河井克行地元の評判は?年収や経歴も!杏里と共に辞職する?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

河井克行地元広島の評判は?年収や経歴も

 

名前:河井 克行(かわい かつゆき)

生年月日:1963年3月11日(57歳)

中学・高校:広島学院中学・高校

大学:慶應義塾大学法学部政治学科

経歴

昭和60年同大学卒業後、財団法人松下政経塾に第六期生として入塾

昭和63年米国オハイオ州デイトン市行政管理予算局国際行政研修生

平成 2年同塾卒業

平成 3年広島県議会議員選挙、初当選〔広島市安佐南区〕

平成 8年衆議院議員総選挙、初当選〔広島県第三区選挙区〕

平成15年衆議院議員総選挙、二期目当選〔比例中国ブロック〕

平成16年外務大臣政務官に就任【第二次小泉内閣】

平成17年衆議院議員総選挙、三期目当選〔広島県第三区選挙区〕
外務大臣政務官に再任【第三次小泉内閣】
自由民主党国会対策副委員長に就任

平成18年自由民主党国防部会長に就任

平成19年法務副大臣に就任【第一次安倍改造内閣】
法務副大臣に再任【福田内閣】

平成20年自由民主党副幹事長に就任

平成21年衆議院議員総選挙、四期目当選〔比例中国ブロック〕
自由民主党国会対策副委員長に就任

平成23年自由民主党組織運動本部地方組織・議員総局長に就任
衆議院外務委員会筆頭理事に選任

平成24年自由民主党副幹事長に就任
衆議院議員総選挙、五期目当選〔広島県第三区選挙区〕
衆議院外務委員長に選任

平成25年自由民主党総務会副会長に就任

平成26年衆議院議員総選挙、六期目当選〔広島県第三区選挙区〕

平成27年内閣総理大臣補佐官に就任【第三次安倍改造内閣】

平成28年内閣総理大臣補佐官に再任【第三次安倍第二次改造内閣】

平成29年自由民主党総裁外交特別補佐に就任
衆議院議員総選挙、七期目当選〔広島県第三区選挙区〕

平成30年自由民主党総裁外交特別補佐に再任

令和元年法務大臣に就任【第四次安倍第二次改造内閣】

年収

公開所得は1583万円で、期末手当323万円を含めると1906万円になります。

国会議員は、「歳費」と言う形で給与を受け取ります。

また国会議員には他にも「文章通信交通滞在費」というものがあります。

これは公的文章を発送するためにかかる費用のことで、月額100万円支給されます。

他にも立法のための調査費用として、「立法事務費」という名目で議員1人あたり月額65万円が支給されます。

河井克行さんはこちらと歳費、期末手当を合わせると、総収入は3886万円くらいが年収になります。これを夫婦でもらっていますからね~

もしかしたら他にも色々な資産があるのではないでしょうか?

地元・広島の評判は?

本当にむちゃくちゃ評判が悪いです!

河井氏のパワハラはひどいものだと元秘書のA氏も証言している。<「私が河井事務所に入った時に『あなたがこれで二百何十人目だったっけ』と言われました。ブラック職場として有名になり、一時は職安に求人を出すこともできないほど」>

最短5分しかもたなかった秘書もいるそうだ。また地元の「第一タクシー」の会長も、河井事務所から運転手を出してくれといわれたが、誰を出しても3日ともたなかったと話している。気にくわないと運転席を蹴る、助手席に乗ったら手で叩く。暴言、無理難題を吹っかけてくるので、120人いた乗務員の誰もやりたがらなくなって断るようになったという。

それ以外にも、女性記者に対するセクハラまであったという。そうだとすれば、ハラスメントの総合デパートのような人物である。妻は広島県議で、週刊文春の取材に対して、秘書への暴力は「事実無根」だとしているが、「秘書の入れ替わりが激しいのは事実」だと認めている。

 

河井氏の後輩が言う。

「河井先輩のアダ名は“スネ夫”。実家は薬局経営の裕福な家庭で、事あるごとに“僕と君らは育ちが違う”みたいなことを言う嫌みなヤツでした。当然、皆から嫌われていました」

これだけ地元で毛嫌いされているのに、6回も当選を重ねているのが不思議だ。

「河井補佐官が選出された広島3区は昔から自民党が強い地盤です。当然、有権者も悪評を耳にしたことはあるはずですが、他に選択肢がないので、渋々、一票を投じているのでしょう。小選挙区制の弊害です」(政治評論家の伊藤達美氏)

コメント