きらりちゃん(村山輝星)の学校は慶應義塾横浜初等部!お金持ちと言われる理由は学費が高いため?

TV
スポンサーリンク

いつも元気でニコニコ笑顔の人気子役、村山輝星(むらやま きらり)さん。

auのCM”三太郎シリーズ”の「桃姫」役として、可愛い着物姿も話題になりました。

人気子役の村山輝星(むらやま きらり)さんは、2022年8月27日・28日の「24時間テレビ」(日本テレビ系列)で本格的なトライアスロンに挑戦するそうですね!

トライアスロンというと、かなりの運動量ですが、村山輝星(むらやま きらり)さんは運動だけでなく、お勉強もできるようです。

村山輝星(むらやま きらり)さんの在籍する小学校は難関校で有名な「慶應義塾横浜初等部」です。(2022年8月現在)

村山輝星(むらやま きらり)さんの実家はお金持ちという噂がありますが、理由は何でしょうか?

慶應義塾横浜初等部の学費が高いためでしょうか?

慶應義塾横浜初等部とはどんな学校なのか、高いといわれている学費についても紹介します。

村山輝星(むらやま きらり)さんのご家族についてはこちらの関連記事をお読み下さい。

村山輝星(きらり)の父が亡くなった原因は?母や兄弟についても紹介!『家族構成まとめ』

スポンサーリンク

きらりちゃん(村山輝星)の学校は慶應義塾横浜初等部!

(画像引用:twitter)

画像は小学3年生の頃の村山輝星さんです。

現在、村山輝星さんは慶応義塾横浜初等部の小学6年生です。(2022年8月現在)

村山輝星さんが通う慶応義塾横浜初等部について詳しく紹介します。

きらりちゃん(村山輝星)が慶應義塾横浜初等部とわかった理由は?

(画像引用:オールキッズトライアスロン2017年公式記録)

画像は村山輝星さんの趣味であるトライアスロンの公式記録です。

2017年(小1)の時に初めてトライアスロンの大会に出場しており、村山輝星さんが慶應義塾横浜初等部とわかった理由はトライアスロンの公式記録にあります。

名前「村山輝星」の横に「慶應義塾横浜初等部」と書いてありますね。

 

公式記録によると、小学校1年生で初めて出場したトライアスロンの大会で、村山輝星さんは18位(23人中)だったようです。

画像引用:Youtube

趣味であるというトライアスロンについて、YouTubeで「速くないんですけど、完走するときが気持ちよくて続けています」と話しています。

「泳ぐ・自転車・走る」をこなすわけですから、完走するだけで十分すごいですよね。

村山輝星さんは2017年(小1・7歳)から2021年(小5・11歳)まで毎年トライアスロンの大会に出場しています。(2020年はコロナウイルス拡大防止のため、大会中止。)

芸能活動をしながら、勉強も運動も頑張る村山輝星さんは、とても頑張り屋さんなのでしょうね。

きらりちゃん(村山輝星)の学校|慶應義塾横浜初等部の偏差値は?

慶應義塾横浜初等部の偏差値は65~68です。

(画像引用:お受験情報note

こちらは2022年度の首都圏私立小学校偏差値ランキング(男子)です。

 

(画像引用:お受験情報note

こちらは2022年度首都圏私立小学校偏差値ランキング(女子)です。

小学校に偏差値はないので、付属の中学校の偏差値を元にしたランキングです。

慶應義塾横浜初等部は男女共に偏差値65以上で、難関校であることがわかりますね。

 

続いて慶應義塾横浜初等部の倍率はこちら。

(画像引用:まなのび

こちらの画像は2016年度から2022年度までの倍率と志願者をグラフにしたものですが、折れ線グラフ見る限り、年々倍率が上がっていることがわかります。

女子の方が定員が少ない事もあってなのか、倍率が高く、合格が難しくなっていますね。

2022年度の倍率は男子:12.9倍・女子:16.3倍でした。

慶應義塾横浜初等部に合格することはかなりの狭き門であることがわかります。

きらりちゃん(村山輝星)の学校|慶應義塾横浜初等部の場所はどこ?

(画像引用:まなのび

画像は慶應義塾横浜初等部です。

慶應義塾横浜初等部の概要について紹介します。

学校名:慶應義塾横浜初等部(けいおうぎじゅく よこはましょとうぶ)

所在地:神奈川県横浜市青葉区あざみ野南3-1-3

創立:2013年

入学定員:108名(男子66名・女子42名)

総定員:648名

慶應義塾横浜初等部の場所は【神奈川県横浜浜市青葉区あざみ野南3-1-3】です。

地図はこちらです。


最寄り駅は、東急田園都市線駅「江田駅」で、江田駅から緑の多い住宅街を通って徒歩10分程度です。

校内には天然の芝が生えたグラウンドが大小2つあり、体育館以外に、音楽や演劇の鑑賞や発表に使う講堂などもあります。

(画像引用:慶應義塾横浜初等部

校舎内には和室があり、百人一首や茶道、華道など、伝統文化に親しむスペースもあります。

とても素敵な教育ですね!

きらりちゃん(村山輝星)の学校|慶應義塾横浜初等部出身の有名人は誰?

(画像引用:instagram

慶應義塾横浜初等部は創立が2013年で、2022年現在、創立9年目の学校です。

初年度に入学した生徒は2022年8月現在中学3年生です。

まだ新しい学校のため、今のところ慶應義塾横浜初等部出身の有名人は、村山輝星さん(2022年8月現在在籍中)以外詳細は不明です。

きらりちゃん(村山輝星)の学校|慶應義塾横浜初等部の入試問題は?

(画像引用:理英会

こちらは2019年度、慶應義塾横浜初等部の1次試験の問題です。

同じ形を見つける問題ですが、時間が短く、短時間で的確に判断できる能力が求められます。

 

慶應義塾横浜初等部の入試問題について紹介します。

1次試験(30~40分):ペーパーテスト(話の記憶、図形、常識問題など)

2次試験(80~90分):運動テスト(基礎的な運動能力)・制作テスト(発想力、表現力)

1次試験は小学校受験の定番ともいわれるような内容で、難問は少ないといわれています。

2次試験の運動テストは基礎的な運動能力と、指示に対して的確に動ける能力が求められます。

具体的にはボール投げやリレーなど。

制作テストは、発想力や表現力と共に、課題に対して楽しく意欲的に取り組めているかという点も重要になってきます。

具体的な内容は粘土、折り紙など。

1次試験、2次試験共に、待機や移動など試験以外の行動もチェックされているといわれています。

1次試験合格者に2次試験の受験票が送付されます。

きらりちゃん(村山輝星)の学校|慶應義塾横浜初等部には面接がない?

慶應義塾横浜初等部には、一般的な私立小学校の入試時に行われる保護者面接や親子面接がありません。

そのかわりに、志願書が面接のかわりとなって、保護者の考えや家庭環境を学校側が知る材料となります。

志願書の裏面に特徴があり、これが最大の難関である提出物といわれています。

志願書の裏面を紹介します。

(画像引用:まなのび

志願書の裏面に記載されていることは以下の通りです。

  • 志望理由(志願者の様子や家庭の方針に言及しながら)
  • 「福翁百話」の家庭や親子関係に関して書かれている部分を読み、保護者と志願者の関わりについて感じるところを書く

慶應義塾横浜初等部の志願書には課題図書を読んだ感想を書くところがあります。

例年、「福翁百話」であるようです。

福沢諭吉著の「福翁百話」がこちら。


課題図書が発表になると、書店によっては売り切れるところもあるそうなので大変ですね。

2020年だけ課題図書が「小泉信三」だったようで、1年前から「福翁百話」を準備していた人達が大騒ぎになったとか。

情報の多い時代なので、受験一つをとっても何かと大変ですね。

それほど慶應義塾横浜初等部の入試において志願書は重要であるということでしょう。

きらりちゃん(村山輝星)の学校|慶應義塾横浜初等部出身者は慶應義塾大学に進学?

(画像引用:yahooニュース

画像は慶應義塾大学です。

慶應義塾横浜初等部に入学すると、基本的に湘南藤沢中等部→湘南藤沢高等部→慶應義塾大学に進学できます。

慶應義塾横浜初等部は湘南藤沢中等部、湘南藤沢高等部までの12年間一貫教育により、長期間でしっかりとした学力を付けることを目的としているようです。

湘南藤沢高等学校からはほぼ全員が推薦により慶應義塾大学に進学しているそうです。

スポンサーリンク

きらりちゃん(村山輝星)がお金持ちと言われる理由は慶應義塾横浜初等部の学費が1000万円だから?

(画像引用:instagram

村山輝星さんの実家がお金持ちと言われています。

理由は「慶應義塾横浜初等部の学費が1000万円だから」ということのようです。

かなりすごい学費ですね!

慶應義塾横浜初等部の学費について調べてみました。

きらりちゃん(村山輝星)の学校|慶應義塾横浜初等部の学費が1000万円?

(画像引用:AERA

こちら、2021年調べの私立小学校初年度学費ランキングです。

慶應義塾横浜初等部は2位にランクインしており、学費の高さがわかっていただけると思います。

私立小学校の中でもトップクラスの学費なのです。

慶應義塾横浜初等部の初年度納付金の内訳です。

入学金:34万円

授業料:95万円

教育充実費:47万

給食費用:11万

(引用:慶應義塾横浜初等部

こちら、慶應義塾横浜初等部ホームページより、2022年度の学費となっており、ランキング(2021年)の費用より1万円程高くなっているようです。

6年間で952万円の学費になるようですね。

「慶應義塾横浜初等部の学費は1000万円」の噂は本当でした。

きらりちゃん(村山輝星)の両親はお金持ちなの?

(画像引用:ザテレビジョン

村山輝星さんの両親はお金持ちだと思われます!

その理由を説明します。

私立小学校に入れる親の半数は年収が1200万円以上

(引用:ファイナンシャルフィールド

私立小学校に入れる親の半数が年収1200万円以上であるようです。

慶應義塾横浜初等部は国内の私立小学校の中でもトップクラスの学費ですので、相当収入がある可能性が高いと思われます。

厚生労働省による「国民生活基礎調査の概況」では、日本の平均世帯年収は552.3万円(2019年)となっていますので、年収1200万円以上となると日本の平均年収の2倍以上ですよね。

村山輝星さんは劇団東俳にも所属しており、入所費や毎月のレッスン代も必要かと思われます。

また、湘南藤沢中等部、湘南藤沢高等部、慶應義塾大学と進学するにあたり、今後相当な学費がかかることが予想されます。

慶應義塾横浜初等部に進学させた村山輝星さんの両親は、経済的にとても余裕があるお金持ちであることは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

人気子役として、テレビやCMで活躍中の村山輝星さん。

2022年8月現在、慶應義塾横浜初等部に在籍している小学6年生です。

慶應義塾横浜初等部は首都圏の私立小学校の中でも1、2を争う学費の高さで有名です。

慶應義塾横浜初等部に進学できるなんて、学力的にも素晴らしいですが、経済的にもとても裕福な家庭である証拠ですよね。

来年からは湘南藤沢中等部に進学すると思われる村山輝星さんですが、小学生最後の夏である2022年8月27日・28日の「24時間テレビ」(日本テレビ系列)で本格的なトライアスロンに挑戦するようです。

今、とても注目されている村山輝星さん、無事完走できるように応援しています!

スポンサーリンク
TVYouTuberエンタメ
スポンサーリンク
writer2をフォローする
stillnessのなんでも語るブログ

コメント