那須川天心VSメイウェザーの試合は八百長だったのか?本当は?

スポーツ情報
スポンサーリンク

こんにちは。大晦日の 格闘技イベント「RIZIN.14」エキシビジョンマッチでの那須川天心VSメイウェザー僕も紅白を見つつ最後はずっとこの試合を見ていましたが、もっとメイウェザーに対してやってくれるのでは無いか?!と淡い期待を持っていましたが、全く歯が立たず、残念な結果になりましたね。。。

そもそもこの試合自体が無謀な条件付きの試合だったので、那須川天心VSメイウェザーの試合自体が行われたこと自体が奇跡!とか日本でメイウェザーを生で見ることが出来た事自体が凄い事!などと言われていますが、そうなのでしょうか?

 

その辺りを調べてみました。

 

スポンサーリンク

那須川天心のプロフィール

お父さん自身も格闘経験があり、空手やキックボクシングを指導していたそうで、その指導はスパルタでかなり厳しかったようで、那須川選手も「家族じゃなかったら続かなかった」と話すほどだったそうです。

 

那須川天心(なすかわてんしん)選手は4人兄弟の1番上でその下に妹が2人と弟が1人。

妹さんが寧々(ねね)さんと梨々(りり)さん。弟が龍心(りゅうじん)くん。

妹の那須川梨々さんもプロのキックボクサーとしてデビューしています。

 

Page Not Found • Instagram

 

現在、浅倉カンナ選手と交際中です~♪

 

【浅倉カンナ選手プロフィール】

  • 名前 浅倉栞南(あさくら かんな)
  • 生年月日 1997年10月12日
  • 出身地 千葉県
  • 身長 158cm
  • 体重 48kg
  • 階級 アトム級
  • 所属 パラエストラ松戸

 

 

今回のメイウエザーとの試合後のコメントがTwitterで公開されています。

 

 

フロイド・メイウェザー・ジュニア(Floyd Mayweather Jr.)のプロフィール

生年月日

1977年2月24日

国籍

アメリカ

階級

Sフェザー~Sウェルター級

身長

173cm

リーチ

183cm

戦績

50戦(50勝27KO)

 

メイウェザーは歴代のボクサーの中でも最も高額なファイトマネーを稼いでいる。階級はSフェザー級からSウェルター級まで5階級制覇しており、無敗での5階級制覇は史上初の記録である。プロボクシングの戦績は50戦して無敗となり、連続無敗記録を更新して2017年のマクレガー戦を最後に引退表明した。

マクレガー戦の前のアンドレ・ベルト戦で一度引退宣言をしており、マクレガー戦は2年ぶりの現役復帰戦となった。大金を稼ぐボクサーとしても有名だが、豪快な暮らしっぷりを自信のインスタグラムにアップしたりと金の亡者との言われる。ついたあだ名は「マネー」。自他ともに認める金の亡者でもある。メイウェザーの家系はボクシングエリートばかりでトレーナーのメイウェザーシニアは実の父親でロジャー・メイウェザーとジェフ・メイウェザーが叔父にあたる。

 

メイウェザーは無類の車好きとしても知られていて、その愛車は・・フェラーリ、ポルシェ、ランボルギーニ、ブガッティなど1台1億円以上のものばかりだとか。

圧倒的なスピードと超人的な反応速度を持ち、卓越したディフェンステクニックで相手を翻弄し、絶妙のタイミングでカウンターを打ち込むのを得意とする選手

 

気になる素行の悪さ

 

試合前の会見などでリップサービスとして挑発的なトラッシュ・トークをすることでも有名で、対戦相手にとっては怒らせ、話題を振りまいている。

 

今回の那須川選手との対戦でも本当になめた発言ばかりで、一発ぶちかましてやって欲しかったですね!

 

2002年に2件の家庭内暴力事件で有罪、2004年にはナイトクラブで女性2人に暴行を働いたとして有罪判決を受けている。2012年には内縁の妻への暴行罪などで2ヶ月間刑務所へ収監されている。

他にも「あのチビの黄色いバカを料理してやる」「あの小人を踏みつけたら米を炊かせて、寿司を作らせてやる」等のマニー・パッキャオに対するアジア人人種差別発言、女性を蔑視するような性差別発言を行っている。

このため以前はいくつかの企業とスポンサー契約を交わしていたがイメージの低下を嫌った企業は離れていった。以上のような理由から、メイウェザーは2014年にスポーツ・イラストレイテッドの『最も嫌われているスポーツ関係者35人』の1人に選出されたそうです。

 

ただ幼少時の事を知ると仕方ないような気もします。。。

 

幼少時代は貧しく、家族7人が川の字に並んで1つのベットルームで寝ており、時々電気が止められることもそうで、暮らしてしていた地域は治安が悪く、自宅の庭にヘロインの使用済み注射針が転がっていることは珍しくなかったそうです。

当時、父親のフロイド・メイウェザー・シニアはプロボクサーの他に麻薬の売人も兼業しており、普段から神経を尖らせていたことでメイウェザー・ジュニア達はしばしば酷い暴力を受けていた見たいです。

 

メイウェザー・シニアが身内から撃たれそうになった時、撃たれないようにするため赤ん坊だったメイウェザー・ジュニアを盾に使ったとメイウェザー・ジュニア自身は語っている。(本当に酷い話しですね。)

 

メイウェザー・ジュニアが16歳の時、父親のメイウェザー・シニアがコカインの密輸で有罪判決を受け刑務所で5年半服役する、母親も薬物中毒であったことで、メイウェザー・ジュニアは祖母の家へ引越して暮らすことになった。ボクシングで身を立てることを決めたメイウェザー・ジュニアは高校を中退している。

 

このような幼少時代を過ごしていたらひねくれても仕方ないですよね~

 

個人的には、はじめの一歩に登場したブライアン・ホークのイメージです!(笑)

 

 

View this post on Instagram

 

“All Black Everything” Trying to decide what I want to take for a spin… The Phantom, The Wraith, The Drophead, The Dawn, The Maybach or The 488 Ferrari.

Floyd Mayweatherさん(@floydmayweather)がシェアした投稿 –

フロイドメイウェザーvs那須川天心の試合結果

 

試合を見た方は知っていますでしょうが、

格の違いというより体格差はあきらかで、プロボクシングの元世界5階級制覇王者のフロイド・メイウェザーが、ボクシングルールのスペシャルエキシビション(3分3ラウンド)でキックボクサーの那須川天心と対戦し、1Rに3度のダウンを奪ってTKO勝ち。

 

フロイド・メイウェザーの試合後のコメントは、

 

「日本の皆さん。東京は素晴らしい。楽しんでもらえる試合を意識した。全ての人に感謝したい」。

プロボクシングで50戦50勝無敗を誇る最強の男。笑顔で挑発し、那須川の左が顔面をかすめると本気に。左フック、右フック、左フックでなぎ倒すように3度のダウンを奪うと、レフェリーが試合を止めた。

キック禁止に加え、体格差は明らかでマッチメーク自体に無謀なものを感じる後味の悪さが残った。
メイウェザーも「これはボクシングの公式戦ではない。天心はこれからも無敗のキックボクシングの王者。「私も引退している立場」と冷静に語った。泣き崩れる那須川に「素晴らしい格闘家として頭を高く上げろ」となぐさめたという。

 

YouTube

 

負けた那須川天心選手のコメント

 

屈辱の涙の敗戦。投稿では敗戦の事実を受け止め、気丈に胸中を明かしている。「無謀だと言われて闘った挑戦でした」と切り出した那須川は「結果は倒されてしまいましたが後悔はしてません」。さらに「自分の20年間でもメイウェザー選手に届かなかった。けれど勇気を持って前に出ました。闘ってくれたメイウェザー選手、ありがとうございました」と相手に敬意を示した。

「そして応援してくれた皆さん、本当にありがとうございました。」と感謝。「皆さんの思いは形に出来なかったけれど僕はこれからも挑戦し続けます 皆さん今年もよろしくお願いします」

 

「何度も立ち上がる姿に感動しました」「メイウェザーを絶対倒すという気持ちが伝わってきた」「何度も前に出る姿に涙」「平成最後に凄く勇気を貰いました!!」「男が惚れる漢です」「逃げずによく戦ってくれた」「勇者は敗者でも変わらんよ!!」「2019年の神童も期待してます!」など、半日あまりで7万件超の「いいね!」と4000件のコメントが殺到。

 

今まで一度も負けたことが無かった那須川選手。この経験が今後に活かされるのか?それともさまざまな影響で恐怖感が身体に刻まれダメージが残ってしまうのか?わかりませんが、今後の活躍に期待したいです!

 

那須川天心VSメイウェザーの試合は八百長だったのか?

 

さまざまな角度で検証した結果、試合自体は八百長では無かったと思います!ただこの試合が仕組まれたことが八百長?!と言えるかも知れません。

 

天心が「絶対に倒す」と宣言する一方、メイウェザーは「リアルファイトじゃない」と冷めた調子で言い放っています。この温度差は、どう解釈すればいいんでしょうか?

石井:メイウェザーとしては、そうコメントするしかないんです。「俺が真剣勝負をするんだったら、こんな金額ではやれない」っていうことを暗にアピールする必要があるわけですから。本人も言っているように、これからメイウェザーは世界中で稼ぐつもりなんですね。たとえばRIZINに20億円で上がったとします。それでONEから「じゃあ、うちにも20億円で出てよ」って言われる。そのとき、「何言ってるの? あれは3Rのエキシビジョンだから。真剣勝負だったら、30億円どころか300億円だよ」ってことで、さらに金額を跳ね上げたい。それが交渉というものですよ。RIZIN側からしたら、やたらとエキシビジョンであることを強調するメイウェザーの態度は面白くないでしょう。でもエキシビジョンだからこそ、10億や20億円のお金で済むのも事実であってね。

日刊SPA「メイウェザーVS那須川天心はなぜ実現できたのか? 裏事情を元K-1石井館長がガチンコ予想」より引用。

 

それでもわずかな時間でしたが、ハラハラドキドキしながら試合が見れたことは紅白よりも面白かったです!

 

まとめ

 

2018年大晦日「RIZIN.14」スペシャルエキシビション。

 

プロボクシングの元世界5階級制覇王者のフロイド・メイウェザーが、ボクシングルールのスペシャルエキシビション(3分3ラウンド)でキックボクサーの那須川天心と対戦し、1Rに3度のダウンを奪ってTKO勝ちしましたが、本当に悔しい思いと悲しい思い、そしてフロイド・メイウェザーの強さと那須川天心の勇気を見ることが出来ました。

 

試合自体についてもボクシングルールで圧倒的な不利な状況での無謀な試合でしたが、試合自体は楽しむことが出来ました。あっけなく終わったのは残念でしたが!

 

八百長問題も出ていますが、試合自体は本当に真剣勝負だったと思います!舐めたメイウェザーをダウンしてほしかったですが!

メイウェザーのさまざまな問題発言や行動がさまざまな憶測を呼んでいますが、関係者のみんなが頑張って実現したこの試合。

 

何を八百長というのか?わかりませんが、この試合が成立したことを喜ぶべきなのでは無いかな~という気がします!

 

 

コメント