中村カズノリ(カウンセラー)のカウンセリングを受ける為にはどうしたら良い?

豆知識
スポンサーリンク

こんにちは。ここ最近の事件では、背景に機能不全家族の問題があるようですが、その度に中村カズノリ氏が色々と意見を書かれています。そんな中村カズノリ氏のカウンセリングを受ける為にはどうすれば良いのか?そして経歴やプロフィールは?その辺りを調べてみました。

 

スポンサーリンク

中村カズノリ

名前:中村和憲

生年月日:1980年生まれ(38才か39才)

WEB系開発エンジニアに従事しながらメンズカウンセリングを学んでカウンセリング業を開始。
元当事者(モラハラの加害者)として得た経験をもとに加害者にも被害者にも支援。

2016年には、カウンセラーとしてデビュー

家族構成は、奥様と1児のパパ

日本人は上司に怒られて首を吊るけど
タイ人はその場で上司を刺し殺すという風刺漫画的なものを紹介したものがあったんだけど
間違いなく僕はタイ人タイプw

その場でまた、クスリも飲んでないのにアカン衝動が出かけたけども、そこは我慢我慢w
代わりに
「いやあwそれは無いですよ~wだって僕、自殺するくらいなら殺すタイプですもんw
宅間守とか、秋葉の加藤の気持ちとかすんごくわかりますもんw(殺人自体は肯定できないけど)」
とお伝えしておきました(笑)

実際、犯罪自体は肯定出来ないんだけど、そこに至る気持ちというのは
色々は話を聞いて総合すると、なんとなくわかるんだよね。
ああ、宅間も加藤も追い詰められて、それを外に出しちゃったんだね。って。

さらに、そうなる前に心理的に支援してくれる人に繋がることは出来なかったんだね…ってさ。

僕は幸いにもそういう支援に繋がる事が出来ていたので、悲劇的な結果にはならなかったけど
こういう支援が無かったらヤバイ人って一杯いるよなあ…と身を持って感じることが出来た。

まあ、こういう考えは「一般」とか「普通教」「常識教」「会社教」の敬虔な信者さんには中々伝わらないよねえ。

予想通り、会議の面々はドン引きしてたように思います(笑)

ついでにもうちょっと書くと、僕に対して、先に書いた「落ち込んで、電車に飛び込まないでね…などとのたまった男に誤りにいけ」と言ってきた事務の女性の事は、今後謝られても許すことは無いと思う。
まあ色々話してると認知の歪みやら普通教の狂信者だったりで…みるからに生きるのしんどそうな人なんだけど。だからこそ相容れない。無理。

まあそんなこんなで、その日のうちに手続き等全部終わり、社交辞令の応酬等を噛まして僕は会社を去ったわけでした。

このように中村カズノリさんは自分自身の色々な辛い経験を乗り越えて?(乗り越えたようでも乗り越えられた無い場合も結構多い。)カウンセラーになられたようです!

何でもそうですが、同じ経験をした人はその人の気持ちが良くわかりますから、それだけでも違います。

「目の前で“自殺しないでね“と言った人をぶち殺して、Twitterに声明をあげようと。社会的制裁を受けてもいいや、と思った。それくらい自分の境遇がしんどかったし、目の前の人事の方、会社の方、そして世の中にそのことを知って欲しいと思った。もちろん今となっては、なんてことを考えたのだろうという思いはあるし、現実的に考えれば無理な話だが、とにかく見てほしい、知ってほしい。“他にもしんどい人がいたら、俺に続いてこい”という思いがあった」。

本当に犯罪を起こす人達の気持ちそのモノなんでしょうね。。。

5年前に離婚を経験、実家とは縁を切っていた中村さん。危機感を覚え、離婚時に相談に乗ってもらったカウンセラーの味沢道明氏にすぐに電話をかけ、会社の人に対する殺意を覚えたこと、金銭面の不安などを相談した。「泣きながら電話した。“アイツを殺したいんだけど“。“どうやって殺してやろうか“、と。“大丈夫だよ“という言葉に安心した。もし味沢さんとつながってなかったら、ペンで襲いかかっていたと思う」。

離婚も中村カズノリさんのモラハラ・DVだったそうです。奥さまが家を出てから気づいたそうです。

――交際の中で、もともと自分にそういう傾向があると思ったことはありますか?

中村 ありました。異常に嫉妬したりとか。相手の行動や価値観でおかしいと思うところは直すように言ったりとか。

――例えば相手のどういったことを直していましたか?

中村 歯磨きをする前に歯ブラシを僕は濡らしているんですが、元奥さんが濡らさないので、「なんで濡らさないの、おかしくない?」と。「おかしいだろ!」というきつい言い方ではないですが。自分と同じじゃないのが耐えられなくて。

――歯ブラシを濡らした方が歯磨き粉が泡立っていいだろうと。

中村 そうやって理屈っぽく言っていましたね。そういったことがほかにも広がっていきました。

――日常の箸の上げ方、下ろし方まで気になっていくと。相手にしてみたら勘弁してほしいですよね。歯ぐらい好きに磨かせろと。

中村 そういう日々が続くと向こうだって僕に対し険悪になっていきますよね。それを僕も察知して悪循環が続き、相手が何を話しても受け入れられなくなっていってしまったんです。

どんどん歯止めが利かなくなり、最終的には感情に任せ、家の物を元奥さんの前で壊してしまいました。そこで元奥さんが出て行って、それでようやく、自分のモラハラに気づいたんです。

 

 

 

もともと発達障害の傾向がある方はこのような考え方になりやすい場合があります。あとは統合失調症や親のしつけ等さまざまな問題が絡み、認知の歪み等が起きているとき問題が生じやすくなるような気がします。

今回の事件を受け、中村さんは「何が起きたかということはニュースで確認しているが、それをまともに受け止められない。受け止めるにはあまりにもしんどすぎる。自分の中で咀嚼できていない」と話す。味沢氏は「生育の中で、人を信じられるか、信じられないかというところだと思う。人それぞれに一概には言えないが、誰か分かってくれる人がいるという体験をした人と、誰も分かってくれないと思っている人は違う。分かってくれる人がいたら、死ぬ必要がない。殺す必要がない。分かってくれないと実行するしかなくなる。中村さんはギリギリのところでつながってくれたので良かった」と振り返った。

本当にそうですね!人を信じる事が出来れば相手のことも自分の事も大事にしますもんね。

中村カズノリさんのカウンセリングを受けるためには?

【DV・逆DV】現場最前線のカウンセラーが語る 【第1回】

DVやモラハラ、デートDV等の暴力問題・家族を巡る不安や問題のためのカウンセリング・ワーク・シェルター等の複合的支援を行っています。

日本家族再生センター

〒607-8411 京都府京都市山科区御陵大津畑町38−3

075-583-6809

中村カズノリさんのカウンセリングをした味沢道明さんが代表です!

味沢道明(あじさわ みちあき)

・1954年広島県生まれ
・サラリーマン生活も10年でギブアップ。
・自然派料理教室のかたわら、日本の男性運動をリード。男の悩みから、加害者の脱暴力支援を開始。
・現在は加害被害、性別、年齢にかかわりなく、DVやモラハラ等に関わる困難の渦中の当事者のためのさまざまなサポートを提供。

 

残念なお知らせ

あまりにも忙しくなりすぎて対応出来ない状況のようです!

それだけ多くの方が辛い状況にある!という事でもありますが。。。

まとめ

今話題のカウンセラー中村カズノリさんについて調べてみましたが、本当に良く乗り越えてカウンセラーになられたな~と思います。多くの方の力になってあげて欲しいと思います!身体を壊さないようにしないとまた調子を崩す可能性もありますが。。。

 

コメント