ノーサイド・ゲームで紹介された『ハカ』とは?種類はあるの?ラグビーだけ?

スポーツ
スポンサーリンク

こんにちは。ノーサイド・ゲームの中で紹介された『ハカ』皆さんご存じでしょうか?ラグビーファンなら誰しも知っていますが、ラグビーを知らない人は?ですよね。そこで『ハカ』について調べてみました。

スポンサーリンク

ハカ(HaKa)とは?

本来はマオリ族(ニュージーランドの先住民族)の戦士が戦いの前に、手を叩き足を踏み鳴らし自らの力を誇示し、相手を威嚇する舞踊である。

現在では国賓や海外からの渡航者を歓迎する舞として披露されるほか、ラグビーニュージーランド代表(オールブラックス)が国際試合前に舞う民族舞踊として有名である。英語で「ウォークライ(War Cry(闘いの雄叫び、日本語で「ときの声」)と呼ばれる。

ニュージーランドでは一般的な民族舞踊であり、現在では相手に対し敬意や感謝の意を表する舞として披露されることから、結婚式、卒業式、開会式、歓迎式典など、あらゆる場面で目にする機会が多い。死者の御霊を供養し哀悼の意を表す形として葬儀でハカを舞うこともある。

と言われています。

このようにラグビー以外でもハカを躍るようです!

ハカの歴史

「ハカの歴史」の画像検索結果

伝承によるとラグビーニュージーランド代表(オールブラックス)のハカ、カマテは1810年にンガティトア部族長のテ・ラウパラハ(英語版)が踊ったものである。

テ・ラウパラハは敵に追われて、地下の食料庫に逃げ込み隠れていた。這い出してみると目の前に人がおり、殺されると観念したが、幸運なことにテ・ラウパラハと親しい部族の長であった。

救出された喜びと感謝の気持ちを込めて踊ったものがカマテである。

1905年のイギリス遠征の際にオールブラックスが戦いの踊りの要素を取り入れたものを初めて踊り、以後代表チームに受け継がれることとなる。

試合前にハカを舞う意味は、オールブラックスはこの対戦を受け入れ、対戦を望んでくれたチームに対し敬意を表する意が込められている。

2005年8月28日、トライネイションズの対南アフリカ戦において、新しいハカ、カパ・オ・パンゴ(Kapa o Pangoが突如披露された。

このハカは、終幕に首を切るようなジェスチャーが含まれ問題視されたが、オールブラックスから「相手の首を切る挑発的な意味ではなく、自らの首をかけて戦う意気込みを示すもの」との趣旨の説明があるなど議論が重ねられ、現在では、首を切るジェスチャーが維持されている。

 

トンガ代表シピタウ(英語版)

サモア代表シヴァタウ(英語版)

フィジー代表はシビ(Cibi)

パシフィック・アイランドのチームにもそれぞれのウォークライが存在

3カ国選抜チームのパシフィック・アイランダーズも独自のウォークライを持つ。

 

ハカの種類は?

上記のように色々な種類があるのですが、オールブラックスのハカは「カマテ(Ka Mate)」と「カパオパンゴ(Kapa O Pango)」の2種類ある。

カマテ(Ka Mate)

Taringa Whakaraong!
(よく聞け!)
Kia rite!Kia rite!
(準備しろ!)
Kia mau hi!
(強く握れ!)
Ringa ringa pakia!
(手を叩け!)
Waewae takahia kia kino nei hoki Kia Kino hei hoki!
(強く足を踏み鳴らせ!)

Ka mate! Ka mate!
(私は死ぬ!私は死ぬ!)
Ka ora! Ka ora!
(私は生きる!私は生きる!)
Ka mate! Ka mate!
(私は死ぬ!私は死ぬ!)
Ka ora! Ka ora!
(私は生きる!私は生きる!)
Tenei te tangata puhuruhuru
(見よ、この勇気ある者を)
Nana nei i te tiki mai,
(ここにいる毛深い男が)
Whakawhiti te ra!
(再び太陽を輝かせる!)
A upane! ka upane!
(一歩はしごを上へ!さらに一歩上へ!)
A upane, ka upane
(そして最後の一歩、そして外へ一歩!)
Whiti te ra!
(太陽の光の中へ!)
Hī! (昇れ!)

ノーサイド・ゲームで紹介されたハカはこちらですね!

意味が深いな~

「カパオパンゴ」(Kapa O Pango)

Taringa Whakarongo!
(よく聞け!)
Kia Rite! Kia Rite! Kia Mau!Hi!
(準備して並べ!)

Kapa O Pango kia whakawhenua au I ahau!
(オールブラックスよ、国をひとつにさせてくれ!)
Hi aue ii!
(今だ!)
Ko Aotearoa e ngunguru nei!
(鳴動する我らの国よ!)
Au, au aue ha!
(今こそ、我が奮起する時!)
Ko Kapa O Pango e ngunguru nei!
(それこそが我らをオールブラックスたらしめる!)
Au, au, aue ha!
(今こそが その時だ!)
I ahaha!
(輝く時だ!)
Ka tu te ihiihi
(我々が支配し)
Ka tu te wanawana
(その優位は偉大なる勝利となり)
Ki runga ki te rangi e tu iho nei, tu iho nei ihi !
(敬われ高く掲げられる)
Ponga ra!
(シルバーファーン!)
Kapa O Pango, aue hi!
(我々はオールブラックス!)
Ponga ra!
(シルバーファーン!)
Kapa o Pango, aue hi!
(我々はオールブラックス!)

こちらはチームとしての意味合いが強いようですね!

結婚式でのハカ

やはり結婚式では少し雰囲気が違いますね!

スポンサーリンク

まとめ

ノーサイド・ゲームで紹介された『ハカ』とは?種類はあるの?ラグビーだけ?についての記事を書きましたが、ハカの歴史って凄いですね!ノーサイドの意味やハカなどラグビーも試合だけで無く、歴史等を知ると本当にハマりますね!

 

スポンサーリンク
スポーツ
スポンサーリンク
stillnessをフォローする
stillnessのなんでも語るブログ

コメント

  1. […] […]