カナブーン飯田祐馬ウツだった?清水富美加をダマした嘘つきとの噂も!

ニュース
スポンサーリンク

こんにちは。人気ロックバンド「KANA-BOON」のベース・飯田祐馬が、6月5日から連絡が取れなくなり、昨日同バンドの公式サイトが更新され、15日に開催予定だったライブの中止を発表。家族も捜索願を提出したとの事でさまざまな噂が流れていますが、どうしても清水富美加(現 千眼美子)との不倫の問題や他のプライベートな問題に触れられていますね。どちらにしても早く表に出てきて欲しいです!ウツぎみだったとの情報も有るのでウツで逃げ出しただけなら良いのですが、最悪な場合は。。。最新情報では文春が昔から嘘つきだったとの記事も。そこで調べてみました。

 

スポンサーリンク

飯田祐馬(めしだ ゆうま)

「飯田祐馬」の画像検索結果

本名:飯田祐馬(いいだ ゆうま)
生年月日:1990年6月27日(失踪現在28歳)
最終学歴:英真学園高等学校卒
所属バンド:KANA-BOON(カナブーン)
活動開始:2011年
担当:ベース・コーラス

 

KANA-BOON(カナブーン)

 

谷口鮪(Vo./Gt.)、古賀隼斗 (Gt./Cho.)、飯田祐馬(Ba./Cho.)、小泉貴裕(Dr.)からなる大阪・堺出身の4人組ロックバンド。

2012年4月、キューン20イヤーズオーディションにて4,000組の応募者の中から優勝し、

ASIAN KUNG-FU GENERATIONのオープニングアクトを務めたことで話題に。

2013年9月メジャーデビュー。1stアルバム「DOPPEL」がいきなりオリコン初登場3位を獲得、

翌年地元大阪にて、初の野外ワンマン「KANA-BOON野外ワンマン ヨイサヨイサのただいまつり! in 泉大津フェニックス」を開催し16,320人を動員。

KANA-BOON(カナブーン)の言葉

日頃、僕達を、僕達の音楽を好きでいてくれているみなさんに、多大な心配をかけてしまったこと、とても申し訳なく思っています。

そして15日のイベントを楽しみにしてくれていたみなさん、公演中止となってしまいすみません。

この日に向かっていくみなさんの気持ちと、出演を快諾してくれたゲストのみんなの気持ちを想像すると、この決断はとても心苦しいものでした。

僕達の元へも、めしだの現在の状況は届いておらず、心の整理がついていないのが正直なところです。

公式の連絡とともに、メンバーからのメッセージを伝えたかったのですが、言葉にするのに時間がかかり、一夜明けてとなってしまいました。

めしだがいない中でのリリースとプロモーションもみなさんを不安にさせてしまったと思いますが、4人で完成させたものを届けるため、精一杯やらせてもらいました。

リリースに至るまでの活動の中で、4人で、或いは僕とめしだの2人で行ったものもありますが、バンドの現在や未来を語った言葉達はすべて本物ですし、そこにあるめしだの笑顔は偽りないものだったと思っています。

僕達の付き合いは10年以上になりますので、仲が良いとわざわざ口にするのも面倒なほどの関係です。

連絡がつかなくなる前日も、バンドのこれからについての真面目な話や、他愛ないくだらない話をしていました。

なので、事故に遭ったのではないか、なにかトラブルに巻き込まれたのではないか、という可能性も頭をよぎってしまいます。

メンバーとして、友達として、とても心配です。

ただただ無事を祈るばかりです。

このまま落ち込み続けていても何も変わってはくれないので、僕達は自分達がいままで作ってきた音楽を想いながら、なるべくポジティブなイメージを持って日々を過ごすことにします。

難しいことは重々承知ですが、みなさんもどうか不安や悲しみにとらわれ過ぎずにいてもらえたらと願います。

今回の自主企画は中止という形をとらせてもらいましたが、それ以降、お誘いを頂いて決まっているライブがたくさんあります。

なので、とにかくめしだが無事に戻ってくることを信じながら、KANA-BOONとしての活動を休止せずに続けていきたいと思っています。

どういった形でライブを行うかは、またあらためてご報告させてください。

最後に

ファンのみなさん。

先輩、後輩、同期のバンド仲間達。

スタッフのみなさん、音楽の世界に携わるみなさん。

僕達を支えてくださって、めしだを気にかけてくださって、ありがとうございます。

KANA-BOON 谷口鮪・古賀隼斗・小泉貴裕
本当にメンバーそしてファンは心配しています!もし何処かでひっそりと隠れているのなら出にくいかも知れませんが勇気を振り絞って表に顔を出して下さい。長引けば長引くほど表に出にくくなると思います。
もし何かトラブルに巻き込まれているのなら無事に戻ってこれる事を祈ります!
もしウツ等なら逃げ出しても仕方ないと思います。周りに誰かいるなら誰か寄り添ってあげて下さい。
本当に嘘つきでも何でも良いから生きていたら是非表に顔を出して下さいね!

飯田祐馬ウツだった?

 

世間は一様に「心配」といった様子で、心から飯田の無事を願っている状況だ。そんな中、ファンの集まるネット掲示板では、最近の飯田のメンタル面について「ウツっぽかった」との指摘がされている。

「飯田さんといえば、清水富美加さんとの不貞騒動を起こしたことがあります。ファンが集まるネット掲示板では、今回の失踪についてその件を持ち出し、『清水との件以来、ライブで鬱っぽい感じだった』『昨年末のライブで頭下げすぎていて、心配になった』という指摘が上がっていました。騒動前に彼らのライブを見たことがありますが、MCで飯田さんはメンバーと結構しゃべっていたんですけどね。騒動当時は批判殺到していましたから、それでメンタル面を崩してしまったのかも……」(音楽ライター)

もし鬱気味だったらメンバーが気づきそうなモノですが、仮面うつ等はメンタル面には症状が出にくいですし、色々なストレスが重なったとき一気に逃げ出すという事も考えられますが、、、気になるのは清水富美加(現 千眼美子)さんのTweetです。

このTweetが6月8日にされた事。

 

追記6月15日

千眼美子の所属事務所はサンケイスポーツの取材に「(飯田とは)一切連絡をとっていないと本人から聞いております。一日も早い解決を心よりお祈りいたします」と回答。8日に千眼がツイッターに投稿した「悲しいお知らせも悲しいとか残念とか思いすぎない」という言葉が意味深と話題になっていたが、「映画関係者の訃報に接しての思いを綴ったもの」と説明した。また、出家先の宗教法人「幸福の科学」も「(飯田の)ご家族や関係者の方々は大変ご心配されていることと存じます。当教団との関わりは一切ございません。無事に解決されることを心より願っております」とコメントを発表した。

どうやらこのTweetと飯田さんとは全く関係ないようですね。それにしてもタイミングが合いすぎですね。。。

 

追記6月15日

 警察関係者は「事件に巻き込まれた可能性があれば、とっくに捜査1課が入っている。そうでないということは、飯田の周囲は失踪の理由について何らかの心当たりがあるはず。ただ、グループやファンへの影響を考慮し、公にアナウンスできない事情があるのだろう」と話す。

気になるのはこの日、残るメンバー3人が公式サイトで飯田が不在でも「KANA-BOONとしての活動を休止せずに続けていきたいと思います」とアッサリ宣言したことだ。

音楽関係者は「あまりにも決断が早いように感じる。そのニュースを見た飯田が『俺なんかいなくても…』と考えてもおかしくない。余計に表に出づらくなるのではないか」と話す。

失踪前日、飯田らメンバーはバンドの将来について話し合っていたという。グループの中で飯田はあとから加入した非オリジナルメンバーで、ほかの3人は高校の同級生。この辺りの“差”も気になるところだ。

事件性が無いと言う事で先ずは一安心ですね!

 

追記6月16日 自宅に帰ったようですね!良かったですが何か一言欲しいですね!

今月5日から連絡が取れなかったとされる4人組ロックバンドKANA-BOONのベース、飯田(めしだ)祐馬(28)が、無事に帰宅したことを16日、同グループの公式ホームページで発表された。

発表によると、前日15日深夜に家族から本人が帰宅したとの一報があったといい、家族によると憔悴(しょうすい)してはいるものの、けがなどはなく、その旨も警察に報告しているという。

KANA-BOONの今後については「本人の体調をみつつ、メンバーとともに話し合いを進めたいと考えております。改めてこの度は、多大なるご心配、ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます」としている。

 

清水富美加をダマした“嘘つき”手口とは?

文春によると、

昔からすぐに分かるような嘘を平気でつくヤツやった。ある日、『曲作って来たで』と自信満々に楽譜を見せてきた。でもそれ、バンプの曲をそのまんまパクった曲だったんですよ。軽音部の仲間にはすぐにバレて、問い詰められたら『たまたまや!』って最後まで言い張っていました。

まったく女性と付き合ったことがないのに『他校に彼女がいる』と嘯き、周りから『学校名は?』『名前は?』と聞かれても答えられず、逆ギレしていた。入部当初は『モテたくてバンド始めた』って恥ずかしそうに話していたのに、その話を蒸し返すと『違う。音楽が好きやからや』って。飯田はいつも言うことが二転三転するんです

清水も、その“嘘”に振り回されていたようだ。事情を知る音楽関係者が話す。

「家族思いの清水さんは飯田が既婚者だと知り、一時は身を引こうとしていた。それを飯田が引き止めていた。結局ゲス&ベッキー騒動にビビって別れた。未練があったのは飯田の方。破局後も彼女が出る番組をこっそり見ていたようです」

もしかしたら演技性パーソナリティ障害か虚言癖なのかも知れません。

演技性パーソナリティ障害

演技性パーソナリティ障害の基本的特徴は、広い範囲の対人関係において、過度に注意を引こうとする行動です。無意識のうちに、他人との関係で役柄(例:犠牲者やお姫様)を決め、それを演じてしまうことがあります。話題の中心になっていなければ気が済まず、泣いたり、周囲を非難したりすることがあります。何か作り話をしたり、騒動を起こしたりして注目を浴びようとするかもしれません。自殺のそぶりや脅しを行う危険性が高いとも言われています。

すべてのものを実際以上に重要に感じ、考え方や感情を誇張する傾向があります。些細な出来事をとめどなく悲しんだり、かんしゃくを起こしたりしますが、そうした表出は非常に速く出たり消えたりするため、真実味に欠けます。

もしもこの障害があるなら専門医に行かなければいけません。

虚言癖

やっかいな虚言癖を引き起こしてしまう原因

虚言癖をつく人の多くは、自分を現実よりも大きく見せたいと考えています。その心理の原因としては以下のようなことが考えられるでしょう。

1.プライドが高く、虚栄心を満たしたい

プライドが高いため、できない自分をなかなか受け入れることができません。自分より周りの方が幸せそうに見えたり、周囲の人からバカにされたりすることを極端に嫌います。そのため、嘘をついてでも虚栄心を満たそうとするのです。

2.劣等感が強く、自信がない

プライドが高いことと矛盾するように思えるかもしれませんが、根本的なところでは劣等感が強い人の方が虚言癖になりやすいです。自分に自信がないため、よりよい自分を想像して嘘をついてしまいます。過去に何か大きなトラウマがある人も多いです。

3.努力ができない

普通であれば、できない自分を努力で克服していくものですが、虚言癖の人はこれができません。人からは認められたいけれど、努力や苦労は嫌いなので、手っ取り早く嘘をついてしまうのです。

4.隠したいことがある

隠したいことや大きな秘密を抱えている人も、嘘をつきやすいです。はじめは、その秘密を守るために嘘をついていたはずが、嘘に嘘を重ねていくうちに虚言癖の傾向がでてきます。このタイプは、嘘に自覚的である場合もあります。

5.周りに構ってほしい

虚言癖の人は、「周りに認めてほしい」という気持ちを人よりも強く持っています。目立ちたい、羨ままがられたい考えている、かまってちゃんであるとも言えるでしょう。孤独を感じていたり、寂しさを埋めるために嘘をつく人も多く、幼少期の親子関係などに起因しているケースもあります。

生育歴は大事ですね。飯田さんがどのような家庭で育ってきたのか?その辺りがわかれば何かわかるかも知れません。

まとめ

飯田さんは今頃何をしているのでしょうか?病気でも嘘つきでも良いからもし生きていたら早く表に出てきて下さい!もし事件や事故に巻き込まれていたら。。。警察の方頑張って!

本当に無事を祈ります!

 

 

コメント