獠(リョウ)の親友で相棒。香の兄。
愛銃はコルト・ローマン MkIII
警察官だった父親の志を受け継いで自らも刑事となるが捜査中に囮捜査官の婦人警官が殉職したため、責任をとって警察を辞め獠(リョウ)とコンビを組む。獠(リョウ)とコンビを組んだ理由や時期は最後まで明かされなかった。冴子とは刑事時代の相棒。重度の近眼のため眼鏡を常用しているが素顔は端整。普段はとても冷静だが、香のことになると落ち着きを失う。

香の二十歳の誕生日に香の生母の指輪と共に自分とは血が繋がっていないことを話すつもりでいた。
一見冴えない風貌に反してかなりの腕利きだったが全米を牛耳る巨大麻薬シンジケート「ユニオン・テオーペ」の日本進出に伴う事件に巻き込まれ、その組織の手によってエンジェルダストを打たれたチンピラに殺される。

「野上 冴子(のがみ さえこ)」の画像検索結果

野上 冴子(のがみ さえこ)

警視庁の女狐と呼ばれる妖艶な美人刑事。
鼻筋が通った品のいい顔立ちをしている。
腕が立ち、服の下に隠している投げナイフを自在に操る。
野上警視総監の長女。
愛銃はニューナンブM60(警察の備品の改造)
槇村秀幸とは同僚だった。
獠(リョウ)とも長い付き合いで色香でつっては危険な仕事を押し付けている。
男を寄せ付けない仕事一筋ぶりだが以前は生前同僚だった槇村と獠(リョウ)を交えた三角関係にあり、いずれかを選ぼうかという矢先に槇村が亡くなる。それにより心に槇村へのこだわりが強く残った。

関連画像