吉田沙保里(下着モデル)を撮影した下村一喜さんはゲイなの?経歴とプロフ

芸能関係
スポンサーリンク

こんにちは。女子レスリングの現役を引退した吉田沙保里が、初めて下着モデルに挑戦し綺麗な写真が公開されましたが、その写真を撮影したのが下村一喜さんがゲイとの噂。ゲイの人の方が女性は安心して素の自分を表現出来そうですね。そこで色々と調べてみました。

 

スポンサーリンク

下村一喜(しもむら かずよし)

名前  :下村一喜(しもむらかずよし)
生年月日:1973年6月25日(46歳)

出身地 :兵庫県宝塚市
最終学歴:多摩美術大学卒業

職業  :写真家・フィルムディレクター

大学では映画監督になりたいと思っていたのですが、授業で写真を撮った時「写真は止まっている映画なんだ!」と気づき、写真家になったそうです!

子供の頃から「自分は変わっている」ことを自覚していたそうで、美しいものが好きで、いつも絵を描いていたそうです。

多摩美術大学卒業後、AVGVST Internationalオーガストインターナショナルに所属。2001年 渡仏。半年後にフランス「madame FIGARO」誌と契約。日本人として初めてイギリスの伝説的カルチャー誌「THE FACE」の表紙を飾るなど、在仏7年の間、ヨーロッパで活躍。

パリは日本ほど時間に追われていない所だったので、仕事の合間やバカンスなどを利用して、街を歩いたり美術館を訪れたりと、目一杯、パリ生活を満喫されたそうです。

そして日本の「美人画」の世界が、自分の撮りたい世界観だと気づかれたそうです。
それも明治・大正時代、竹久夢二が「夢二式美人」と呼ばれる浮世絵風の様式と大正浪漫を融合させた美人像や、東京の鏑木清方と京都の上村松園などのの世界です。

【BeauTV ~VOCE】8/3 放送未公開配信!下村一喜さん

2007年 帰国後国内外の広告・雑誌カヴァー・CDジャケットなどのスチール撮影から、CM・MVなどの映像ディレクションも手がける。

2012年 蜷川実花監督作品の映画「ヘルタースケルター」に出演し、強烈なインパクトを残す。

 

2014年 宝塚歌劇団100周年記念作品「エリザベート」「ロミオとジュリエット」「ベルサイユのばら」の総合ヴィジュアルを担当。

2015年 東京都現代美術館に請われ「山口小夜子展 未来を着る人」にて作品を発表。
そしてファインプリントとしてその作品群が、東京都現代美術館に永久保存されている。
松本貴子監督のドキュメンタリー映画「氷の花火〜山口小夜子」にも時代の証言者として出演。

2016年 集英社より初の著書「美女の正体」を刊行。版を重ねる。
かねてより親交が深い黒柳徹子氏に招かれ、テレビ朝日「徹子の部屋」に出演した。

下村一喜 『美女の正体』

 

2018年 集英社より第二弾の著書「ウーマン」を上梓。

下村一喜 『ウーマン』

そして今回吉田沙保里さんの写真撮影!メッチャ綺麗です~♪

吉田沙保里、下着モデル初挑戦「最強の1枚に」 現役引退後最大のチャレンジ「試合とは違った緊張感」 ワコール「Date.」『シンクロブラ』ブランドムービー&メイキング

下村一喜さんはゲイなのか?

はい!下村さんはゲイを公表しています。

下村:私は7年ほどパリに住んでいたのですが、その時はフランス版の「マダム フィガロ」誌で専属契約をして写真を撮っていました。その時の業界人はほとんどがゲイか女性でした。本当にゲイが多いし、日常生活をおくる上でも色々と助けてもらいましたね。

またパリで、ゲイだっていうことですごく助かったことといえば、フラットにどなたでも会えたということ。
ジャン=ポール・ゴルティエやティエリー・ミュグレー、クロード・モンタナなどの著名デザイナーにも、同じゲイってことで可愛がってもらいました。ストレートの縦社会だと名刺の肩書きに左右されるので、高名な方々と並列にコミュニケーションする機会って少ないですよね。
大企業の社長から、有名なファッションデザイナー、または名もない人でさえ、同じカウンターに座って交流をすることができる。それはゲイならではの強みですよね。

西田:日本でもゲイのクリエイターは多いですね。デザイナーやヘアメイクは多いけど、カメラマンは極端に少ないイメージかな。

下村ゲイのカメラマンは皆無でしたね。私がゲイをオープンにした初めての商業カメラマンだと思います。メール ヌードを撮る方々はいるけど、ゲイのカメラマンは今でも少ないですね。

西田:業界でゲイの人は多いけど、カミングアウトしている人は少ない。
前にWWDの「LGBT特集号」があって、その時に周りのデザイナーやスタイリストに出ないかと誘ったんですが、ほとんど断られましたね。

下村:私もよく、同じ業界の人でゲイの人と対談なり企画に出て欲しいと誘ったりするんですけど、「いや、自分はゲイって言ってないのよ」って断れることが多いんです。いや、私から見てもどっからどう見ても明白なのですが、ご本人は公にしていないんです。
だけどこれだけは言いたいのですが、別にカミングアウトする必要はないと思っています。それは人それぞれの生き方だから。私はゲイライツとして強い思いがあってオープンリーゲイにしているわけではなく、自分に正直にありのまま生きているから、オープンにしているだけなんです。

本当に素敵な方です!

だから美しい写真が撮れるのでしょうね~

まとめ

吉田沙保里(下着モデル)を撮影した下村一喜さんについて調べてみましたが、ゲイを公表されていました。美に男も女もありませんね。

 

コメント