白血病寛解アスリートや芸能人達!池江璃花子応援するぞ!頑張れ!

スポーツ情報
‹£‰j—Žq‚T‚Oƒ[ƒgƒ‹Ž©—RŒ`•²Ž®B¡‘å‰ï‚UŒÂ–Ú‚Ì‹àƒƒ_ƒ‹‚ðŠl“¾‚µAŠ½º‚ɉž‚¦‚é’r]—ž‰ÔŽq‚Q‚S“úAƒCƒ“ƒhƒlƒVƒAEƒWƒƒƒJƒ‹ƒ^@
スポンサーリンク

こんにちは。今日のお昼ビックリそして悲しいニュースが入って来ました。

何故?東京オリンピックでも金メダルを期待できた彼女が何故?こんな事に!あまりにも酷すぎる。。。僕たち以上に本人はもっと辛いだろう!

そんな彼女に少しでも希望が見えるように過去白血病から復帰したアスリートや芸能人を調べてみました。

 

スポンサーリンク

白血病から復帰したアスリートの応援の声

教えて骨髄バン子ちゃんより引用

早川史哉(はやかわふみや)さん/プロサッカー選手

「早川史哉(はやかわふみや)さん」の画像検索結果

 

1994年生まれ。新潟県新潟市出身。2009年~2011年U-17日本代表、2011年U-18日本代表。筑波大学卒業後、2016年アルビレックス新潟に加入。2016年5月に急性リンパ性白血病と診断。同年11月骨髄バンクを介して骨髄移植。2018年7月ミスターアルビレックス本間勲氏引退試合に出場を果たす。

 

乗り超える力になったもの

 

病気を乗り超えることができたのは、周りの声援が一番大きかったと思います。サポーター、チームメート、友人たちの前向きで温かい気持ちにずっと支えられました。そしてもう1回サッカーがしたいという強い思いです。
病気を通じて、人と積極的に関わるようになり、何か思い立ったらすぐ行動するようになりました。もともとポジティブな性格ですが、それまでは自分から行動することはあまりなかった。どういう人を勇気づけなければならないか目標が明確になりました。小児病棟訪問などにも参加しています。これからもサッカーに関わっていきたいし、自分が経験したことを大事にしながら活動していきたいと思います。

ノブハヤシ(のぶはやし)さん / 格闘家

1978年生まれ。徳島県出身。オランダの名門格闘技道場CHAKURIKI(チャクリキ)所属で日本人初のプロ選手となる。99年K-1ジャパングランプリで準優勝。00年7月故アンディ・フグの最後の対戦者となる。04年CHAKURIKI JAPAN開設。08年急性骨髄性白血病発症。10年1月血縁で骨髄移植。13年11月リング復帰。15年より骨髄バンク支援チャリティー大会CHAKURIKIを開催。

 

自分の闘う姿で人を勇気づけたい

 

病気で引退はしたくなかった。どんな状態でもリングに上がっていたいと思っていました。応援してくれる仲間たちや家族のためにも、必ずリングに立つという思いは変わらなかったですね。どんな対戦相手であっても手を抜かず、最後まで力を尽くしてやり抜いてきました。
移植から8年経ち、今も免疫抑制剤を使用していますが、病気を通して勝ち敗けよりも、自分が闘っている姿を見て誰かに勇気をもってもらいたいと思うようになりました。試合をすると、周りで白血病になった人の話をよく聞きます。その人たちも含めて勇気づけられたらと思っています。

荒井”daze”善正(あらい だぜ よしまさ)

「荒井"daze"善正」の画像検索結果

1979年東京都生まれ、千葉育ち。16歳の時にスノーボードを初体験、その後プロを目指して国内外で活動。2005年「慢性活動性EBウィルス感染症」を発症し、2008年に骨髄バンクを通じて骨髄移植。現在はプロスノーボーダーとして復帰、また骨髄バンクの普及やドナー登録推進のための活動にも精力的に取り組んでいる。2009年自らの体験を綴った「NO SNOWBOARDING NO LIFE スノーボードがくれた命」(トランスワールドジャパン株式会社)を出版。

 

骨髄移植を受けるためには、骨髄の型が一致するドナー(提供者)が必要ですが、僕の場合は家族には適合者はなく、「骨髄バンク」がそのドナーを見つけてくれました。僕はドナーの方から骨髄液をもらい骨髄移植を受けたことで、生きるチャンスを頂きました。おかげで今では病気を克服し、またプロスノーボーダーに復帰することが出来ました。

 

このように多くの方が復帰しています!白血病も色々なTypeがあるようで詳しくはわかっておりませんが、池江璃花子さんも是非!また水泳が出来るようになって欲しいと思います!

 

白血病とは?

白血病は血液のがんです。血液細胞には赤血球、血小板、白血球がありますが、これらの血液細胞が骨髄でつくられる過程で、がんになります。がん化した細胞(白血病細胞)は、骨髄内で増殖し、骨髄を占拠してしまいます。そのため、正常な血液細胞が減少し、貧血、免疫系のはたらきの低下、出血傾向、脾臓(血液を貯蔵しておく臓器)の肥大などの症状があらわれます。
日本では、1年間に人口10万人あたり、男性で11.4人、女性で7.9人の割合で白血病と診断されています(2011年のデータ)。
白血病は、がん化した細胞のタイプから「骨髄性」と「リンパ性」に分けられ、さらに病気の進行パターンや症状から「急性」と「慢性」に分けられます。

*出典:国立がん研究センターがん対策情報センター

 

実はこの時から異変が?

たまたま報道ステーションでこの放送を見ていました!食事管理を加藤さんに任せて凄いな~と思っていたのですが、年初から体調が悪く、食事から改善していこうと思っていたのかも知れませんね。。。

 

かつて白血病は不治の病というイメージがありましたが、今は4割以上が根治できるようになりました」(豊嶋医師)

血液がんは全身病で、早期でも固形がんのように手術で切り取れないため、抗がん剤を使った薬物治療が中心になる。

通常、急性白血病の薬物治療は、まず強い抗がん剤を7~10日間投与して血液中の白血病細胞を一気に殺し「寛解(骨髄中の白血病細胞が骨髄全体の5%未満まで減った状態)」に持ち込む。正常な血球成分が回復したら、わずかに残る白血病細胞を一網打尽にすべく、再び抗がん剤を投与する(地固め療法)。その後は弱めの抗がん剤を1~2年投与する維持療法で、根治を目指す。

なお抗がん剤は正常な細胞も傷つけるため、嘔吐や脱毛、発熱といった副作用は避けられない。そこで副作用を抑えるための抗菌剤や抗ウイルス剤の投与、輸血なども並行する。一方、慢性骨髄性白血病は、イマチニブなどの効果が高い分子標的薬が開発され、5年生存率が95%に向上している。

(文/熊谷わこ、今田 俊)

 

まとめ

本当に言葉が出ないほど、ショックなニュースでしたが、僕たちが出来ることは、温かく見守り、影から応援すること!だと思っています。

 

なので、元気な姿を見られるまでは、未確認な情報等は記事にしないようにと思っています。

 

復帰したときは思いっきり池江璃花子さんの記事を書きたいな~

 

 

コメント