松坂投手右肩負傷問題犯人は?海外の反応は?MLBでも起きるの?

スポーツ情報
スポンサーリンク

こんにちは。中日の松坂投手がファン?かサインの転売目的の転売ヤー?に右腕を引っ張られ、右肩負傷という残念な事故が起きましたが、このような事故が起きると、これから益々プロ野球選手からサインをもらえ難くなります。

中日では松坂投手の事故が起きる前から、HPでお知らせをしていました。

 

日ごろから中日ドラゴンズへご声援をいただき誠にありがとうございます。

沖縄春季キャンプにおいて、一部のファンの方で転売を目的として選手へサインを求められる行為が見受けられています。
このような行為には決して及ばないようお願いいたします。

また、転売目的以外で選手のサインを取得、その後結果的にそのサインを転売する行為にも及ばないようお願いいたします。

沖縄春季キャンプに限らず、今後、上記の行為等が見受けられる場合は、球団としては、本意ではございませんが、サイン等のファンサービスを制限させていただくことも視野にいれております。

ファンの皆さまのご理解・ご協力をお願いいたします。

その矢先の事故だけに各球団は今後ファンへのサインを求める行為を制限する可能性がありますね。。。

 

スポンサーリンク

松坂投手の現在の状況

「松坂投手右肩負傷問題」の画像検索結果

中日・松坂大輔投手(38)は12日、沖縄県内の病院で検査を受け「右肩に炎症がある」と診断された。炎症が治まるまでノースロー調整を続けるという状態だそうです。

詳しい状態については明らかになっておらず、重症なのか?軽症なのか?わかりませんが、もともと右肩を手術しているので、ちょっとしたことで違和感は感じる状態だったのではないかと思われます。

松坂投手の右肩手術

2015年(平成7年)に手術をしたのですが、「内視鏡による手術」と発表されましたが、その当時のチーム関係者によれば、かなり複雑な手術が施されたそうで、その内容は『右肩関節唇及び腱板クリーニング術』、『ベネット骨棘切除術』、『後方関節包解離術』で、3種類を一度に行ったという大変な手術だったそうです。

2011年6月にも右肘靱帯の修復手術を受けていますから、多分もともと右肩の状態は良くなかったのではないかと思います。

 

関係者が明かした本当の状態!

 

ファンとの接触から軽い痛みを発症した松坂。当初はキャッチボールをしながらでも回復するだろうと考えていたが、良くなることはなかった。チーム関係者は「それから悪くはなっていないけど、ずっと改善されなかったから首脳陣に知らせようとなった」と語る。チーム内外で「本当にファンとの接触で痛めたのか」と怪しむ声もあるが、同関係者は「それがきっかけになったのは間違いない」と言い切る。

先程も触れたように、もともと右肩を手術して満身創痍な状態でしたから、わずかな外力でも嫌な感覚になる事は想像できます。

与田監督も、

自身も現役時代に手術経験がある与田監督は「どうしても体は拒否反応や恐怖感が出てくる。気持ちでは自覚していなくても、体が怖さを覚えてしまっていて、思い通りに体が動かないこともある。そういったところとも戦っていかないといけない」と指摘。

そうなんですよ!症状は軽くても、恐怖感や不安感が強いと思うので、それに立ち向かうしかないように思います!

過去のファン接触による事故

 

・高校2年の甲子園選抜大会で、開会式を終えたダルビッシュは女性ファンに握手を求められた際に右腕を強く引っ張られて負傷。病院での診察の結果、右棘下筋痛で全治2週間と診断される。

・1992年12月の長崎県五島市での巡業のこと。当時関脇だった貴花田(後の貴乃花)が、花道で男子高校生に背中を平手で強打された。この行為の報復として貴花田が男子高校生に平手打ちをして大騒動になった。

このようにファンとの接触で事故になったケースはあるようで、もっと小さな事は報道されないだけでたくさんありそうですね。

 

警備スタッフの問題?

「松坂ファンと接触」の画像検索結果

 

今回の事故は警備スタッフが配備されたキャンプ中の出来事だったので、プロ野球関係者は「このままでは、各球団がファンへのサインを禁止する事態に発展しかねない」との事ですが、こんな状況では警備もクソもありません。

人気選手にはどうしてもファンが殺到しますから警備員がいたとしても、危険ですよね。

 

海外の反応は?

AP通信は「春季キャンプ中にマツザカが異様な怪我を負った」とのタイトルで報じた。

記事では「メジャーリーグと日本でのキャリアを送る中で、ダイスケ・マツザカは数多くの腕の怪我と付き合ってきた。しかし、今回の様なケースはない」と指摘。

AP通信はこのように経緯を伝えた上で、松坂がソフトバンク復帰1年目(2015年)に手術を受けたこと、高校時代には甲子園で多くの球数を投げたことにも言及している。

そして、松坂のケガを「異様なケガ」として表現しているようで、アメリカでは考えられないような出来事なんでしょうね!

 

ヤクルトのバレンティンはこのように言ってます。

 ――松坂の一件、率直にどう思う?

マツザカさんは不幸にも事故に遭ってしまったけれど、ファンはシーズン中、僕たちをサポートしてくれている。僕自身、ファンサービス自体は良いものだと思っている」

 ――マリナーズレッズなど、米球界でのプレー経験がある。日米のファンとの接し方について違いを感じる部分は?

「キャンプ地でいうと、アメリカの場合はファンとの距離は決して近くはない。柵で仕切られているし、厳重なセキュリティーも入っている。日本はファンがとても近いところにいて、大勢の人が一気にワーッと押し寄せてくることもある。マツザカさんのような例があると、選手もファンを怖がってしまうかもしれない。ただ、サインを書く、ハイタッチをするなど、ファンと接する上で、彼らの行動をしっかりコントロールして、もう少し落ち着いてファンサービスができる体制をつくることができれば、全く問題ないはずだよ」

――日米ではファンサービスの形が違う。

アメリカではファンにサインをする際には、基本的にサイン会を開く。僕自身、ファンに接することはとても楽しいことだけど、アメリカのようにしっかりと警備員を配置したり、ある程度は柵を設けたりということはあってもいいかもしれないね

 ――日本では9年目を迎える。ファンサービスをする上で戸惑ったりしたことは?

「それはないよ。ただ、僕自身はサインを書く上で、ファンに列をつくって並んでもらったり、一度に多くの人が殺到しないようにすることもある。プロ野球はファンあってのもの。ファンサービスを大事にしていくためにも、やはりファンをコントロールする体制をつくることが大事だと思っているよ

アメリカではやはりこういった部分はしっかりとしてますね!結局日本のファンのマナーが悪すぎると言うことになりそうです。

アメリカの場合は子供優先で、サインをするそうです。

#THIS: Trout and his fans
Young fan tears up after Trout's autograph

まとめ

松坂選手は今回の件で、犯人特定を明かさず、ファンサービスを止めるつもりはないと言っているそうですが、そういった意味でも、ファンのマナーを考えなければいけませんね!

今回の件でサインがもらいにくくなったら本当に多くのファンが悲しみます!

2度とこのような事故が起きないように!そして松坂選手が少しでも早く復帰できるように祈ります!

しかしカープファンの僕としては復帰はしても活躍はして欲しくないです。。。(笑)

 

コメント