Ray of Water(国民祭典奉祝曲)歌詞が素敵!意味は?Twitterの反応は?

ニュース
スポンサーリンク

こんにちは。今日は【天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典】が行われ先程終了しましたが、嵐が歌ったRay of Water本当に素敵でしたね!そこで早速歌詞や意味を調べてみました!

 

スポンサーリンク

Ray of Water(国民祭典奉祝曲)歌詞

意味は?

これからはっきりしたことがわかると思うので、わかり次第追記したいと思います。

何となくですが雅子さまと関係しているような気がしています?!

天皇陛下のテーマが「水」なのでそれと絡めた感じかな?

皇室の皆様は、それぞれ研究のテーマを持たれている。
昭和天皇は、生物学者としてヒドロ虫類や粘菌をご研究。
今の陛下(平成天応)は、魚類学者としてハゼ類の分類のほか、皇居におけるタヌキの生態についても研究をされている。
皇太子(現天皇)さまが大学生時代から研究を続けられている「水」というテーマは今や「水問題」として大きな広がりを見せているのだ。

 

『天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典』が9日、皇居前広場で行われ、奉祝曲「Ray of Water」が披露された。3部構成で約13分の組曲となり、天皇陛下の長年の研究分野である「水」がテーマとなった。組曲の各楽章タイトルも明かされ、オーケストラ演奏の第一楽章が「海神」、辻井伸行氏がピアノで演奏をした第二楽章が「虹の子ども」、脚本家・岡田惠和氏が作詞、作編曲家・菅野よう子氏が作曲した第三楽章が「Journey to Harmony」で、これを人気グループ・嵐が熱唱した。

国民祭典のコンセプトは、新しい時代に向け陛下が常に祈念している世界平和、その根源となる「水」、人と人との「絆」。さらに、次世代を担う子どもたちの元気な姿を舞台上で表現し、会場の参加者全員が一体となって、国民とともに歩まれる陛下を寿ぎ、その凛々しい姿を国内外に発信していくもので、コンセプト通り、奉祝曲「Ray of Water」のタイトルに「水」が含まれた。

第三楽章「Journey to Harmony」は、歌詞に「君」の言葉が多く使われており、同時に「岩」「水」「花」「大河」「しずく」「雨」「空」「海」など自然を強調している内容となって、滑らかでゆったりとしたメロディーにあわせて嵐によって歌い上げられた。

Twitterの反応は?

本当に素晴らしかったです!

まとめ

Ray of Water(国民祭典奉祝曲)歌詞が素敵!意味は?Twitterの反応は?について速報で記事にしました。

 

 

コメント