NHK2020ソング「カイト」歌詞と意味は?MVロケ地はどこ?発売日は?

ニュース
スポンサーリンク

こんにちは。今年のNHK紅白歌合戦には米津玄氏はどうやら出ないようですが(今のところは)米津玄師)が作詞作曲を手がけた楽曲「カイト」を、嵐が初披露するとのことで存在感抜群ですね!これなら紅白に出なくても出たに等しい感じです!そしてそのカイトの歌詞と意味、MVロケ地について現在わかっている情報を調べてみました。

 

スポンサーリンク

米津玄師 作詞作曲「カイト」

NHKが、「NHK2020ソング」として、東京2020オリンピック・パラリンピックが開催される2020年、そしてその先の未来に向け、アスリートやこれからの時代を担っていく若い世代を応援する楽曲を、嵐と米津玄師のコラボレーションでお届けすることが決定致しました。

米津玄師が作詞・作曲。嵐が歌唱。曲は「カイト」というタイトルです。

NHKは、この「カイト」を、スポーツに限らず様々な番組やサービスで使用していきます。東京2020オリンピック・パラリンピックをきっかけに全国各地でみられるであろう、感動のシーン、挑戦のシーンとともにこの楽曲が紹介されることで、視聴者のみなさんの心が明るくなり、世界がより良い方向に進んでほしい、そんな思いを込めています。
嵐は第70回NHK紅白歌合戦でこの曲を初めて披露します。2020年への扉を開くこの番組で、5人はどんなパフォーマンスを見せるのか、ご期待下さい。

 

相葉雅紀氏(嵐)

この度、僕たち嵐がNHK2020ソングを歌わせていただく事になりました。
また今回米津さんとコラボレーションさせて頂いたこと、大変光栄に思っています。
米津さんが作って下さったこの曲は、頑張っている人が救われるような優しさにあふれていて、歌っていてとても感動しました。この曲でオリンピック・パラリンピックをはじめ、2020年の日本全体を盛り上げられるよう心を込めて歌わせていただきます。

米津玄師

僕が子供の頃から変わらず活動してきた嵐の休止前ラストイヤー、
その一幕に関われることをとても光栄に感じています。
カイトは長く残る曲になってほしいと願いながら制作しました。
どうか広く行き届きますように。

 

お二人はこのように言われています。今年の米津玄師さんは大ヒットした「パプリカ」や「馬と鹿」そして「海の幽霊」など本当に素敵な曲を作られています。今回の「カイト」も楽しみです!

米津玄師 MV「パプリカ」Kenshi Yonezu / Paprika
米津玄師 MV「馬と鹿」Uma to Shika
米津玄師 MV「海の幽霊」Spirits of the Sea

歌詞と意味は?

現在のところまだ情報は出ていません。わかり次第追記したいと思います。

カイトは一般的に凧の意味ですが、(たこ)とは、糸で牽引して揚力を起こし、空中に飛揚させる物。木や竹などの骨組みに紙、布、ビニールなどを張って、紐で反りや形を整えて作られる。世界各地にある。日本では正月の遊びとして知られ、古語あるいは地方名で紙鳶(しえん)、ハタ、いか(イカ)などとも言う。

このような意味を考慮しつつ、感動シーンや挑戦シーンでこの楽曲を流し心が明るくなり、世界がより良い方向に進んでほしいという思いがあるようなので楽しみです!

 

MVロケ地はどこ?発売日は?

こちらについてもわかり次第追記したいと思います。

毎回米津玄氏さんは突然の発表の仕方なので、紅白の始まる前くらいにいきなり発表!もあるかな???

まとめ

NHK2020ソング「カイト」歌詞と意味は?MVロケ地はどこ?発売日は?について記事にしました。本当に楽しみです!

コメント