クロちゃん(モンスターアイドル)の行き過ぎた言動の真相は?ハナエデビュー後暴露?

TV
スポンサーリンク

こんにちは。昨日(12月4日放送)のモンスターアイドルは見られましたでしょうか?見ていてハラハラドキドキで最終回どのような形になってメンバーが決まるのか?ある意味楽しみなのですが、昨日の放送でクロちゃんの行き過ぎた言動とは?どのような言動だったのか?真相を知りたいです!

メンバーみんなが泣きすすり、凍っていましたから。

スポンサーリンク

モンスターアイドル

クロちゃんの行き過ぎた言動のシーン

VTRを見ていたスタジオゲストのみうらじゅんは「こんなグループ入らないほうがいいよねえ…やめたほうがいいよ」と発言。松本人志も引き気味に「スタジオもすごい空気になったねえ…」と語っていた。

同番組の演出を手がける藤井健太郎氏は、Twitterで「現場で企画の成功を確信した『地獄絵図』は地上波の許容範囲からはみ出していたようです…。残念」「大幅カットを含む今回はもちろん『モンスターアイドル』は第2話以降一度もベストな状態でOAに至れておりません」と舞台裏を明かし、制作サイドの意図とは別の思惑によって一部カットが決定したことを説明。

続けて「出演者の皆様や協力していただいた方々、そして楽しみにしてくれている視聴者の皆様に対しては大変申し訳なく思っております……が、何卒最終回までお付き合いのほど宜しくお願い致します」と呼びかけた。

演出の藤井健太郎さんがここまで言うくらいだったのですから本当に酷い言動があったのでしょうね!ただ藤井さんが「現場で企画の成功を確信した地獄絵図は・・・」と発言されているという事は初めから地獄絵図を画策したという事ですからクロちゃんだけが悪いわけでは無く、演出の問題と言えるかも知れません!しかしそれ以上にクロちゃんが酷い言動で罵ったのでしょうね??

放送禁止の対象

言論・表現の自由が認められている国において放送禁止の対象となるものは、おおむね公序良俗に反するものや、犯罪を肯定するものなどがある。

日本では、以下のものが禁止されている。

  • 電波法に定められているもの
    • 日本国憲法またはその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する通信を発すること
    • わいせつな通信を行うこと
  • 差別を助長する(恐れのある)言葉や表現
  • 暴力や犯罪を肯定的に扱う言葉や表現

また、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)の施行により、個人情報が特定される(恐れのある)ものについて、新たに規制の対象となっている(自動車のナンバープレートなどや、放送内容上必要のないその他個人情報を含む映像、コメントなどについて細かく対象となる)。その他、従来日本放送協会(NHK)で規制されていた企業名・商品名(商標)などの取り扱いについては、民間放送(民放)でも規制強化の方向にある。

現在パワハラやセクハラに対しては厳しい目が向けられています。

藤井さんが仰るように「第2話以降ベストな状態でOA出来ていません!」と言われるように今までも十分クロちゃんの言動はセクハラやパワハラに当たる言動だったと思います。今回はそれ以上に酷かったのでしょうね。。。

みんなが泣きすすってましたからね。。。

スポンサーリンク

ハナエデビュー後暴露?

このようにハナエことハナエモンスターがTwitterで発言しています。現メンバーでSNSを使用しているのはハナエだけ?なのでこのように詳しいことはTweetしていませんが、デビューした後に真相を暴露するのではないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

クロちゃん(モンスターアイドル)の行き過ぎた言動の真相は?ハナエデビュー後暴露?について記事にしました。次回どうなるのか?最終メンバーが決まります!

コメント