですよ。もっと一緒に居たかったし、仕事もしたかった。たくさんの先輩方、同志の方々がたくさんきてますね。蜷川さんの直接の声は、もう心の中でしか聞けませんけれども、蜷川さんの思いをここにいる皆でしっかりと受け継いで頑張っていきたいと思います。

気を抜いたら、バカな仕事をしてたら、怒ってください。1997年、蜷川さん、あなたが僕を産みました。奇しくもきのうは僕の誕生日でした。19年間、苦しくも…、まぁほぼ憎しみしかないですけど、最高の演劇人生をありがとうございました。蜷川さん、それじゃあまた。

蜷川実花の家訓「父の教え10箇条」

父の教え10箇条

(1)いつでもどこでも男を捨てられる女であれ

(2)経済的にも精神的にも自立せよ

(3)出来るだけたくさんの男と付き合え

(4)なにしてもいいけど妊娠だけはするな

(5)従順なだけの女にはなるな

(6)男に騙(だま)されるな、騙せ

(7)なにより、かっこいい女になれ

(8)自分が正しいと思ったら、なにがなんでも突き進め

(9)過激に生きろ

(10)妬(ねた)むより妬まれろ。

これを読むだけでも普通では無いと感じます。その影響なのか?現在46歳になった蜷川実花ですが、
実は過去に4度の結婚歴と3度の離婚歴があるそうです。

映画ダイナー

映画『Diner ダイナー』本予告【HD】2019年7月5日(金)公開

そこは、店主も客も殺し屋の、日本一イカれたダイナー<食堂。料理も生死も支配するダイナーの王=店主は、元殺し屋・天才シェフのボンベロ。「俺は、ここの王だ。砂糖の一粒までが俺に従う。」日給30万の怪しいアルバイトに手を出したオオバカナコは、ウェイトレスとしてそこに売られた。 皿を割っただけで消される極限状態のダイナーに、次々やってくる超ブッ飛んだ殺し屋たち。オーダーは極上の料理か、それとも殺し合いか…。 主演は幾多の超個性的なキャラクターを演じてきた唯一無二の演技派俳優・藤原竜也。監督は世界中の女性から絶大な支持を得る写真家であり映画監督の蜷川実花。ヒロインに玉城ティナを迎え、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤 工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二ら超豪華殺し屋で贈るノンストップ・エンターテイメント!店主、ウェイトレス、殺し屋たち。この夏一番ヤバい<殺し合いゲーム>の幕が上がる!

蜷川実花監督もお父様の血を受け継いで厳しいのでしょうか?

まとめ

藤原竜也(映画ダイナー主演)の師匠(蜷川実花監督のお父さん)の厳しさとは?について記事にしました。本当に蜷川幸雄さんって厳しかったようでその娘さんが監督でその弟子である藤原竜也さんが主演で出る映画ってそれだけでも面白そうです!

 

コメント