iOS13アップデートでLINEが開かない不具合発生?対処方法は?

ニュース
スポンサーリンク

こんにちは。AppleがiPhoneなどのiOSデバイス向けに、画面全体を黒いUIに変更するダークモード、ビデオ編集機能、ショートカットのオートメーション機能など様々な機能を追加した、大規模メジャーアップデート「iOS13」をリリースしましたが、アップデートすると問題になるのが今まで使っていたアプリが使えなくなると言う不具合です。ですから少し様子をみてからアップデートするのが良いのですが、今の時点でアップデートしてLINEが使えないという不具合の情報が入ってきたので調べてみました。

スポンサーリンク

iOS13アップデート

対応機種は?

iOS 13に対応する機種は以下の通り。

  • iPhone……iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE
  • iPod touch……iPod touch(第7世代)

黒を基調にした「ダークモード」に対応

ダークモードはMac向けに提供されていた機能で、iOSでも使えるようになる。黒を基調とした配色で目の負担を軽減できる。壁紙の他に、カレンダーやリマインダー、メッセージなどのApple純正アプリでダークモードを利用できる。サードパーティーでも使えるとしているが、各アプリもアップデートで対応するとみられる。

新しい写真アプリ、ポートレートライティングに新エフェクト追加

新しい写真アプリでは、「写真タブ」で従来の「全ての写真」の他に、年月日ごとに写真を表示できる。タイルのようなスタイルで、それぞれの写真が大きく表示されるが、機械学習を活用することで、見栄えの悪い写真や重複した写真は表示されない。

また、写真を直感的に編集できるような工夫も施されている。明るさやコントラストなどの項目が数値と共にダイヤルのようなボタンで表示される。

ポートレートライティングには、スタジオ照明の位置と強度をバーチャルに調整できるほか、白い背景にモノクロの被写体を配置して、クラシックな印象に仕上げる「ハイキー照明(モノ)」というエフェクトも追加される。

Apple IDだけで他社サービスにログイン可能

アプリやWebサイトにログインする際、従来のように各アカウントを使わず、Apple IDだけでログインできるようになる。一度Apple IDでログインすると、次回以降はパスワードの入力をせずに、Touch ID(指紋認証)やFace ID(顔認証)でログインできる。

メールアドレスを特定のアプリと共有するかを選べる他、Appleがランダムな文字で形成した仮アドレスも提供される。これにより、自分の本当のアドレスを他者に知られるリスクを軽減できる

360度見回せる新しいマップ

新しいリマインダーはクイックツールバーから、時間や日付、場所、プラグ、写真、スキャンした書類などを追加できる。リマインダーを自動的に整理して表示するスマートリストも追加された。また、ドラッグ&ドロップするだけで、1つのリマインダーの下にサブタスクを追加できる。複数のリストを1つのグループにまとめることもできる。

名前と写真を共有できるようになったメッセージアプリ

メッセージアプリでは、自分が相手に連絡したときに(相手の画面に)表示される名前や写真、ミー文字などを選択できる。ミー文字はステッカーパックになってキーボードに組み込まれる。ミー文字をメッセージやメール、サードパーティー製アプリで絵文字のように使える。

2画面分割表示も可能になったCarPlay

CarPlayは、電話やマップなどの機能を車内で使うための機能。同機能に対応するiPhoneと車両を接続することで利用できる。iOS 13ではUI(ユーザーインタフェース)が刷新され、2画面分割表示に対応する。また、Siriがサードパーティー製の音楽アプリや地図アプリなどに対応する。こちらも各アプリがアップデートで対応するとみられる。

アプリの起動やFace IDの認識速度が向上

iOS 13では各アプリの起動速度が2倍に高速化される。App Storeからアプリをダウンロードした際のサイズも最大50%小さくなり、アップデート時のサイズも平均で最大60%小さくなる。

iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRでFace IDを使ってロック解除をする際の速度が最大30%高速になる。

その他のアップデート

  • 100を超えるゲームタイトルが広告や追加料金なしで楽しめるサブスクリプションサービス「Apple Arcade」
  • iPhoneでのゲームプレイ時に、PlayStation 4のコントローラーが利用可能
  • 充電の習慣を機械学習し、必要がない限りは80%を超えて充電を完了しないようにする
  • ビジネスチャットの提案
  • カレンダーでイベントに添付ファイルを追加できる
  • 公共交通機関の利用中は「運転中の通知を停止」がオフのままになる
  • ファイルアプリでも外付けUSBドライブやSDカードなどの情報を確認可能
  • ZIP形式の圧縮と解凍も可能
  • 月経や妊娠可能期間の予測が可能
  • WPA3 Wi-Fiに対応

 

これらの機能をみると今すぐにでもアップデートしたくなりますが、やはり怖いです!(苦笑)といいつつ現在アップデートしていますがメッチャ長い。。。

LINEが開かない不具合発生?

LINEでキーボード出したままリプライ不可能、LINEが開かない、LINE、Twitter、Yahooの挙動おかしい、開かない、LINEは送信した文字無くなる、文字入力できなくなる、フリーズしてiPhone自体が落ちる…アプリを開こうが勝手に落ちるなとのケースも少なくないようです。

やはりLINEの不具合結構の頻度であるようです。。。

対処方法

クイック修復方法:

  • 利用可能なアップデートがある場合はLINEをアップデートしてください。 App Storeに移動して、アカウント画面にある「アップデート」をクリックします。
  • ネットワーク環境が不安定でLINEのデータを読み込めない可能性もありますので、迅速かつ安定なネットワークを接続していることを確認してください。
  • アプリを強制的に終了して、デバイスを再起動してからLINEを開きます。

お勧めの修復方法:

iOS 13はまだパブリックベータですので、ほかのアプリの互換性の不具合があると思われます。公式版のiOS12に戻すのがお勧めです。iTunesでそのダウングレード方法は以下となります。

iTunesでダウングレートの手順

ステップ1:ipswファイルをMacにダウンロードしてからiPhone/iPad/iPod touchを接続ます。

ステップ2:最新バージョンのiTunesを起動させてMacならOptionキー、Windows PCならShiftキーを押しながら「アップデートを確認」をクリックしてください。

ステップ3:ファイルの選択画面が表示されるため先ほどダウンロードしたipswファイルを選択してください。

ステップ4:“iPhoneはiOS 12.X.Xソフトウェアにアップデートされます。アップデートはAppleにより検証されます。”が表示されたら「アップデート」をクリックすると「iOS 12」へのダウングレードがスタートする。

ソフトでiOS13ベータ版からiOS 12に戻す

ReiBootをインストールして起動させ、iPhoneをコンピューターをに接続し「あらゆるiOS不具合を解消」機能でiOS 13をダウングレートします。

しっかりと初めにバックアップしておかないともしもの時に困りますね!

しかし多くの人は満足しているようです。

トラブルが起きた時対処するのが面倒な方はもう少し様子をみてから行った方が良いかも知れませんね。

まとめ

iOS13アップデートでLINEが開かない不具合発生?対処方法は?について記事にしました。アップデート中のiPhoneどうなることやら。。。

コメント