初宮島一周SUPツーリング!最高でした~♪

SUP
スポンサーリンク

こんにちは。スティルネスです。

今年の1月に、今まで一度は挑戦してみたいと思っていた宮島1周ツーリングを達成!

全周約27㎞前後。

普段はだいたいよく漕いで6㎞から10㎞。最長15㎞ちょっとしか漕いだことが無かったので、その倍近くの距離は漕げるのかどうか?不安でした。

たまたまお世話になっているボードワークスさんが企画してくれたので思い切って参加することに!

 

スポンサーリンク

不安と緊張そして準備

 

ボードワークスさんのメンバーは多くの方が、レースに参加するようなパドラーさんばかりなので、ついていけないのでは無いかという不安が一番でした!

 

漕ぎ始めの時は、メンバーの皆さんに全くついていくことが出来なかったので。。。

 

だけど逆に今の自分の実力が試せるので、& みんなの漕ぎを目の前で見られるので、メッチャ勉強になります!

 

あとは長距離の為の水分補給と栄養補給。

 

水分はハイドレーション(水分補給用品)を持っていたので問題は無かったのですが、栄養補給は何がベストか?あまり胃腸に負担は掛けたくないし、そうかと言ってガス欠になっても漕げないので。

そして途中でお腹が痛くなるのは最悪なので何が良いのか?色々考え、結局ゼリーの栄養補給タイプと飴を持参。

 

いよいよスタート

 

1月でしたが、お天気は最高で風も強くなく最高のSUP日和!

総勢20人くらい?でスタート!

 

 

思ったよりも良い感じでなんとかみんなについて行けてました。

 

途中途中で休憩しながらで、良い感じで漕げました!

 

途中で少し漕ぎのレクチャーを受けたり、みんなの漕ぎをしっかりと研究させてもらい本当に良かったです!

 

そして今まで宮島の西側までは行ったことがあったのですが、裏側は初めてだったので凄く楽しみだったのですが、想像以上に綺麗で、近ければもっと頻繁に訪れたい場所でした!

ただ裏側に入って波風が強く、結構大変で一度だけ落ちてしまいました。。。

 

この時期は寒いので落ちたくなかったのですが・・・

 

漕いでいる時は問題ないのですが、休んだ時に寒い!冷たい!(苦笑)

 

思った以上に遠いゴール(笑)

 

半分を過ぎたところで少し疲労感が。。。

何処が疲れてきたかというと、下半身!

下半身がガクガクしてちょっとした波でも落ちそうです~(苦笑)

多分みんなと一緒に漕いでなかったら、休憩が長くなっていたと思います。

こんな時本当に多くの仲間がいるって力になる事を実感しました!

それでも良い感じで漕げてなんとかみんなについて行けました。

他のみんなはまだまだ余裕な感じで、圧倒的なスピードで漕いでいます。。。

やはり普段から長距離を漕ぐ練習が必要ですね!

 

宮島鳥居のそばで最後の休憩

 

いつも宮島鳥居までのツアーの時、休憩するお茶屋さんでお茶を飲み大休憩すると、「ホッ」としました。ここからは何度も漕いだことがあるので残り約3㎞前後?は逆にまた復活し、しっかりと漕げました!

 

 

宮島1周漕ぎきった時は本当に嬉しかったです!(約5時間?のツアー)

下半身のガクガクよりも上半身の全体的な強ばり、それでも心地よい疲労感は「早く家に帰ってゆっくり寝たい!」(笑)

 

そして次の日~

 

ある程度の全身筋肉痛を覚悟してましたが、筋肉痛はそれほど無く、全体が張った感じでしたが、それよりも右肩に激痛が。。。手が上がらない。。。

 

昔右肩の肩鎖関節を柔道で痛めたことがあったのですが、そこが疲労性の炎症を起こしていました。(ビックリ!)以前からたまに痛くなる事は有ったのですがまさかここまで激痛が起きるとは想像出来ませんでした。(激痛は2~3日で落ち着きましたが、仕事は自分でテーピングして何とか出来ました。)

あと面白かったのが、自宅に帰った時ずっと波の上で揺られている感覚が残っていたこと。

5時間ずっと波の上に居たので、その感覚が家に帰っても残っていたのはビックリでした!

(次の日は無くなっていましたが)

 

まとめ

 

普段からたまには長距離を漕ぐ練習はやっておいた方が良いです!

SUPを始めた時から宮島1周は夢だったので、今回達成出来てメッチャ嬉しかったです!

しかし、長距離を漕ぐには長距離の練習をしておかないと絶対に無理だと言うことがよくわかりました。(当たり前ですが)

どんなペースで漕げば良いのか?何処に負担がかかるのか?

これはやはり長距離を漕いでみないとわからない!

色々な意味で凄く楽しく、凄く勉強になった宮島1周ツーリングでした。

そして多くの仲間と漕ぐ事は本当に力をもらえる事を実感しました!

 

皆さんも是非練習して近くのツーアー仲間と何処か綺麗なポイントへの長距離ツアーにチャレンジしてみてください~♪

 

自信がつきます!

 

コメント