ルパン三世CGは面白くない?評価と感想まとめ!観客動員数と興行収入は?

映画
スポンサーリンク

こんにちは。本日12月6日よりついに「ルパン三世 THE FIRST」が公開されましたが、今回はシリーズ初となる3DCGアニメーションで23年ぶりとなる劇場版との事で、期待大の作品ですが、面白くない!という声が聞かれ、実際どうなのか?評価や感想を調べてみました。そして観客動員数と興行収入についても。

スポンサーリンク

映画『ルパン三世 THE FIRST』

映画『ルパン三世 THE FIRST』本編映像一部公開【12月6日(金)公開】

12/6(金)ロードショー! 映画公式サイトはこちら https://lupin-3rd-movie.com/

ルパン三世:栗田貫一

次元大介:小林清志

石川五ェ門:浪川大輔

峰不二子:沢城みゆき

銭型警部:山寺宏一

レティシア:広瀬すず

ランベール:吉田鋼太郎

ゲラルト:藤原竜也

原作:モンキー・パンチ

監督・脚本:山崎貴

音楽:大野雄二

Ⓒモンキー・パンチ/2019映画「ルパン三世」製作委員会

原作者のモンキー・パンチは予てから『ルパン三世』の3DCGアニメーションの構想を持っており、2010年夏には本作と同じマーザ・アニメーションプラネットによる短編のパイロットフィルムが制作された(この映像はOVA『ルパン三世 Master File』の秘蔵映像集に収録されている)。

本作では、ルパン一世であるアルセーヌ・ルパンも盗み出すことができず、第二次世界大戦中にはナチスがその行方を追い求めたという伝説のお宝「ブレッソン・ダイアリー」に挑むルパン達の活躍を描いている。

サブタイトルの「THE FIRST」は、「3DCGルパンの初お披露目」「世界で一番になるんだ!という願い」「ルパン一世にまつわる物語」という意味を込め、スタッフで話し合って決めたものだという。

ルパン三世は子供の頃から見ており大好きな作品ですが、今回3DCGの作品でぱっと見がオモチャのようで違和感しかありませんが、ずっと見ていると慣れてきて気にならなくなるのかも知れません。

3DCGとは。3次元コンピュータグラフィックス(さんじげんコンピュータグラフィックス、英語: three-dimensional computer graphics, 3DCG)は、コンピュータの演算によって3次元空間内の仮想的な立体物を2次元である平面上の情報に変換することで奥行き感のある画像を作る手法である。

 

評価と感想は?

タダ券もらったから行ったけど、お金払ってみるには厳しいレベル。ドラクエの方が俺は好きだったなー。ガチガチの大人向け内容なので子供には厳しいです。

映画館でボッチで見てきました。アナ雪見た後にこれは厳しいわ。日本のCGの進化は感じましたがただそれだけ。全く何も残らない。。これを見に行くのは関係者だけでしょうね。

ルパン三世にハズレなかった。
冒険アドベンチャーのストーリーで面白かった。
3Dねも違和感無し。

予告に惚れて初日に観に行きました。
大変満足ができる作品です。

キャラそれぞれにキチンと見せ場があり、3Dだからこそのアクションもふんだんに盛り込まれており、飽きない90分間でした。

あちこちに原作のオマージュらしきシーンや音楽を感じることができ、長年ルパンファンだった方も楽しめると思います。

山崎監督といえば、ドラクエにて多くの非難を浴びていたことが記憶に新しいと思いますが、だからといって全ての作品にそれが通ずるものではないと思います。
観てもいないのに、監督だけで推測したレビューを読んでも、ただその人のつまらない物差しに付き合うだけです。

ただストーリーは予測できてしまうものでしたが、ルパン達のコミカルな掛け合いやアクションでカバーしてくれています。
ゲスト俳優の方々も良い味を出したおり、とくに吉田鋼太郎さんの声優はさすがでした。

やはり映画館でルパン三世のテーマを聞けるのはかなりの興奮です!
今までルパンに触れてこなかった方も楽しめる作品だと思いますので、ぜひご鑑賞ください!

 

96年以来ルパン単独の劇場版(Lupin the Ⅲrdシリーズは除く)は原作者モンキーパンチさんの夢であったフルCGルパン。もうこれが実現するというだけでもルパンファンの1人として非常に嬉しかったです!
監督はあの山崎貴さん。正直自分も最初「えっ、山崎監督がルパン!?」と思い期待と不安半々の気持ちで公開を待っていました。

そして本日観てきた感想としては、どの年代の方も楽しめるまさにド直球の王道ルパン三世です。
オープニングやタイプライターによるタイトル登場などは勿論、裏切る不二子や銭形との休戦協定などシリーズでのお約束がしっかり散りばめられています。CGもアニメと変わらないくらい動いて表情もかなり豊か!特にレーザーを避けるルパンは本当にカッコいいです!!

監督によって作風がかなり変わるのがルパン三世の特徴ですが、ここ10年くらいのルパン三世作品の中ではかなり良作だと思います。敢えて欠点を挙げるならストーリーが攻めじゃなく守りに入ってる感があるかなぁ…。
ルパンファンやルパンに馴染みがない方、特に観もせずにただ批判する方々 は是非劇場へ足を運んでみてくださいっ!

やはり賛否両論ありますね!

思ったよりも高評価かも知れません。

観客動員数と興行収入は?

現時点ではわかりませんのでわかり次第追記したいと思います。

まとめ

ルパン三世CGは面白くない?評価と感想まとめ!観客動員数と興行収入は?について記事にしました。思ったよりも面白そうです!(笑)

コメント