3年A組犯人は魁皇高校教師というHunterは実は元教師説

ドラマ
スポンサーリンク

こんにちは昨日の3年A組第5話は見られましたか?段々と確信に近づいてきましたが、どう考えても魁皇高校教師の誰かが犯人?!という疑いを持ったとき、怪しいのは武知先生と水泳部顧問の坪井先生が有力候補ですが、今までの展開でそんな単純な流れとは思えません。。。

 

そこで色々と調べてみました。

 

スポンサーリンク

第6話あらすじ

YouTube

 

澪奈(上白石萌歌)を死に追いやった動画の作成を半グレ集団・ベルムズに依頼した悪の根源は、なんと魁皇高校の教師であるという疑惑が沸き立つ。様々な憶測が飛び交う中、一颯(菅田将暉)は自身を撮影した動画をSNSに投稿し、さらに3年A組全生徒の生存が確認出来る写真をアップロードする。生徒殺害の疑惑は消え去り、ますます一颯の狙いが分からなくなる世の人々。と、世間では一颯が実は澪奈の死の真相を暴こうとしているヒーローではないかという意見が生まれ始める……。

一方、死の恐怖から解放されたと思っていた生徒たち。だが一颯は教師陣に向かってフェイク動画の作成を依頼した人物に名乗り出るよう要求した後、夜8時までに名乗りでなければ教室を爆破すると宣言。驚くA組生徒たち。話が違うと責め立てる生徒に向かって一颯はいつもと変わらぬ表情で、その覚悟が揺らがないことを話し、再び携帯電話などの通信手段を回収し始める。事件初日と同じ光景に戸惑いの空気が流れる教室。と、さくら(永野芽郁)だけがあることに気付き―――。

 

第2章開幕。これまでとは違う様相を見せる3年A組の物語。その向かう先を示す第6話。
必見。

まあいつもの如く、核心はわからない予告ですが。。。

 

魁皇高校元教師は誰か?

「3年A組相関図」の画像検索結果

 

坪井 勝先生・水泳部顧問(神尾佑)

武智 大和先生(田辺誠一)

市川 浩一校長(ベンガル)

佐久間 現先生・学年主任(バッファロー五郎・A)

森崎 瑞希先生(堀田茜)

この5人が現在の魁皇高校の教師ですが、登場人物で他の人と言えば、刑事の五十嵐・郡司・宮城と柊の元恋人相楽文香と父親の相楽孝彦です。

新たに誰か登場させるとは思えませんから怪しいのは相楽文香の父親の相楽孝彦!

 

「教師が生徒を監禁する」という状況が崩れたことが意味するのは、「スリルを楽しむサスペンス」から、「結末を予想して楽しむミステリー」への変化。もっといえば、当作の醍醐味はサスペンスやミステリーではなく、「生徒たちの意識が変わり、教師との強い絆が育まれる」という密室劇ならではの人間ドラマではないか。

もちろん、「黒幕は誰なのか」「先生グループのあいつが怪しい」などと推理をして楽しむのもいいし、のちに「今思えば『3年A組』のキャストがすごかった」という記事が報じられることを踏まえて、最後まで見届けるのもいいだろう。

ともあれ、終盤は間違いなく盛り上がるタイプの作品だけに、「まだ見ていない」という人は、公式ホームページに各話5分でまとめたダイジェスト動画があるので、チェックしてみてはいかがだろうか。
(文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト)

 

設定は?

「相楽孝彦」の画像検索結果

 

相楽孝彦は第一話で「あいつは恐ろしい男です!」と言ったのを覚えているでしょうか?

色々な展開が出来そうな気がするのは僕だけでしょうか?

 

まとめ

3年A組今から皆さんは人質です。も第2章に入り、益々目が離せない展開になっています。平均視聴率は10.4%前後とのことで、多くの方が見てる模様。。。

 

今回は勝手な推理で内容が薄すぎましたが、適当な推理よりも来週の日曜日の展開を楽しみに待ってましょう~♪

 

コメント