島内颯太郎(広島)2019成績と評価は?背番号と出身高校は?

カープ
スポンサーリンク

こんにちは。カープのオープン戦も昨日で終わり今週金曜日3月29日の開幕を待つだけになりましたね。昨年のドラフト2指名島内颯太郎投手がオープン戦を無失点で抑え、開幕一軍入りがほぼ確実になりましたね。そこで島内投手について調べてみました。

 

スポンサーリンク

島内颯太郎投手

生年月日(満年齢) 1996年10月14日(22歳) 出身地 福岡
身長/体重(血液型) 180cm/78kg(O型) 投打 右投げ右打ち
ドラフト年(順位) 2018年(2位) プロ通算年 1年
経歴 福岡・光陵高-九州共立大-広島
背番号  43番
最速152キロのストレートが武器のルーキー右腕。九州共立大では4年秋のリーグ戦で5勝をマークし、エースとしてチームを優勝に導いた。大学の先輩でもある大瀬良を目標に、1年目からフル回転の活躍を見せる。
オープン戦の投手成績
防御率 登板 先発 完投 完封 無四球 QS 交代完了 勝利 敗戦 ホールド HP セーブ 勝率
0.00 6 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
投球回 打者 被安打 被本塁打 奪三振 奪三振率 与四球 与死球 暴投 ボーク 失点 自責点 被打率 K/BB WHIP
7 26 4 0 6 7.71 3 1 0 0 0 0 .182 2.00 1.00

オープン戦では見事なピッチングで中継ぎとして期待できそうです!

高校・大学時代は

中学3年時で164センチ52キロと小柄だったこともあり、自宅から自転車で5分の地元の県立校・光陵高校に進学。光陵高校漫才コンビ「博多華丸・大吉」博多大吉さんの出身校です。卒業生にプロ野球選手になった人はおらず、同校初のプロ野球選手ということになります。

高校では1年秋から背番号11でベンチ入り2年夏からはエースを任されています。しかし、2年夏、3年夏ともにの福岡県大会3回戦敗退に終わっており、甲子園とは縁がありませんでした。

大学は、野球部のセレクションを受け合格し、九州共立大学へ進学します。(大瀨良投手の後輩)

大学では2年春のリーグ戦公式戦デビューを果たしました。しかし、2年秋右ヒジの離断性骨軟骨炎により登板なしに終わっています。

島内投手の目覚ましい活躍が始まったのは、3年春に復帰してから
3年秋には3勝を挙げ、リーグ優勝に貢献し、個人でも防御率1位MVPを受賞しました。
同年12月には大学日本代表候補強化合宿に招集されています。

4年春のリーグ戦でも4勝0敗、防御率2.98の好成績を収めました。

周りの評価は?

 

佐々岡投手コーチは「球種は少ない分、真っすぐで押せて三振が取れる。短いイニングで見てみたい」との事で、中継ぎを期待しているようです。

末永スカウト「やっぱりマウンドの立ち姿ですかね、とても雰囲気もありますし、プレーを見ていてもやはりセンスも感じますし、良いピッチャーだなと思って、追いかけていました。まだまだ伸びしろもあり、即戦力としても期待をしているので、そこを評価して指名さしていただきました」

緒方監督からも「いいよ。いい投球を続けてくれている。」

 

中継ぎとして計算に入れているようですね!

2019年成績予想

ほぼ中継ぎは決定として考えると、昨年のカープの中継ぎ陣の成績が参考になると思います。

中継ぎ・抑え(成績はいずれも2018年)

中﨑翔太 68試合 66.1回 32セーブ 防御率2.71
ジャクソン 48試合 45.2回 25ホールド 防御率2.76
一岡竜司 59試合 56.1回 18ホールド 防御率2.88
フランスア 47試合 65回 19ホールド 防御率1.66
今村猛 43試合 38.1回 13ホールド 防御率5.17

アドゥワ誠選手 53試合 67.1回 防御率3.74

これらの選手達の成績を考えると島内投手が一年間故障もなくシーズンを通して活躍したとしたらジャクソンがいない分を島内と菊池保が補うのではないかと?となると

40試合前後に登板し防御率は3点台だったらOKなのでは?と思う。ホールド数はわからないですね。。

まとめ

いよいよ今週の金曜日29日からプロ野球開幕戦が始まります。今年入団したドラフト2位の島内投手がオープン戦で期待以上の結果を残し、一軍での活躍が楽しみです~♪

 

 

 

 

コメント