今話題のロシア武術システマってどんな武術なの?

ロシア武術システマ
スポンサーリンク

こんにちは。スティルネスです。

この2~3年で一気に広まったロシア武術システマ!

お笑いコンビ ピーマンズスタンダードの南川が「システマブリージング」と言ってどんなに殴られても蹴られても、「痛くないです!」とういネタを披露して一躍有名になりました。(多分。)

 

それまでは、システマと言えば「歯磨きのシステマ?」と勘違いされることが多く、説明が難しかったので、知り合いに聞かれると、「ロシア武術を習ってる。」と言って、システマという言葉はあまり使いませんでした。(苦笑)

 

今は結構認知されてきたので、システマと言えば「殴られても痛くないヤツ!?」と言われる事が多くなりましたが、「殴られたら痛いです!」と言うようにしてます。

 

世間に認知されるのは良いのですが、システマ実践者とすると【正しく伝わって欲しい!】と切に願います。

スポンサーリンク

システマとは?

Systemaとは、Mikhail Ryabkoによって創始された近接格闘術(CQC:Close Quarters Combat)で、様々な局面に対処する実践格闘技です。

護身術としてはもちろん、運動不足の解消やストレス発散・解消、ダイエットなど老若男女様々な方がSystemaを学んでいます。

 

Syatemaの4原則

①keep breathing(呼吸を続ける事)

②keep straight posture(姿勢を保つこと)

③keep moving(動き続ける事)

④stay relaxed(ララックスの状態を保つこと)

 

そして4原則ではありませんが、keep Calm(静けさを保つこと)が大事で、この5つの原則を意識して日常生活を過ごすことが出来るとあらゆる困難に打ち克つ原動力となります。

 

一般的にはこのように書かれていますが、実際は Ryabkoシステマとカドチニコフスタイルがあり、実際の歴史については謎な部分がありますが、日本でシステマといえばほぼRyabkoシステマで、僕自身もRyabkoシステマしか知らず、カドチニコフスタイルは動画で見るくらいで、詳しくは知りません。

 

システマの特徴

 

システマが他の武術と違う部分は、先ずは何でもあり!という事。パンチ・キックは勿論グランドワーク(寝技)や関節技、レスリングスタイルなど特別なルールはありません。

野外でも行うし海や川などさまざまな環境の中でもトレーニングを行います。

 

これはもともとロシアの訓練でトレーニングされていたので、あらゆる場面での対応が求められていたからだと思います。

 

そして一番大事なことは相手をリスペクト(Respect)(尊敬とか敬意)することで、決してパンチやキックすることで相手をやっつける!という目的で行わない事です。

 

システマでは本当に端から見ると非常に危険なトレーニング(ワーク)を行なう事があるのですが、それは、その恐怖心からどのように自分の身体と心の状態を良い状態を保つことが出来るか!?を受け手側がトレーニングするのです。

 

その為、攻撃側は常に相手のことを敬意を払って行わなければケガや事故に繋がります。

これがロシア武術システマの一番の特徴だと思います。

だからメチャメチャ痛いことや怖いことなどもトレーニングの中で行われます。

日常生活の中でもシステマを活かすことが出来ます。

 

多くの武道や武術(日本の)は日常生活の中でもその所作を問われることが多いのですが、システマは、他の武術以上に日常生活でのさまざまな場面で活かすことが出来るのも魅力の1つです。

 

例えば、サラリーマンの場合仕事でさまざまなストレスフルな場面が多いと思いますが、ストレスを感じた時、何が起きるかというと、心は怒りや悲しみ等を感じ、身体は緊張し強ばっています。

 

システマの4原則 呼吸・姿勢・リラックス・動き続ける事を意識し、どんな場面でも平静を保つことが出来れば、上手く対処できます!

 

また詳しく書きますが、こんなストレスフルな時バーストブリージングが役立ちます。

システマのトレーニングで疑似とうを突きつけられた時の緊張と仕事の中で上司やお客さんにクレームや怒られた場面を比べた時、どっちが本当に怖いか?(笑)

 

このようにシステマは普通の武術・武道というよりは、日常生活のあらゆる場面で役立つ事が出来る術と言えるかも知れません。

 

システマの哲学について

 

武術を学ぶ時、その歴史や哲学を学ぶことはその武術の根本原理に関わることが多く、非常に役立つ事が多いです。初心者は全く関係ないのですが、深く学んでいくと、大切なモノになります!

 

少し難しいのですが、是非知っておいて欲しいので、システマ大阪さんのHPより引用させて頂きます。

 

システマとは別名“poznai sebia”すなわち「汝自身を知れ」です。「自分自身を理解する」の真に意味する所はなんでしょうか。それは単に自分の強さや弱さを知ることではありません。もちろんそれも大切なことですが表面的なことに過ぎません。

システマにおける訓練とは、自己の限界を十全に把握するための真正な方法の一つです。自分の何が誇るべきことであり、何が弱い所であるのか、それを知るための術なのです。

システマは魂の持つ真の強さを私達に与えてくれます。すなわち魂の持つ真の強さを生じさせる「人間の生きる目的」を見つめる時に必要な謙虚さと純粋性をもたらしてくれるのです。

(システマ大阪さんのHPより引用)

 

 

この文章を読むと今まで書いてきた内容が良くわかると思います!

 

まとめ

今回はシステマについて、どんな武術なのか?

ロシア武術システマの原理原則の大事な部分について記事を書きました。

これから詳しくシステマの魅力について語っていきたいと思います。

 

 

コメント