即位礼正殿の儀の奇跡とは?天叢雲剣(三種の神器)の力?雨と虹と富士山初冠雪!

ニュース
スポンサーリンク

こんにちは。今日の即位礼正殿の儀ではビックリするような出来事が起きました!あれだけ朝から強かった雨と風が開始時間が近づくと弱まり、天皇・皇后両陛下の登場を待っていたかのように宮殿に差し込む光!まさに奇跡です!そして富士山では初冠雪!それはやはり三種の神器 天叢雲剣の力なのか?調べてみました!

スポンサーリンク

即位礼正殿の儀

「即位礼正殿の儀 完全版」 天皇陛下は高御座に、皇后さまは御帳台に・・・国内外に即位宣明(19/10/22)

本当に何とも言えない伝統的な儀式で平安時代?にタイムスリップしたような感じでした!

即位礼正殿の儀の奇跡とは?

・急に雨があがる

・虹がかかる

・台風20号が消滅

・台風21号が逸れる

・富士山初冠雪

本当に神の国日本!こんな事って後生にまで語り継がれるかも知れませんね!

天叢雲剣 あめのむらくものつるぎ(三種の神器)の力?

天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ、あまのむらくものつるぎ)は、三種の神器の一つ。 草薙剣(くさなぎのつるぎ)、草那藝之大刀(くさなぎのたち)とも言われる熱田神宮の神体となっている。

天叢雲剣草薙剣とも言われ、三種の神器の一つ(八咫鏡、八尺瓊勾玉、草薙剣)。

三種の神器の中では天皇の持つ武力の象徴であるとされる。

日本神話において、スサノオが出雲国でヤマタノオロチ(八岐大蛇)を退治した時に、大蛇の体内(尾)から見つかった神剣である。

八岐大蛇退治に至る経緯と、神剣の名称については『古事記』『日本書紀』で複数の異伝がある。

スサノオは、八岐大蛇由来の神剣を高天原のアマテラスに献上した。 続いて天孫降臨に際し他の神器と共にニニギノミコトに託され、地上に降りた。

崇神天皇の時代に草薙剣の形代が造られ、形代は宮中(天皇の側)に残り、本来の神剣は笠縫宮を経由して、伊勢神宮に移されたという。

景行天皇の時代、伊勢神宮のヤマトヒメノミコトは、東征に向かうヤマトタケルに神剣(天叢雲剣/草薙剣)を託す。

ヤマトタケルの死後、草薙剣は神宮に戻ることなくミヤズヒメ(ヤマトタケル妻)と尾張氏が尾張国で祀り続けた。これが熱田神宮の起源であり、現在も同宮の御神体として祀られている。

『日本書紀』の注記より。ヤマタノオロチの頭上にはいつも雲がかかっていたので「天叢雲剣」と名付けられた。 実際、出雲など山陰地方は曇り日が多く、安来地方の山奥、島根県奥出雲町にある船通山(鳥髪峯)山頂には天叢雲剣出顕之地の碑があり、毎年7月28日に船通山記念碑祭・宣揚祭が開催される。 また、「天叢雲剣」の名の由来である、「大蛇の上に雲気有り」という表現や「生贄の乙女を救い、龍を退治する」という物語展開に関して中国大陸(中国文化圏)の影響を指摘し、『史記』や『漢書』からの引用だと説かれることもある。

面白い伝説ですが、本当にそれが目の前で起きるとは本当に奇跡です!

まとめ

即位礼正殿の儀の奇跡とは?天叢雲剣(三種の神器)の力?雨と虹と富士山初冠雪!について記事にしました。本当に神の国日本!おそらく今回の天皇は相当な力を持っているのかも知れませんね?!

コメント