石戸谷蓮(クレージージャーニー)経歴とプロフ!バイクは何処のメーカー?

クレージージャーニー
スポンサーリンク

こんにちは。今日放送(8月21日)のクレージージャーニーで世界一過酷なバイクレースエルズベルグロデオ」に挑む男が登場が登場!その方とは石戸谷蓮さんだそうで、石戸谷蓮さんの経歴とプロフそしてバイクは何処のメーカーなのか?調べてみました。

スポンサーリンク

石戸谷蓮

画像: Erzbergrodeo XX5: Tougher than ever!

氏名:石戸谷 蓮(いしどや れん)

生年月日:1991年10月11日(現在8月の時点で27才)

出身地:神奈川県厚木市

普段は、鍼灸あん摩マッサージ指圧師として厚木市内の治療院に勤務

3人の子供さんがいらっしゃるそうです。

父親の影響で3歳の頃からオフロードバイクに乗っていたそうです。

お父さんは石戸谷巌さんといわれ、オフロードバイクにずっと関わっているそうです。

2012/07/22 JNCC-WEX R3 長野GAIA

厚木商業高等学校へ進学。

石戸谷蓮さんは、17歳でモトクロス国際B級に昇格、そして、高校を卒業後は鍼灸師を目指すと同時に、モトクロスからエンデューロ及びクロスカントリー競技へと転向。

2012年JNCC Aクラスチャンピオン

2015年JNCC AA2クラスチャンピオン

2017年ハードエンデューロレースやハードエンデューロ系スクールを自らプロデュース。

2018年世界一過酷なオフロードバイクレース「エルズベルグロデオ」へ参戦。日本勢では3年ぶりのチャレンジ。全25ヶ所のチェックポイント(2018年の場合)のうち14ヶ所をクリアするもDNF(do not finish)。

2019年も参戦しますが、全27ヶ所のチェックポイントのうち13ヶ所にチャレンジ中にタイムアウト、DNFとなりました。

エルズベルグロデオとは?

Erzberg Rodeo 2017 | Fails & Crashes Compilation
Erzberg Rodeo Highlights 2017 | KTM

エルズベルグロデオは、オーストリアのエルズベルグ鉱山で開催され、そのハードなコース設定ゆえに世界一過酷なエンデューロレースと言われています。
予選を通過した500名のライダーがエントリーし、巨大鉱山のひとつの山に設けられた20数カ所のチェックポイントを4時間以内に通過するというもの。2016年は最後のチェックポイントまでたどり着いたライダーはわずか9名のみという過酷さ。あまりにもハードなコース設定に、1〜4位のライダーが主催者に抗議をするために、同時にゴールしました。この年は、日本人の矢野和都も参戦、途中リタイアをしています。
2017年は23ヶ所のチェックポイントが設けられ、25名のライダーが最終チェックポイントまで到達しました。

ちなみに、2018年現在、エルズベルグロデオ本戦に4名の日本人が参戦してきた歴史があります。中でも田中太一の最高5位を記録する活躍は、オフロード業界を湧かせましたよね! 2018年は、すでに石戸谷蓮が5ヵ年計画での参戦を発表しています。

凄すぎますが、面白そうです~♪

バイクは何処のメーカー?

REN ISHIDOYA PV2019 GO TO THE ERZBERG RODEO

バイクは詳しくないので、よくわからないのですがエンデューロ専用のマシンのようですね。

X-Trainer(クロストレイナー)は「オールラウンドエンデューロバイク」のコンセプトのもとに軽量、コンパクトな車体設計とし、イージーライディングを実現したブランニューマシンです。
フルサイズマシンでありながら従来のエンデューロマシンよりもコンパクトな車格は、スキル向上を目指すライダーだけでなく、オフロード入門者やリターンライダーにも最適です。

まとめ

石戸谷蓮(クレージージャーニー)経歴とプロフ!バイクは何処のメーカー?についての記事を書きました。今夜の放送が楽しみですね!

 

コメント