女子サッカーワールドカップ2019なでしこVSアルゼンチンスタメン予想

スポーツ情報
スポンサーリンク

こんにちは。いよいよ明日からFIFA 女子ワールドカップ フランス 2019が始まります。なでしこジャパンの初戦日本時間 2019年6月11日(火)1:00からアルゼンチンとの試合になりますが、そのスタメン予想をしてみました。

 

スポンサーリンク

FIFA 女子ワールドカップ フランス 2019

「FIFA 女子ワールドカップフランス2019~」の画像検索結果

国際サッカー連盟(FIFA)は1991年FIFA女子ワールドカップ(当時はFIFA女子世界選手権)を皮切りに、その後、2002年FIFA U-20女子ワールドカップ2008年FIFA U-17女子ワールドカップを初開催しました。この間、プレーのレベルは劇的に向上し、メディアからの注目度も高まり、一気にメジャースポーツとなりました。

大きな成功を収めたのはカナダで行われたFIFA女子ワールドカップ2015です。大会が開催地にもたらした経済効果は約5億ドルだったと言われ、女子サッカーがいかに世界で人気があり、影響力があるスポーツであるかを示しました。また、日本対アメリカの決勝戦は、アメリカ史上でもっとも見られたサッカーの試合となりました。

FIFAが世界大会を開始してから約30年で女子サッカーは大きな進化を遂げてきました。女子サッカーのさらなる発展に向けて、FIFAは3つの柱を立てて活動をしています。

① 参加者の増加

FIFAが掲げるビジョン「FIFA 2.0」の中心には「世界中でサッカーへの女性の参加レベルを高めること」が据えられています。その中には、2026年までに選手を6,000万人にすることが目標として挙げられています。

② 価値の向上

新しい収入源を作り出すとともに、既存の収入源を最適化することで女子サッカーの発展を目指しています。

③ 基礎を築く

より洗練された環境をつくり、女子サッカーをけん引するリーダーを奨励することで、ゲームの扱われ方を変えていきます。

FIFAはこれらの目標を達成するために、「各国サッカー協会のために育成プログラムを作成」「新たな女子サッカー大会を創設」など現実的な施策を打ち出し、2026年までの中期的なプランを実行に移しています。

今大会のスローガンは“Dare To Shine”です。「Dare to」には「思い切って」「恐れずに」「大胆に」という意味が含まれます。フランスの地に結集した女子選手たちがどのような“輝き”を見せてくれるのか。女子サッカーの発展の道標となるようなまばゆい光であることを願います。

参加国とグループ

グループA

フランス

韓国

ノルウェー

ナイジェリア

グループB

ドイツ

中国

スペイン

南アフリカ

グループC

オーストラリア

イタリア

ブラジル

ジャマイカ

グループD

イングランド

スコットランド

アルゼンチン

日本

グループE

カナダ

カメルーン

ニュージーランド

オランダ

グループF

アメリカ

タイ

チリ

スウェーデン

計24チームで争われます!

日本 VS アルゼンチン  2019年06月10日 18:00 KickOff Paris/Parc des Princes 日本時間 2019年6月11日(火)1:00

なでしこジャパン(日本女子代表)メンバー発表 記者会見 FIFA女子ワールドカップフランス2019
アルゼンチン 日本
GK 1 Vanina CORREA GK 1 池田 咲紀子
GK 12 Gabriela GARTON GK 18 山下 杏也加
GK 23 Solana PEREYRA GK 21 平尾 知佳
DF 2 Agustina BARROSO DF 3 鮫島 彩
DF 3 Eliana STABILE DF 2 宇津木 瑠美
DF 4 Adriana SACHS DF 4 熊谷 紗希
DF 6 Aldana COMETTI DF 23 三宅 史織
DF 13 Virginia GOMEZ DF 22 清水 梨紗
DF 18 Gabriela CHAVEZ DF 5 市瀬 菜々
DF 21 Natalie JUNCOS DF 16 宮川 麻都
MF 5 Vanesa SANTANA DF 12 南 萌華
MF 8 Ruth BRAVO MF 10 阪口 夢穂
MF 10 Estefania BANINI MF 7 中島 依美
MF 14 Miriam MAYORGA MF 15 籾木 結花
MF 16 Lorena BENITEZ MF 14 長谷川 唯
MF 17 Mariela CORONEL MF 6 杉田 妃和
MF 20 Dalila IPPOLITO MF 17 三浦 成美
FW 7 Yael OVIEDO FW 9 菅澤 優衣香
FW 9 Sole JAIMES FW 8 岩渕 真奈
FW 11 Florencia BONSEGUNDO FW 20 横山 久美
FW 15 Maria POTASSA FW 11 小林 里歌子
FW 19 Mariana LARROQUETTE FW 13 宝田 沙織
FW 22 Milagros MENENDEZ FW 19 遠藤 純
監督 Carlos BORRELLO 監督 高倉 麻子

 

アルゼンチン戦先発予想

GK 山下

DF 鮫島 清水 熊谷 南

DH 杉田 三浦 

MF 中島 長谷川

FW 横山 小林

なでしこジャパンは伝統的に4-4-2を使用しますし、育成年代でも4-4-2がベースとなっています。

サッカーの代表的なフォーメーション

★…FW(センターフォワード)
☆…FW(ウィング)
●…OH
○…SH(OHと見る場合もあります)
▲…DH
△…SH(ウィングバック)
■…CB
□…SB
◆…GK

4-2-3-1

―――★―――
○――●――○
――▲―▲――
□―■―■―□
―――◆―――

4-4-2

――★―★――
○―――――○
――▲―▲――
□―■―■―□
―――◆―――

4-3-3

☆――★――☆
―――●―――
――▲―▲――
□―■―■―□
―――◆―――

3-5-2

――★―★――
―――●―――
△―▲―▲―△
―■―■―■―
―――◆―――

なでしこジャパンの実力

 

■FIFAランクは7位、優勝予想オッズは5番目

現在の実力を推し量る指標として最も頻繁に使われるのがFIFAランキングだろう。今年3月29日に発表された最新版で、“なでしこジャパン”は7位にランクイン。4年前の同時期は4位だったのは、前回大会ほど上位チームとしてW杯に臨むわけではない。大手ブックメーカー『ウィリアム・ヒル』が公開しているW杯優勝予想オッズを見ても、オランダと同じ11倍で全体の5位。1位はアメリカで3.5倍、2位は開催国のフランスで4.33倍、3位はドイツで6.5倍、4位はイングランドで8倍となっており、“2番手グループ”という立場になっている。

■W杯のGS対戦国は?

昨年12月に行われたグループステージ組み合わせ抽選会の結果、“なでしこジャパン”はイングランド、スコットランド、アルゼンチンと同じグループDに入った。最新のFIFAランキングは、イングランドが3位、スコットランドが20位、アルゼンチンが37位。グループ最大のライバルとなるイングランドとは、今年3月に行われた4ヶ国対抗戦「2019 SheBelieves Cup」で対戦し、0-3の敗戦を喫したため、本番ではリベンジが期待される。なお、各グループ上位2カ国に、3位グループの成績上位4カ国を加えた16カ国が決勝トーナメントに進出する。

 

これらを考えるとなでしこジャパンが決勝トーナメントに進むことはほぼ大丈夫だと思いますが、何が起きるかわからないのがワールドカップ!先ずは初戦を良い形で勝つ事が大事ですね!

ノックアウトステージ

まとめ

いよいよ明日からFIFA 女子ワールドカップ フランス 2019が始まりますが、なでしこジャパンの初戦アルゼンチン戦(日本時間 2019年6月11日(火)1:00)のスタメン予想をしてみました。

先ずはとにかく初戦を良い形で勝って貰いたいですね!

 

コメント