佐々木朗希(大船渡)海外の反応は?ドラフト何球団が指名?メジャー入りは?

高校野球
スポンサーリンク

こんにちは。今日大船渡高校の春季岩手大会沿岸南地区予選2回戦の住田戦に「4番投手」で先発し令和初登板した佐々木朗希選手。3回を投げ1安打無失点、4奪三振。最速は140キロでしたが試合は17-2で5回コールド勝ち県大会出場を決めたそうですが、163㎞を投げて今日の試合でもせめて150㎞は出るだろう~と見ていましたが140㎞に抑えて投げていたようですね!

夏の甲子園目指してこれからもっとピッチを上げてくると思いますが、これからも登板の度に話題になるでしょうね!それよりも気になるのはその後の進路!ドラフトで何球団が指名するのか?メジャー入りの可能性はあるのか?海外メジャースカウトの反応や評価を調べてみました。

 

スポンサーリンク

佐々木朗希(ささき ろうき)

住田対大船渡 力投する大船渡・佐々木(撮影・足立雅史)

生年月日 2001年(平13)11月3日、岩手・陸前高田市生まれ

競技歴 高田小3年で野球を始め、11年東日本大震災の影響で大船渡市に移住し、猪川小に転校。大船渡一中では軟式野球部に所属して、Kボール選抜「オール気仙」では全国大会出場。大船渡では1年夏からベンチ入り

身長、体重 190センチ、86キロ

目標とする選手 大谷翔平

高校四天王 星稜(石川)・奥川恭伸投手、横浜(神奈川)・及川雅貴投手、創志学園(岡山)・西純矢投手(いずれも3年)と「高校四天王」と称される。四天王の中では唯一、甲子園出場経験がない

投打 右投げ右打ち

家族 母陽子さん、兄琉希さん、弟怜希さん

好きなアイドル 福田愛依

詳しくはこちらをご覧下さい。

佐々木朗希(大船渡高)高校四天王夏の甲子園出場は?ドラフトは?

海外の反応は?

日本はこのような子供たちが継続的に着実に出てくるね。インフラをはじめ、さまざまな理由があるだろうが、率直に言って少し羨ましい。

日本はこのような子供たちが継続的に着実に出てくるね。インフラをはじめ、さまざまな理由があるだろうが、率直に言って少し羨ましい。

日本はこのような子供たちが継続的に着実に出てくるね。インフラをはじめ、さまざまな理由があるだろうが、率直に言って少し羨ましい。

今が163キロだが、プロに行ってバルクアップした後、何キロまで出るのか知りたいね。

大谷翔平、菊池遊星、佐々木朗希等、岩手県で怪物のような良い選手が出てきている。岩手県は韓国では農村部と言っていた。ハングリー精神で野球をしているのかな。100マイルの剛速球投手が次々出てきて驚いた。

日本は本当にモンスターが継続して出てくるようだ。ダルビッシュから大谷、今は佐々木も160キロが出るね。韓国野球ファンとしては本当に羨ましい限りである。これからもうまくいくことを願っている!

フィリーズの大慈弥環太平洋担当部長は「日本国内うんぬんではない。全世界の17、18歳世代を見ても、佐々木君は突出している。他の投手は比較にならないくらいの素材だと思う」と、世界一のお墨付きを与えた。

ツインズ・高橋国際スカウト「大谷以上になる期待が持てる。足の上げ方はノーラン・ライアンみたい。まだまだスピードが出る。スライダーやフォークもすごい。これこそ『何も言えねぇ』」

ロイヤルズ・大屋国際スカウト「マイル表示で99(約159キロ)が出たのは(元キューバ代表エースの)コントレラス以来。びっくりした。質のいい99マイル。きれいな直球を投げる。一番きれいなシャドーピッチングのモーションで球を放っている感じ」

 

ドラフトでは何球団が競合するのか?

今秋のドラフトではソフトバンクの永井智浩スカウト部長が「12球団競合でしょう」と話すように、野茂英雄(当時近鉄)らの最多8球団を上回るどころか、史上初の全球団指名もある逸材。既に日本ハムは1位の最有力候補に挙げており、大谷を育てた栗山監督は「大谷を高校2年の時に、(初めて)見て衝撃を受けたけど、(球速は)それ以上なんだよね」と興味津々である。佐々木は「国内でプロ一本です」と進路を決めているが、大慈弥部長らメジャー各球団のスカウトも熱視線を送り続ける。

多分12球団競合は無いでしょうが、6球団以上にはなりそうですね!

現在の予想では佐々木を1位指名する可能性がある球団は、ヤクルト・巨人・西武・ホークス・日ハム・楽天と言われていますが、今後の活躍等によって変わってくるでしょうね~

メジャ-入りの可能性は?

現時点では本人も国内でプロと言っていますがわからないですよね。。。

3月31日の作新学院戦(栃木)ではヤンキース、ブルージェイズ、ロイヤルズ、ツインズ、アスレチックス、フィリーズ、パイレーツ、パドレス、ジャイアンツ、ドジャースの10球団が視察に!

 

日本人投手はメジャー入りすると、必ずといっていいくらい肩肘の故障をする。ダルや田中や大谷がいい例です。メジャー公認球、硬いマウンド、中4日の登板間隔など日米の環境の差異もそうですが、育成システムの違いは大きいメジャーを目指すならいきなり行くのがベストだと佐々木も考えるようになる可能性はある」

「メジャーは日本のプロ野球のように、高卒選手にいきなり投げ込ませることはしない。佐々木が直接、メジャー挑戦する場合、来年5月までに必要書類を提出して事前登録を済ませ、7月に契約することになる。高卒1年目の選手は体づくりが主だし、それ以降も科学的なトレーニングを積んで徐々に階段を上がっていく。メジャー昇格はあくまでも体が出来上がってからで、それまでは投げる球数も厳しく制限されます。日本のプロ野球を経るより、故障リスクは間違いなく少ない。そんな背景があるからか、佐々木のメジャー志向が強くなることを本気で危惧する日本のプロ球団もあります

確かに故障の事を考えると、メジャー入りした方が良いのかも知れないな~と考えますね!

それを意識したせいか今日の試合でも監督がこのように言っていましたね!

まとめ

しばらくは令和の怪物佐々木朗希投手が登板する度に話題になるでしょうね!それにしても活躍すればするほど海外の反応やドラフト・メジャー入り等多くの情報が増えてきそうですね!

 

怪我無く活躍する事を願います!

 

 

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]