マトリ(薬物捜査部隊)と警視庁組対5課の違いは何?沢尻エリカは警視庁組対5課が逮捕

ニュース
スポンサーリンク

こんにちは。沢尻エリカは警視庁組対5課が合成麻薬MDMAを所持したとして、麻薬取締法違反の疑いで逮捕しましたが、国母和宏容疑者や3月のピエール瀧と5月の田口淳之介はいずれもマトリが逮捕しました。どちらも同じなのでしょうか?この2つの違いがわかりません。なので調べてみました。

 

スポンサーリンク

警視庁組織犯罪対策部第5課(警視庁組対5課)

組織犯罪対策部(そしきはんざいたいさくぶ)とは、日本の警察組織のうち、主に暴力団、銃器や違法薬物の使用・密売買、外国人犯罪対策を目的とする内部組織の一つ。旧来は刑事部等において捜査第四課と呼ばれていた部局が独立して設置されてきている。通称「組対」

組織犯罪対策第五課

  • 銃器薬物対策第1係(課内庶務)、銃器薬物対策第2係(資料・統計)、銃器捜査指導係、薬物捜査指導係、銃器捜査第1 – 第6係、薬物捜査第1 – 第6係

TBSも「週刊文春」も事前に逮捕情報をリークされ、前日から沢尻を張り込みしていたのだ。

情報をリークしたのはもちろん、沢尻を逮捕した警視庁の組対5課だ。逮捕の瞬間を大々的に報道して、見せしめのショーにするために、映像を撮らせようと、事前に情報を流したのである。

「今回、沢尻を逮捕した組織犯罪対策部5課は、ASKA、そして清原和博を逮捕した部署組対5課はとにかく逮捕をマスコミにアピールしたがることで有名。清原のときも、ASKAのときも同じように逮捕を事前リークして、その瞬間を実況中継させた」(警察関係者)

これが本当なら怖いですね。。。

マトリ(薬物捜査部隊)

麻薬取締官(まやくとりしまりかん)は、麻薬取締や薬物の不正ルートの解明などの薬物犯罪の捜査や正規麻薬(医療などの目的で許可を受けて合法的に使用される麻薬)の不正使用・横流し・盗難等の監視・捜査を行う厚生労働省の職員である。俗に麻薬Gメンマトリと呼ばれる。具体的には、厚生労働省の地方支分部局である地方厚生局(地方厚生支局を含む)に設置されている麻薬取締部(沖縄麻薬取締支所を含む)に配属されている。

麻薬取締という危険な職務であるため、司法警察員としての職務を遂行する場合に限り、「小型武器での武装」(拳銃・特殊警棒等の携帯)が認められている他、警察官と同様の逮捕術の訓練も受けている。

これは知りませんでした。ほとんど警察官と同じですね!

麻薬特例法に基づき違法薬物の流れを把握するための泳がせ捜査によって首謀者や密売組織の実態を解明し、薬物の密売収益の没収等による摘発、検挙及び壊滅に繋げている。これは、密売流通ルートを遡る為に必要不可欠な突き上げ捜査であり、そのために麻薬取締官は私服を着用しての公務やカラーやパーマをかけた長髪が認められている。

マトリ(薬物捜査部隊)と警視庁組対5課の違いは何?

薬物担当の捜査関係者は「警視庁など警察とマトリは互いに、摘発を意識しています。著名人を逮捕すると世間への強い警告になるため薬物捜査は、情報を元に“大物”を狙って行動確認するなど、長期間内偵捜査をするのが一般的。組対5課にもマトリにも“摘発候補リスト”があり、今後も双方の著名人逮捕が続くのでは」と話している。

捜査関係者によると、その当時から組対5課と関東信越厚生局麻薬取締部(マトリ)双方がマークし、捜査対象者に名前が挙がっていた。今回の逮捕の端緒は、約1カ月前に警視庁に寄せられたタレコミ。MDMAとは別の「違法薬物を所持している」などとする情報提供で、組対5課は慎重に内偵捜査を進めた。

マトリも組対5課も沢尻エリカはリストに入っていたようで、今回は組対5課にたれ込みがあったので素早く行動出来たのでしょうね!KAZMAXも組対5課だったようなのでこちらもたれ込みがあったのかもしれません?!

本来は組対5課は暴力団とか裏組織との繋がりが関係しているモノのイメージですがあまり違いは無いようです。。。

いかに大物を捕まえるかで競ってる感じ。。。

まとめ

マトリ(薬物捜査部隊)と警視庁組対5課の違いは何?沢尻エリカは警視庁組対5課が逮捕について記事にしました。どちらにしても次は誰?って感じですね。。。

コメント