ラグビーW杯2019初心者にもわかるルール・得点・ポジション解説まとめ!

ラグビーワールドカップ
スポンサーリンク

こんにちは。ラグビーW杯2019がいよいよ始まりますが、ラグビーの試合を見ていると本当にルールや得点方法ポジションを知らなくてもワクワクしますが、折角ならルールや得点方法・ポジションをしっかりと理解した方が絶対に面白いと思います!そこで初心者にもわかるルール等についての解説をまとめてみました。

スポンサーリンク

ラグビーのポジション

ラグビーは15人それぞれにポジションが決まっています。

大きく分けると、フォワード(FW)と呼ばれる前の8人と、バックス(BK)と呼ばれる後ろの7人に分けられます。

フォワード8人はスクラムを組むメンバー

フォワード最前列で相手フォワードと組み合う3人を「フロントロー」、その後ろで支える2人を「セカンドロー」、スクラム最後列で押し込む3人を「サードロー」と呼びます。

現在の実際の配列は「前列3人/中列4人/後列1人」となりましたが、呼び名は上記のままです。

バックスは「ハーフバックス」「スリークォーターバックス」「フルバック」と3つに分けられます。

ラグビーのルール 第1巻 ポジション篇 feat. Kishiboy
「ラグビー早わかりガイド」初級編

ラグビーのルール・得点方法

世界一分かりやすいラグビールール解説動画

少し動画が長すぎるので大変かも知れませんが、わかりやすいです。

1チーム15人のプレーヤーが相手チームと1つのボールを奪い合い、ゴールラインに向かって相手陣地に攻め入ります。

ボールを持っての単独突破やキック、チーム一丸となったパスワークや押し合いにより、陣地を広げつつボールを前進させて行くところから、「陣取りゲーム」とも言われます。

そして相手ゴールラインの向こう側(インゴール)にボールを持ち込み、地面につければトライとなり得点が入ります。両チームの選手達は、このトライを得るために、お互い体をぶつけ合い、ボールを奪い合って攻防を繰り返すのです。

試合時間は、前半40分・後半40分。前半終了後に10分間のハーフタイムをとります。
試合終了後は「ノーサイド」となり、敵味方の区別なく互いの健闘を讃えあいます。

 

得点の方法・種類

ラグビーをもっと楽しむために「得点方法」

トライによる得点

トライ・・・5点

相手陣インゴールの地面に、ボールを着けるとトライとなります。さらに、トライをした場所から自陣に向かい真っすぐ下がった場所から、コンバージョンキックの機会が与えられます。

ペナルティトライ・・・7点

相手チームの反則がなければ、間違いなくトライと認められた場合に限り、ゴールポストの中央にペナルティトライが与えられます。通常のトライと異なり、コンバージョンキックは行いません。

キックによる得点

コンバージョンゴール・・・2点

トライをすると、コンバージョンキックの機会が与えられます。トライをした位置の延長線上から、ゴールポストにボールを蹴り込みます。ゴールポストのクロスバー上を超えると得点となります。

ペナルティゴール・・・3点

相手チームがペナルティを犯した場合、その地点からゴールポストを狙うキックを選ぶことができます。ゴールポストのクロスバー上を超えると得点となります。

ドロップゴール・・・3点

プレーの最中にボールを地面にワンバウンドさせて蹴ることで、直接ゴールポストを狙うことができます。ゴールポストのクロスバー上を超えると得点となります。

反則とペナルティー

「ラグビー早わかりガイド」中級編
重い反則

相手チームにペナルティキックの権利。反則を犯したチームはその地点より10m下がらなくてはいけません。
※相手チームの選択により、スクラムやラインアウトから再開する場合もあります。

やや重い反則

相手チームにフリーキックの権利。反則を犯したチームはその地点より10m下がらなくてはいけません。
※相手チームの選択により、スクラムやラインアウトから再開する場合もあります。

軽い反則

相手チームのスクラムから再開。

ここまで見ていくとわかりやすいのですが、複雑すぎて覚えられないですね。。。(苦笑)

逆に複雑だから面白いのですが。。。

戦術

「ラグビー早わかりガイド」上級編

基本的なルール等がわかるとこの戦術が最も面白い部分になると思います。

これがわかると本当に面白いでしょうね!

まとめ

ラグビーW杯2019初心者にもわかるルール・得点・ポジション解説まとめ!について記事にしました。やはり何度も試合を見ないとわかりませんね!

コメント