「3年A組今から皆さんは、人質です-」名言集!菅田将暉迫真の演技!

ドラマ
スポンサーリンク

こんにちは。第6話まで毎回生徒達を説教してます!その説教が今の時代に多くの若者が必要としているキーワードが含まれているように思います。

そこで今まで菅田将暉の名演技をまとめてみました。

ラストシーンは実ははじめに放送されていました。

スポンサーリンク

「3年A組今から皆さんは、人質です-」第1話

YouTube

【果たしてこれで良かったのか。
正解なんてない。
俺はこの10日間を全力で生き抜いた。
この瞬間をもって、俺の授業は完結する。】 3月10日

その後屋上から後ろ向きにダイブします。 ここからこのドラマが始まりました!

 

「過去の自分が!今の自分をつくる!だから、過去から逃げてるお前も!お前も!お前も!極めて幼稚なガキのまま成長が止まってるわけだ。そんなやつらが、一体何から卒業するっつうんだよ!いいか!聞け!!なぜ!景山澪奈は死ななければならなかったのか!これから、彼女の生き様を通して、お前らの考えがいかにもろく弱いものなのか!思い知らせてやる。そして!変わるんだ。悪意にまみれたナイフで、汚れなき弱者を傷つけないように。変わるんだよ!変わってくれ。。

 

「3年A組今から皆さんは、人質です-」第2話

YouTube

「そうだ。だからだよ。だから俺は、今この瞬間に、お前たちの教師になるために、ここにこうして立ってるんだ。宇佐美。お前に足りなかったものは、想像力だ。もし、自分の家の窓を割られたら。自分の服を切り裂かれたら。どんな思いをするのか。嘘の投稿で、いわれのない中傷を受けたら、どれほど傷つくのか。お前には、その痛みを想像できなかったんだ。いいか。お前は、そんな彼女の思いを踏みにじったんだ。それが痛みだ。その痛みを一生忘れんなよ。」

「3年A組今から皆さんは、人質です-」第3話

YouTube

「お前と景山に何があったのかはこの際どうでもいい。俺が知りたいのは1つだけだ。お前は本当に景山が苦しむ姿を見たかったのか?それがお前にとって、明日を生きる活力になったのか!?ここにいる二人もそうだ。真壁は自分が選手として復帰できなくなった時に、相手を憎むのではなく仲間をサポートする道を選んだ。熊沢だって本当は景山に対して複雑な思いを抱いていたはずだ。だけど、彼女に勝とうと努力をして負の感情をはね返した。里見お前はどうだ?逆境を乗り越えようとしたか?傷ついた悲しみを明日の活力に変えられなかった。それがお前の弱さだ!

 

 

「3年A組今から皆さんは、人質です-」第4話

YouTube

「いつまでそうやって被害者ぶってるつもりだ。お前がダンスを辞めなきゃいけなくなったのは家族のせいじゃない。お前が何もしなかったからだ。お前が抱いた悩みや苦しみを誰かにぶつけたか?仲間にクラスメートに教師に!どうしてもダンスがやりたい、誰か助けてくれって、お前はすがったか?」

「甘えてんじゃねぇぞ。お前は、景山の人生を狂わせた一人なんだよ。遅いなんて言わせない。景山のためにも真実を明かして、明日と闘え。あらがえ!もがいてつかめ!生きてるお前にはそれが出来るんだよ。」

 

f:id:ky01:20190130004608p:image

「3年A組今から皆さんは、人質です-」第5話

YouTube

「お前は間違ってない!みんな、お前と一緒だよ。迷ってもがいて途方に暮れて、それでも正解を求めて前を向く。進んで進んでダメなら、傷つきながら引き返す。で、また歯を食いしばって前を向く。みんなみっともないんだよ!でも、それでいい。それがいい!恥を繰り返して強くなるんだよ。っていうか、恥もかかずに強くなれると思うな!だから、諏訪。お前のこれまでは、誰がなんと言おうと絶対に間違ってない!

 

「3年A組今から皆さんは、人質です-」第6話

YouTube

 

「何がよかったんだ。おい。何がよかったんだ。お前が、この動画をネットに流そうとしたことに変わりはない、違うか?(でも…)でもじゃないんだよ。この動画が世間に広まったら、坪井先生がどんな目に遭ってたのか、よく考えたのか、なあ!考えたのか!お前の、不用意な発言で、身に覚えのない汚名を着せられ、本人が!家族が!友人が!傷つけられたかもしれないんだ。お前は、取り返しのつかないことをやろうとしたんだ、なあ!わかってんのか!』

 

『目を覚ませ!何がしょうがないんだよ、おい。何を反省してるんだよ!お前ら、いい加減目を覚ませ!変わってくれよ!何がいけなかったのか。上辺だけで物事を見ないで、よく考えるんだよ!目の前で起こってるものを!ちゃんと目で受け止めて、頭に叩き込んで、胸に刻むんだよ!お前らそれをしないから何回も何回も同じこと繰り返すんじゃねえのか。本質から目を背けたらダメなんだよ!なぁ水越、聞いてんのか?お前に言ってんだぞ!おい!水越、おい!お前に言ってんだよ!ちゃんと頭に叩き込んだか?なぁ。ちゃんと胸に刻んだか。聞いてんのか?お前たちはもう、感情に任せて、過ちを犯せる歳じゃないんだよ。それが許される歳じゃないんだよ!考えて!考えて考えて!答えを出すんだよ!だからもっと、だからもっと!自分の言葉に!自分の行動に!責任を持てよ。いいか。お前の他愛のない言葉ひとつで、誰かを救うことができるかもしれない、でもその一方で、傷つく誰かがいるかもしれないってことを忘れるな。お前の言葉ひとつで!簡単に!命を奪えるってことを忘れるな!いいな!お前らも絶対忘れるなよ。

 

昨日の名言 これが一番迫真でした!今の時代にぴったりな感じ。

まとめ

「3年A組今から皆さんは、人質です-」は、犯人は誰?真実は?という事で原作が無いので皆さん色々と想像するのが楽しく感じていますが、それ以上に心に突き刺さるのは菅田将暉迫真の演技と名言!!

 

第7話が楽しみです~♪

 

 

 

コメント