ロシア武術システマのローリングの重要性について

ロシア武術システマ
スポンサーリンク

こんにちは。スティルネスです。

今回はシステマを学ぶ上で大事だと思うローリング(システマ式受け身)について書いてみたいと思います。

 

以前他のグループのインストラクターをお招きした際、「最近入会した人はローリングが出来ない人がいる。」とのことで、システマのワークの中でローリングが出来ないと、テイクダウン(倒される)された時や野外でのワークの際ケガをする可能性があるので、4原則以上に絶対に身に付けなければいけません。

 

スポンサーリンク

ローリングの実際

 

ローリングを言葉で説明するのは非常に難しく、やはり動画を見てもらうのが一番です!

 

それでも無理矢理書くと(笑)前方へ廻る時(フロントロール)どちらか一方の腕を横に出し、その腕を内回しに捻っていきます。そしてその動きと共に、肩の後面から背中の斜め方向を接触していく感じなのですが理解出来ますでしょうか?(苦笑)

 

顔は腕を横に出した反対側に向けます。

頭は地面につかない方が安全ですが自然と接触ぐらいはするかも知れません。

これを左右同じように出来るかどうか?

だいたいやりやすい方とやりにくい方がありますが、どちらも同じように出来るように練習あるのみです。

 

痛めるのは嫌ですが、固い床の上でやる方が上達します!

 

固いところでも痛くなく出来るかどうか?で上達具合がわかります。

 

そして初めは難しいのですが、いかに音をたてずに静かに行えるか?そして超スローモーションでローリング中ずっと動き続ける事が出来るか?

 

本当に上手に行うのは難しいです!

 

後ろ回りはその反対。(笑)

 

特にバックロールは、4大運動のレッグレイズを丁寧にゆっくりと行う事が出来るかどうかが、上達の秘訣になります。

 

具体的な練習方法

 

先ずは普通に床または畳の上で、練習します。

 

それから慣れてきたら、2人組で1人が四つ這いで(四つ這いが高さが高いようでしたら、丸まった姿勢から始めてもOK)その上に腹ばいに乗り、そこから前にローリング。

 

次に四つ這いの上に座りそこから後ろへバックロール。

 

この練習方法は地味ですが非常に役立つトレーニングです。フロントロールはまだやりやすいかも知れませんが、バックロールは若干怖さを感じます。怖さを感じた時に身体の何処が緊張しているか?しっかりと自分の身体の状態を感じる事。

 

そして怖さ・恐怖感があると呼吸が止まったり、浅くなっています。それに気づいて呼吸をしっかり行う事。そこからゆっくりと後ろへ倒れていきましょう~。

それでも怖い場合は、お尻を静かにズリ下げてそこからバックロールしてもOKです。

 

このトレーニングに慣れたら、今度は立った状態で、1人が正面に立ち、その人を押し倒します。押し倒された人は、そこからバックロール。コツは、お尻を自分の足下(踵)(後ろ足)に近づけるようにする事で安全にバックロール出来ます。

今度は後ろ向きで立ち背中を押してもらいフロントロール。この場合は高さがあるので、合気道的な受け身になりがちですね。。。(僕の場合)

 

基本的なローリングの練習が出来たら、今度は2人一組や多人数で相手の上をゴロゴロと転がるワークで人の上に乗ったり、乗られたり、障害物のある中でのローリングの練習は効果的です。

 

ただ下手くそな人と行うと「ドスン!」とお尻が落ちてくる事があるので注意が必要です。(苦笑)

他の人に迷惑を掛けない為にも上手になろう!と思うのですが、下手くそでも受け手の受けの練習になりますので気にせずに!(笑)痛いのは受け方が悪い!とシステマでは考えます。

 

まとめ

 

システマのトレーニングの中でローリングは非常に大事なテクニック(技術・技)です。

 

自分自身が怪我をしないためにも、必ずマスターしなければいけません。

 

システマの全てのワークでは、ローリング(受け身)ができる事が前提で、トレーニングが進みますから、先ずはローリングが出来るように、そして初心者には必ずローリングの基礎を伝える事が指導者側には必要です。

長くシステマをしている人ほど、ローリングの練習をしなくなりますから、基本に振り返る事が大事です。

 

コメント