神村学園が2年ぶり5回目の夏の甲子園出場を決めた。田中姓の3選手が活躍して、念願の舞台への権利を勝ち取った。

「田中姓がいるときに甲子園に行く印象がある。なぜかは分かりません」。優勝を決めた後、小田大介監督(36)も笑ってしまうほどの“田中伝説”を強烈に刻み込んだ。

1点先制を許した後の4回1死三塁から田中大陸(りく)外野手(2年)が同点の左前適時打を放つ。2死一塁からは田中天馬内野手(3年)が左翼越えの2ランで勝ち越した。大陸は「ここで点を取らないと厳しいと思った」と話せば、天馬は「弾道が低いのでどうかと思ったけど、入って良かった」と喜んだ。

エースの田中瞬太朗投手(2年)は徐々に立ち直って、3失点で完投した。「監督も自分を信用してくれている。ピンチの時はギアを上げた」。打っては5回に貴重な追加点となる左越えのソロを放った。自身初の本塁打に、「真っすぐを狙ったけど、入るとは思わなかったので、びっくりした」。思わぬ1発に満面の笑みを浮かべていた。

 

「田中がいるときは甲子園に出場している」前回出場の2年前も田中姓が2人いた。「頑張らないといけない」と同級生のエース・田中瞬と励まし合い、今夏の鹿児島大会でチーム最多の7打点を挙げ、甲子園出場に貢献した。

 前回は3回戦に進出。今年のチームは田中天を含めて田中姓が3人いるだけに「3勝はしたい」。古里を盛り上げるため、「田中伝説」は続く。