【エール】の音(二階堂ふみ)のモデル古関金子はどんな人だった?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

古関金子はどんな人だった?

イベント情報】豊橋のここにこで、「エール」で活気あふれるまちづくり ...

名前:古関 金子(こせき きんこ)旧姓:内山金子

生年月日:1912年(明治45年)3月6日

出身:愛知県豊橋市

「エール」では音は3姉妹の次女という設定になっていますが、モデルの金子さんはお兄さん1人と6人姉妹の中の三女です。

家業は豊橋市に駐屯していた陸軍の第十五師団に物資を納入する業者。(ドラマでは馬具の製造販売を行っている設定)

父の安蔵は、金子が12歳の時に死去、その後は母親が家業を引き継ぎ、子育てをしたそうで

金子は、幼い頃からお転婆で、音楽と文学が好きでオペラ歌手を目指していたという。

長兄の内山勝英は、満州に渡り、その地で事業を起こしていたそうです。

金子は、1928年(昭和3年)豊橋高等女学校(現・豊橋東高等学校)を卒業後、「女人芸術」に参加、中部地方委員になる。

満州の兄のところにも遊びに行ったが、帰国の際に乗船した客船が、座礁、沈没。金子は死にかけたようです。

1930年(昭和5年)1月金子「福島の無名の青年が国際作曲コンクールで入賞」という新聞記事を読み、素晴らしい人がいるものだと感心し、持ち前の行動力から、すぐにその青年古関裕而に手紙を書き、ふたりの遠距離恋愛が始まる。

古関裕而は、自分と金子の関係を作曲家ローベルト・シューマンとその妻クララになぞらえて、金子を自分の音楽活動のパートナーとして共に生きる夢を描いていた。

作曲家 古関裕而 名曲集 オリンピックマーチ 栄冠は君に輝く 六甲おろし
古関裕而さん

わずか3か月の恋愛期間に、金子の詩「きみ恋し」に曲をつけたり、「オーケストラ13曲、歌謡曲10曲、室内楽3曲、計26曲を創作、「そのすべてを『私のクララ』であるあなたに捧げます」とラブレターの中にも書いている

同じ時期に、金子は家計を助けるために、知人の紹介で、名古屋の雑誌発行人のもとで、雑誌の編集の手伝いを住み込みで始め、同時に声楽教師について、歌の勉強を始めている。

月の砂山 内山金子(古関金子)

昭和8年(1933年)

リーガル REGAL 66010-B(74246)

流行唄 月の砂山

久保田宵二 作詩

小池正夫 作曲並編曲

内山金子

リーガルオーケストラ 伴奏

内山(古関)金子:古関裕而の妻

全く知らない曲ですが、綺麗な歌声ですね!

こちらに漫画で内山(古関)金子についてわかりやすく書かれています!

裕而さんは金子さんと文通を始めた1930年の6月には、豊橋まで金子さんに会いに行き、その流れで金子さんは裕而さんと一緒に福島に行って結婚。

1930年6月に結婚後、同年9月に裕而さんは日本コロムビアの顧問だった山田耕筰さんの推薦でコロムビア専属の作曲家に迎え入れられ、夫婦で上京。田谷区代田の自宅の近くに帝国音楽学校という音楽学校があり、金子さんはその声楽部本科に入学しました。

そしてソプラノ歌手のベルトラメリ能子(よしこ)さんに師事し、本格的に声楽の勉強を始めます。

金子さんの声楽の才能は抜きん出ており、ベルトラメリ能子さんの一番弟子となり、「カヴァレリア・ルスティカーナ」「トスカ」といったオペラ作品にも出演しますが、子育てに専念するために帝国音楽学校を中退。

その後も夫の裕而さん作曲の放送オペラ『朱金昭』(チュウ・チン・ショウ)などのオペラ、オペレッタにも出演しますが、戦争の激化により、その機会も減少。

金子さんは乳がんが全身に転移し、1980年7月23日に68歳の若さで亡くなりました。

このような古関金子さんの生涯をどのようにドラマで表現されるのか?楽しみです。

コメント

  1. […] 【エール】の音(二階堂ふみ)のモデル古関金子はどんな人だった? […]

  2. […] スポンサーリンク 【エール】の音(二階堂ふみ)のモデル古関金子はどんな人だった? […]