登戸通り魔事件犯人顔写真・勤務先特定?動機はカリタス小学校への恨み?

ニュース
スポンサーリンク

こんにちは。今朝はとんでもない通り魔事件のニュースが飛び込んできました。51才の男性がスクールバスを待っていた小学生らに近づき、刃物で次々と刺したそうで、小学生16人と近くにいた成人2人の計18人が襲われ、小学6年生の女児と別の小学生の保護者とみられる30代男性の計2人が死亡。40代女性1人、小学生女児2人の計3人が重傷を負った。との事。

 

言葉が出ません。酷すぎます。。。

 

スポンサーリンク

通り魔事件の概要

28日午前7時45分ごろ、川崎市多摩区登戸新町の小田急線登戸駅周辺で、スクールバスを待っていた私立カリタス小学校=同区=の児童ら19人が男に次々と刺され、小学6年の栗林華子さん(11)=東京都多摩市桜ケ丘=と別の児童の父親小山智史さん(39)=世田谷区=が死亡した。

男は川崎市内に住む51歳とみられ、現場で自分の首を刺し、搬送先の病院で死亡が確認された。当時、包丁4本を所持しており、神奈川県警捜査1課は計画的に児童らを襲ったとみて、殺人の疑いで動機などを調べる。

 

現場は小田急線登戸駅の近くで、県警によると同駅から北西に約1・5キロにある私立「カリタス小学校」(川崎市多摩区中野島)のスクールバスを待っていた小学生らが襲われたとみられる。小学生らを迎えに来たバスの運転手は「両手に包丁を持った男が西からバスに向かってきて、いきなり並んでいる子どもを刺した」と話しており、運転手が男に「何をしている」と言うと、男はその場で自分の首を切ったという。

バス停の西側にあるコンビニエンスストア周辺に血痕があり、死亡した30代男性と重傷の40代女性はこの辺りで襲われた可能性がある。

川崎市消防局によると、負傷者らは聖マリアンナ医科大病院や川崎市立多摩病院、新百合ケ丘総合病院、日本医科大武蔵小杉病院に搬送されて治療を受けた。死亡した女児と30代男性が搬送された武蔵小杉病院によると、2人とも首を深く切られていた。

目撃情報によると、現場付近の歩道には少なくとも約50メートルにわたって複数の被害者が倒れていた。バス停の近くに止まっていたスクールバスのそばに小学生とみられる女児が倒れ、その西側に大人2人が倒れていた。心臓マッサージを受けている被害者もおり、腹部周辺に血がにじんでいたという。

神奈川県私学振興課によると、カリタス小学校(内藤貞子校長)は、学校法人カリタス学園が1963年に設立した。カトリック教育を重視し、系列の幼稚園や中学校、高校がある。昨年度の児童数は647人(男子63人、女子584人)。小田急線・JR線の登戸駅から学園まで、スクールバスを運行している。【池田直、国本愛】

 

犯人の顔写真・勤務先等

現在のところ51才の男性との事しかわかっておりません。犯人は自分の首を切って亡くなっているのではっきりとした事がわかるのは時間がかかると思います。

追記 犯人の名前は岩崎隆一とのこと。

川崎市多摩区で28日に起きた無差別殺傷事件。犯行後に自らを刺して死んだ岩崎隆一容疑者(51)は、川崎市麻生区の住宅街の一軒家で高齢の伯父夫婦と3人暮らしだったという。近所とトラブルを起こすこともあったようだ。

「伸びた葉っぱが当たった」。隣家の40代女性は、約1年前、岩崎容疑者からこう怒鳴られたという。岩崎容疑者は午前6時ごろに女性宅のインターホンを何度も鳴らしたうえ、「庭の木の葉がフェンスから飛び出し、道を歩いていた自分に当たった」と言ってきた。対応した女性の夫との口論は約30分間にも及び、女性は「いつか何かされるかも」と恐怖を感じていたという。

岩崎容疑者は、小学校入学前後に伯父夫婦に引き取られてきたといい、近隣住民には「複雑な境遇で育った子」として知られていた。幼少期を知る男性は「まだあどけないのに、かわいそうだなと思っていた」と話す。ただ、「他人の家に勝手に入り込み、金魚鉢をのぞくような変わった子だった」とも明かす。

近隣住民によると、10代後半で家を出たが、近年、また家に戻っていたという。近くに住む主婦は、事件の数日前に1人で買い物から帰ってくる姿を目撃した。「すっかり白髪が増えて、猫背でうつむきながら歩いていた」と話す。別の男性は「まさかこんな事件を起こすとは…」と驚きを隠せない様子だった。

やはり!という感じですね。。。

 

このような意見も。。

 

過去の通り魔事件でほぼ犯人は精神的に色々な問題を抱えており、それがもともと病院等へ通っていて明らかに精神的な疾患がある場合は精神疾患のせいになるが、そうは言っても刑事責任能力は多くの場合はあるとみなす事が多い。

仮に刑事責任能力が無かったとしても、これだけの事件を起こしているのだから問題である。

その前に、死んでしまっては何も本当の事がわからないのが問題。

犯人が特定され勤務先もわかったとしても犯人がなぜ犯行に及んだのか?その背景がわかるためには家族歴や生育歴等が必要。この犯人の顔写真を見て「こいつ誰々じゃん!」って知っている人がその人の事を語ってくれると少しはその人の人物像が見えてくるかも。。。もし会社勤めしていたのなら会社の同僚の声も聞いてみたい。

問題はこの犯人の家庭や家族がこの事件によってさまざま批判を受け、社会的に辛い思いをするのは悲しい出来事と思う。もし家族や家庭の中で事件を未然に防ぐ事が出来る状況だったのなら、家族や家庭も辛い思いをしているのだろうな~と想像する。

こういう事件の記事を書くとついついそのような事を感じてしまいます。。。

犯行動機はカリタス小学校への恨み?

一部の報道では騒音がうるさかった!せいとの報道もありますがどうなのでしょうか?

カリタス小学校

 

「カリタス小学校」の画像検索結果

カリタス小学校は、神奈川県川崎市多摩区中野島にある私立(キリスト教カトリック系)の小学校。1963年創立。カリタス幼稚園・カリタス女子中学高等学校・カリタス女子短期大学は系列校。

教育目標

  • 神を信じ、人と生き物をいつくしむ
  • 互いに磨きあって深く考え、創り出していく
  • 良心の声にしたがって判断し、実行する

同校出身者に紺野美沙子さんがいる。

 

 

追記(5月30日)

岩崎隆一が亡くなっているため真相は闇の中ですがドンドン新しい情報が入ってきてます。

今回の犯行について、岩崎の実家近くに住む近隣住民は、彼の家族構成に関係があるのではないか、と語る。電話口で怒鳴っていた“父親”とは、「実の父子ではない」という。

隆一が小学生の時に両親が離婚し、彼だけがこの家に預けられた、と聞いています。関係は、父方の兄夫婦だとか。養子に入ったという話もあります。私たちは彼のことを“居候”と呼んでいました。」

隆一の実の親が顔を見に来た記憶はないですね。彼はここに来た時から屈折していたというか、変わった子でした。『金魚鉢の金魚を見たいから』なんて言って、他人の家に勝手に侵入したことが何度もありました。高校に入ってからは引きこもっていたとかで、再び姿を見かけるようになったのは、ここ1~2年だと思います。日中はほとんど姿を見せず、深夜から早朝にかけて外出しているようでした。去年の夏には、朝の5時半頃に、近所の家に庭の木が邪魔だと怒鳴り込んだみたいで、近隣住民のなかには“クレーマー居候”なんて言う人までいました」

実家には、ほかにも岩崎と同世代の男女が暮らしていたという。

「その2人は兄夫婦の実子ですよ。隆一から見たら、“兄妹”になるのでしょうか。あの家では彼だけが実の子ではなく、居心地はよくなかったのではないか。実はその“兄”が、子供の頃、カリタス小学校に通っていたという話ですよ」(前出・近隣住民)

事件の約1時間前、岩崎に会ったという近隣住民が青ざめた表情で言う。

「家の玄関を開けた隆一が走ってきて、『おはようございます!』と笑顔で頭を下げたんです。姿を見るのは1年ぶりぐらいで、これまで挨拶なんてしなかったから驚きました。彼はリュックを背負っていたが、その中に包丁を忍ばせ事件現場に向かう途中だと思ったらゾッとしました」

再び、冒頭の会話に戻ろう。岩崎容疑者の“父親“はこう話した。

「(岩崎はふだん家に)いるような、いないようなだね。一緒に暮らしてるってもんじゃないよ。甥っ子のことはわかんないよ!」

幼い頃から“父親”として暮らしてきた相手に突き放された51才の男の理不尽な狂気は、無邪気な児童たちと保護者の罪なき命を奪った。

この辺りの事も関係してカリタス小学校をターゲットにしたのかどうかも今となってはわかりませんが、、、、

まとめ

まだまだ犯人が特定出来ておりませんが、先ずは犯人の情報がはっきりとわかりその背景が見えてきたとき、何が起きたのか?わかってくると思います。

 

本当に被害に遭われた方々のご冥福をお祈りします。

 

コメント