張本勲(サンデーモーニング)VSダルビッシュ釈明はある?世間の反応は?

スポーツ情報
スポンサーリンク

こんにちは。佐々木朗希投手の決勝登板回避から賛否両論の意見がぶつかり合い先週のサンデーモーニングで張本勲氏が発言した内容にダルビッシュ有が反論それに対しまたしても張本勲氏が意見し、またまたダルビッシュが反論。明日のサンデーモーニングでは張本氏はこの事に触れるのでしょうか?それとも・・・世間の反応等を調べてみました。

追記 8月4日 やっぱり無視でしたね。。。

この日の張本氏がダルビッシュ有投手へ言及するのか、注目を集めていたが、結局、騒動に関する発言はなく、メジャーリーグの話題自体も、「週刊御意見番」コーナーで取り上げられなかった。

一方でコーナー終盤には、「レジェンドたちによる球宴『モルツ球団対ドリームヒーローズ』の一戦が行われました」と、張本氏も選手として出場した「ドリームマッチ」の話になった。そしてコーナーの最後にはラグビー日本代表の試合の話をし、そのまま終了した。

こうした流れは、単なる編成上の都合だったのか、張本氏による「無言の喝」だったのか……。ネット上では、コーナー終了後に、

「まさかのMLB試合結果情報スルー…」「MLB の話題が一切なかったな(笑)」

といった反応のほか、

「MLBの時間をドリームマッチに回したとしか思えない」

などの憶測も出ていた。

編集部が7月14日、21日、28日放送分の「週刊御意見番」を確認したところ、メジャーリーグの日本人選手が出場した試合の結果などを紹介し、張本氏らがコメントをしていた。7月29日以降も、メジャーリーグで日本人選手が出場する試合は行われていた。

 

スポンサーリンク

張本勲氏の発言VSダルビッシュ有

野球評論家の張本勲氏が28日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演。25日の全国高校野球選手権岩手大会決勝で、大船渡の国保陽平監督(32)が163キロ右腕・佐々木朗希(3年)を起用せずに敗れたことに見解を示した。

張本氏「最近のスポーツ界で、私はこれが残念だと思っています」とした上で「32歳の監督で若いから非常に苦労したと思いますが、絶対に投げさすべきなんです」と断言した。

さらに「前の日に129球投げていますが、予選で4回しか投げていないんです。合計で450球ぐらいしか投げていないんです。昨年、吉田輝星が800球ぐらい投げているんです。これぐらいの選手でものすごい素質があります。ダメになった選手はいくらでもいるんだから。監督と佐々木君のチームじゃないんです。ナインはどうしますの?一緒に戦っているナインは。1年生から3年生まで必死で練習して、甲子園は夢なんです」と訴えた。

さらに「私らの時代は、夢が欲しくて路地で泣いたことあるんです。出たい出たいって。2年生1年生も見てるんだから。先発させて、ナインに早く点取ってやれよと。そしたら代えてやることもできるんだからということもできるから、これは間違いだと思います」と断じた。監督は、起用した場合、ケガをする不安を考えたが「壊れるとかケガを怖がったら、スポーツ辞めた方がいい。みんな宿命なんだからスポーツ選手は」とし、国保監督は「彼はアメリカの独立リーグにいたんです。アメリカ流に考えている。アメリカは消耗品だと考えているんです。東洋人は、投げて投げて力をつける。タイプが全然違う」と持論を展開していた。

「(佐々木の)将来を考えたら投げさせたほうがいいに決まってるじゃない。苦しいときの投球を体で覚えてね、それから大成したピッチャーはいくらでもいるんだから。楽させちゃダメですよ。スポーツ選手は」

賛否両論ありますが、個人的には張本氏の言っている意味は理解出来ます。僕も40年前に野球をやっていたので、僕ら世代の人間は張本氏の言っている意味は良く理解出来ると思いますし、その世代の監督やコーチは未だにそう思っている方々も多いと思います。特に野球界は頭が固い方達が多いので。

この張本氏の発言に対しダルビッシュが発した言葉がこちらです。

「シェンロン ドラゴンボール」の画像検索結果

神龍(シェンロン)は、漫画『ドラゴンボール』および、それを原作とするアニメに登場する架空のキャラクターである。世界中に散らばるドラゴンボールを七つ集めると出現する龍。どんな(創造主の力を大きく超えたものを除く)願いも叶えてくれる存在である。

この経緯から張本氏が週刊文春の取材に答えた。

ダルビッシュ? あの子はツイッターでべらべらしゃべりすぎるな、ありゃ。同じ球界だからちょっと厳しく言うけどね、男だったらあまりべらべらくだらんチンピラみたいなことしゃべらないで、ツイッターに書き込まないほうがいいよ。

そんなことよりも自分のプレーをしっかりがんばって、いい成績残して、立派な家庭を作って、男としてやるべきなんだよ」

それに対しダルビッシュはこのように発言。

「ずっと停滞していた日本球界を変えていくには勉強し、今までのことに疑問を感じ、新しいことを取り入れていく。その中で議論というのは外せないツール。それを黙って仕事しろとはまさに日本球界の成長を止めてきた原因って気づけないのかな?」

本当にそう思います。昔の野球界は軍隊式で根性論が主流でしたから。時代がそうだったのですが。

特に僕たちは「巨人の星」を見て育った世代ですから。

「「巨人の星」」の画像検索結果

「「巨人の星」」の画像検索結果

関連画像

しかし今は時代が違います!張本氏の言うようなやり方では強くなりませんし、本当に身体を故障します。ただ時代は違いますがそういった過酷な状況の中で強靱な肉体と精神力を持った者が、上り詰めていく。逆に言うと、肉体的・精神的に弱い者をふるいに掛け残った優秀な者だけがプロに入れるのではないか?と思う部分もあるのですが現代のスポーツ界では受け入れがたい考え方だと思います。

今話題の武田高校の練習は素晴らしいと思っています。

世間の反応は?

カンニング竹山の意見が素敵

ただ、僕は張本さんを批判するのもいい加減にしろと思うんですよね。何か言うと、すぐネットで炎上とか……。張本さんがなぜああいうことを言うかわかりますか? それは、じいさんだからです! どの世界でも一緒でしょ、「昔は俺らはこうやったんだ」って言う、じいさんのアレです。そういう人がいて、僕らもいる。だから「張本さ~ん、気持ちわかりますけど~」っていう感じで見なきゃ。「いや、おかしいだろ!」と言われればおかしいですよ、昔の人なんだから(笑)。しかも伝説のバッターで、王貞治、長嶋茂雄と並び天才と呼ばれた張本勲ですよ。物分かりが良かったらつまらないでしょ。

あのスポーツコーナーだって、若い人では成り立たないし、おじさん世代でも務まらない。初代の大沢親分とか張本さんとか、球界のレジェントが「喝!」って言うんだから、物分かりが良かったら面白くないでしょ。じいさんは「あの頑固オヤジ!」って言われるぐらいで良いんですよ。

甲子園というのはもはや日本の文化だし、特に夏の大会は風物詩。ファンがいっぱいいるから、いろんな意見を言う人がいる。時代に合わせて変えていきながら、みんなが楽しめばいいと思います。意見の違いは立場によるものでしょ。年配のオールドファンからすると、見たい気持ちから「なぜ投げなかったんだ!」になるし、張本さんのような伝説のプロ野球選手は「俺だって投げてきたんだ」って思いもある。一方、若い監督からすると今の野球はこうだという考えもあるし、若い選手たちの将来もある。もう一つ言えば、中継するテレビ局なんか、かなりがっかりしていると思いますよ。これは監督を非難しているわけじゃなく、大注目のスターが1人いなくなると視聴率とかビジネス面での数字も変わってくるからです。

大船渡高校に苦情の電話を入れてるやつもいるらしいけど、忘れちゃいけないのは高校野球はプロじゃなくて、教育の一環だってことですよね。将来を考えたら高校野球で燃え尽きるわけにはいかないし、世の中はスポ根を求めているわけじゃなくなっている。ぶん殴れば良いっていう“教育論”じゃダメでしょっていう時代です。

それに、今大会で注目されていたピッチャー4人のうち、大船渡の佐々木くんを含む3人が地区大会で敗退したのも印象的でした。星稜高校の奥川恭伸くんだけが勝ち残っていますが、1人のエースに背負わせていた野球からチームで勝ち抜くようなスタイルに、全国のチームが変わってきたのかなという感じもしています。

賛否両論色々ありますが、カンニング竹山の意見が1番スッキリします!

明日のサンデーモーニングで釈明はあるのか?

多少は何か喋るのでは無いかと思いますが、、、、

違った意味で楽しみです!

まとめ

張本勲(サンデーモーニング)VSダルビッシュ釈明はある?世間の反応は?について記事にしました。明日のサンデーモーニングが楽しみです!

コメント