饗宴の儀の献立(メニュー)は?器も凄いの?料理は宮内庁大膳課が作るの?

ニュース
スポンサーリンク

こんにちは。今日10月22日は「即位礼正殿の儀」が無事執り行われ今から饗宴の儀となりますが、今回の献立・メニューはどのようなモノなのでしょうか?世界各国からお客様が来られているわけですから、国によって食べられるモノ・食べられないモノがあると思います。そしてグラスや器はどんなモノが使われるのでしょうか?饗宴の儀の料理を作るのはやはり宮内庁大膳課なのでしょうか?色々と調べてみました。

スポンサーリンク

饗宴の儀

「饗宴(きょうえん)の儀」は、天皇陛下が皇后さまとともに祝宴に臨んで即位を披露し祝福を受けられる儀式です。令和元(2019)年10月22日に、「即位礼正殿(そくいれいせいでん)の儀」が行われたあと、皇居・宮殿で秋篠宮ご夫妻などの皇族方も出席されて4回にわたり開かれます。

22日の夜行われる1回目には「即位礼正殿の儀」に参列する外国の元首や祝賀使節、それに三権の長など、およそ400人が招待され、男性はえんび服など、女性はロングドレスなどで臨むことになっています。

午後7時20分、えんび服に最高位の勲章をつけた天皇陛下と、ローブデコルテと呼ばれるロングドレスを着用し、ティアラをつけた皇后さまが「竹の間」に入り、出席者から順番にあいさつを受けられます。

竹の間

あいさつを終えた出席者は「松の間」に移動して、「即位礼正殿の儀」で天皇陛下がのぼられた「高御座(たかみくら)」と皇后さまがのぼられた「御帳台(みちょうだい)」を鑑賞することになっています。

松の間

続いて出席者は「春秋の間」に移り、皇族方とあいさつを交わします。この席で食前酒などがふるまわれるほか、宮内庁の「楽部(がくぶ)」による古式ゆかしい舞楽(ぶがく)が披露されます。

春秋の間

午後9時前、皇族方や出席者に続いて、両陛下が両隣の席に座る外国からの賓客とともに食事会場の「豊明殿(ほうめいでん)」に入り、着席しての食事が始まります。

豊明殿

食事のあとは「春秋の間」に会場を移して再び歓談の時間が設けられ、食後の飲み物が出されます。

両陛下は、最後に「松風(まつかぜ)の間」で外国の元首などと別れのあいさつを交わし、午後10時50分ごろ儀式が終了する見込みです。

儀式とは言え本当に大変ですね!

平成の代替わりでは、「饗宴の儀」は、「即位礼正殿の儀」の当日から4日連続で7回開かれ、国内外からおよそ3400人が招待されました。

今回は重要な儀式や行事が続く天皇皇后両陛下の負担も考慮して連日での開催を取りやめ、10月22日のほか、25日と29日、それに31日にそれぞれ1回ずつ、合わせて4回開かれることになっていて、およそ2600人が招待されています。

このうち3回目以降については立食形式とするなど、全体に簡素化が図られましたが、同時に3回目以降は「春秋の間」も食事会場として利用するなど、1度に多くの人が出席できるような工夫も取り入れられました。

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/gishikitou_honbu/dai4/siryou4.pdf

饗宴の儀の献立(メニュー)は?

平成即位の礼、「饗宴の儀」料理

平成の「饗宴の儀」の献立は下記の献立だったそうです。

【前菜】
かすごタイ姿焼き、エビ鉄扇、アワビ塩蒸し、ユリ根、カモ錦焼き、黄ユズ釜、篠アンキモ、栗、チシャトウ

【酢の物】
魚介酢漬け(スモークサーモン、ホタテ貝、ヒラメ、ワカサギ)

【焼き物】
牛肉アスパラガス巻き、ブロッコリー、生シイタケ、小タマネギ、小トマト

【温物】
茶碗蒸し(ふかひれ、マイタケ、三つ葉)

【揚げ物】
三色揚げ(カニ、キス、若鶏、紅葉ふ、クワイ、ギンナン、松葉そば)

【かやく飯】
タイそぼろ、タケノコ、シイタケ、カンピョウ、錦糸タマゴ、紅ショウガ

【吸い物】
伊勢エビ葛打ち、マツタケ、メカブ、

【果物】
マスクメロン、パパイヤ、イチゴのシロップがけ

【菓子】
和菓子二種

【飲み物】
ワイン(白=コルトン・シャルルマーニュ 1985、赤=シャトー・ラヒット・ロートシルト 1978)、清酒、日本茶、ミネラルウォーター

今回はどのような料理になるのか?

わかり次第追記したいと思います。

追記

〈饗宴(きょうえん)の儀の献立〉(22日)

【前菜】かすご鯛姿焼、エビ鉄扇、アワビ塩蒸、百合根、鴨錦焼、黄柚子釜、篠鮟肝(しのあんきも)、栗、きゅうり

【酢の物】

魚介酢漬、スモークサーモン、帆立て貝、ヒラメ、ワカサギ

【焼き物】

牛肉アスパラガス巻、ブロッコリー、生椎茸、小タマネギ、小トマト

【温物】茶わん蒸し、ふかひれ、マイタケ、三つ葉

【揚げ物】三色揚(カニ、キス、若鶏)、紅葉麩、クワイ、銀杏、松葉そば

【加薬飯】鯛そぼろ、タケノコ、シイタケ、かんぴょう、錦糸玉子、紅ショウガ

【吸い物】伊勢エビ葛打、松茸、つる菜

【果物】

【菓子】

即位の礼初日となった22日夜には、各国の王族や大統領などを招いた祝宴「饗宴(きょうえん)の儀」が皇居・宮殿で催された。平成の時と同様、宮内庁から外注されたプリンスホテルのシェフが料理を担当。和食中心の料理がふるまわれた。

メニューは和食中心だったが、肉料理に慣れた欧米諸国の人たちにもなじみやすいような材料で仕立てたという。宗教上の観点から、イスラム教の戒律に従って調理したハラールのメニュー、菜食主義者用の献立も用意された。

賓客おもてなし 皇室の思い

 

料理は宮内庁大膳課が作るの?

皇室の【食】を担当している、宮内庁大膳課(くないちょうだいえんか)

元「昭和天皇の料理番」が再現した夕食

皇室の【食】を担当しているのは、宮内庁大膳課(くないちょうだいぜんか)というところ。和食・洋食・和菓子・洋菓子・皇太子ご一家のお食事など、5つの係に分かれているそうです。

宮内庁大膳課は、天皇・皇后両陛下の日常のお食事と、宮中晩餐会などのお料理の調理・配膳が主なお仕事。まさに、「天皇の料理番」です!

このように言われているので、今回の「饗宴の儀」の料理も宮内庁大膳課が作るのだと思っていましたが、違っていました。

饗宴の儀料理の製造 合計2,600人前は入札制度で、株式会社プリンスホテルグランドプリンスホテル高輪が落札!

  • 公示種別:落札公示

  • 調達件名:饗宴の儀料理の製造合計2,600人前

  • 調達機関:担当官 宮内庁長官官房主計課長 中山 ?介 (東京都千代田区千代田1―1)

  • 所在地番号:13(東京都)

  • 調達機関番号:008(宮内庁)

  • 品目分類番号:26(その他物品)

  • 札価格:84,287,500 (8428万7500円)

  • 契約方式:一般

  • 落札者:株式会社プリンスホテル グランドプリンスホテル高輪(東京都港区高輪3―13―1)

  • 落札方式:最低価格

  • 開札日: 1. 6.17

  • 入札日:31. 4.25

  • 調達方法:購入等

知りませんでした。

 

「天皇(現・上皇)即位饗宴の儀」で供膳したのは、本格懐石料理が味わえる東京・青山の名店「雅灯」だったそうです。

器も凄いの?

おそらく凄いと思います!グランドプリンスホテル高輪の有栖川清水の懐石料理コースを提供しますが器はおそらく宮内庁のモノを使うのではないでしょうか?

わかり次第追記したいと思いますが、皇室ご用達の品々はこちらに紹介されています。

食材は?

御料牧場(ごりょうぼくじょう)は、皇室で用いられる農産物を生産している日本の農場(牧場)である。宮内庁が管轄している。

明治時代初めの1875年(明治8年)9月、大久保利通によって当時の先進国であったヨーロッパの王族専用牧場を模して、現在の千葉県成田市に宮内庁下総御料牧場として開設されたのが始まりである。1969年(昭和44年)8月、新東京国際空港(現在の成田国際空港)建設計画に伴い、栃木県塩谷郡高根沢町に移転した。宮内庁下総御料牧場跡地の一部は三里塚記念公園となっている。

「御料牧場」の画像検索結果

まとめ

饗宴の儀の献立(メニュー)は?器も凄いの?料理は宮内庁大膳課が作るの?について記事にしました。あと少しで饗宴の儀が始まります。どのような料理が出るのか?楽しみですね!

コメント

  1. […] […]