カップヌードルグリーンカレー不味い?美味しい?食べた人の感想まとめ!

ニュース
スポンサーリンク

こんにちは。日清食品から、“王道のエスニック料理”の味わいをイメージした「カップヌードル グリーンカレー」が9月23日に発売されますがやはり気になるのは味!グリーンカレーは好きな人は好きですが、嫌いな人は嫌いという方が多く今回のカップヌードルグリーンカレーは不味いのか?美味しいのか?食べた人の感想をまとめてみました。

スポンサーリンク

カップヌードルグリーンカレー

「カップヌードル グリーンカレー」の画像検索結果

人気のタイ料理“グリーンカレー”をカップヌードル流にアレンジした新商品。本場の味に徹底的にこだわって開発されたそうです。クリーミーなココナッツミルクのスープをベースに、味の決め手としてタイ産の生姜と青唐辛子をプラス。濃厚ながらもさわやかな辛さを感じられる一杯に仕上げられています。

具材は味付鶏肉と赤パプリカ、パクチー。別添えで、レモングラスと各種スパイスが合わされた“グリーンカレーペースト”が付いてきます。このペーストを加えると、よりコク深い味に仕上がるそうです。

商品特長

1. 麺
カップヌードルならではのコシとつるみのある麺。
2. スープ
クリーミーなココナッツミルクのスープをベースに、生姜 (タイ産) と青唐辛子のさわやかな辛さをきかせた濃厚グリーンカレースープ。
3. 具材
味付鶏肉、赤パプリカ、パクチー。
4. 別添
レモングラスと各種スパイスをきかせた “グリーンカレーペースト”。

カップヌードル エスニックシリーズ

「カップヌードル エスニックシリーズ」は、海外現地法人による協力のもとで開発した、本場のトレンドを取り入れたやみつきになる味わいで、エスニック料理好きの若い女性を中心に好評でした。

2014年4月に発売した「カップヌードル トムヤムクンヌードル」は、販売累計が7,500万食を突破し、エスニックヌードルNo.1の座を確固たるものにしています。

昨年4月「カップヌードル トムヤムクンヌードル」「カップヌードル シンガポール風ラクサ」のメイン具材であるパクチーを見直し、新製法によるフレッシュな香りと色合いにこだわったパクチーで、より本格的な味わいでした。

シンガポールの人気カニ料理をカップヌードル風にアレンジしたメニュー「カップヌードル ブラックペッパークラブ」も発売しました。カニとバターの風味をベースに、ブラックペッパーでパンチをきかせた刺激的なスープは、やみつきになる味わい。 さらに、パッケージは、エスニック感を強調したデザインに一新し人気が出ました。

カップヌードルグリーンカレー食べた人の感想は?不味い?美味しい?

まだ発売前なので、感想はないのですが、実は2013年にカップヌードルグリーンカレー “miniガンプラ ヤカン装備”を発売していました。

004_20130529162646.jpg

1973年5月に登場した「カップヌードルカレー」の発売40周年を記念して、テレビアニメ「機動戦士ガンダム」のプラモデル「ガンプラ」とコラボレーションした商品。
特製クリアカラー仕様の「miniガンプラ」が通常の武器パーツのほかにオリジナルパーツの「ヤカン」も装備し、好みで付け替えることが可能。
しなやかでコシとつるみのある麺を採用。
「MS-06量産型ザクII」のメインカラーである“グリーン”をモチーフに、ココナッツミルクを使用し、コクのあるうまみとまろやかな辛味が特徴の、本格的なオリジナル「グリーンカレー」スープとなっている。
具材は、ナス、マッシュルーム、レッドベル、ネギ、香菜。

ほぼ今回のグリーンカレーと似た感じですが、具材が違いますね!

こちらを食べた人の感想は、

オススメ度(標準は3です)
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
食べてから思いましたが、そもそも本格的グリーンカレースープをカップヌードルシリーズに期待しちゃうのは間違っていましたね。基本的に万人受け方向のカップヌードルなので、まぁそうだよねーて感じの感想でした。なんだかものすごく物足りないというか不完全燃焼…きちんとグリーンカレー食べに行きたくなりましたw が、グリーンカレーっぽい感じ、という方向ならまぁ…でもやっぱり麺がなー。スープだけなら軽くそれっぽいです。ちょっと甘みのあるクリーミーなグリーンカレー風味…かな。ご飯との相性はご飯の甘み引き立つ感じで悪くなかったです。

スープをご飯にかけると本当にグリーンカレーのようです。定番化を望みます。プラモデルは大事に取ってあります・・・

どうやらご飯との相性が良いようです!

発売後の感想がで次第追記したいと思います。

まとめ

カップヌードルグリーンカレー不味い?美味しい?食べた人の感想まとめ!について記事にしました。やはり一度は食べてみたいですね。

コメント

  1. […] […]