広島SUPマラソン第一回レース初挑戦!の巻。

SUP
スポンサーリンク

こんにちは。スティルネスです。

2年前の話ですが、SUPを始めてまだ1年経っていない状態でしたが、地元広島で初めてレースを行なうと言う事で、地方まで行ってまでレースに出ようとは思っていませんでしたが、地元でいつもお世話になっているボードワークスさんが主催で行われるので、思い切って参加する事にしました。

 

【第1回広島SUPマラソン】

 

 

スポンサーリンク

レースに参加するまでの準備

 

観音マリーナから約3㎞ちょっとの津久根島まで往復。約6㎞ちょっとです。

今までずっと練習の時は休みながらの漕ぎ立ったので、全く休まずに6㎞漕ぎ続けた事がありませんでした。ですから6㎞以上休まずに漕ぐ練習をしないと、全くペースが掴めません。

 

レースに参加する事を決めてから、先ずは休まずに漕ぐ事を練習したかったのですが、研修等が重なっていて時間が取れませんでした。なのでぶっつけ本番で臨む事に!

 

あとはハイドレーションは持っていたのですが、実際に使った事が無かったので、その使い方も練習しないといけません。。。

 

もう一つは普段は楽チンなので、インフレータブルのボードを使って練習していたのですが、レース用のハードボードの練習も必要でした。インフレータブルは初心者用の幅広30インチですが、レース用のボード(当然中古です!)は26インチでその当時の僕にとって26インチはいつ落ちてもおかしくない状態でしたので不安大!

 

そんな感じでレース参戦~♪

 

レース開始

 

当日は本当に良く晴れて超暑い!

朝早くから集まり、開会式そしてレース概要説明。

顔見知りも数名いましたが、そんなに親しいわけでも無く自分に集中してました。(笑)

 

始めにキッズのレースでそれから本番!

 

初レースなので全てが要領がわかりません。。。

 

それでもいつの間にかスタート時間。

 

なるようになれ!(笑)

 

とにかくスタートダッシュ!と思っていたのですが、大勢で漕ぐとなかなか上手く漕げません。。。

少ししてから自分の普段のペースよりも少し早いスピードで漕げてます。

 

しかし。。。。

 

途中から暑くて死にそうです。

 

まだ津久根島にも着いてない。先頭集団とすれ違う。。。

 

こんなに離れているのか~と。

 

でも前で漕いでいる人に先ずは離されないように目の前だけを見るようにしてました。

 

やっと津久根島に到着してぐるりと廻って復路。

 

流石に暑すぎて、ボーッとしてきたので海に浸かる事に。1分程度海に浸って休憩。

 

少し復活!

 

またまた目の前の選手だけ見て漕ぎ続けました。ゴールを見ると遠すぎて気が重くなりそうだったので。(苦笑)

 

そうやって頑張るもまたまた暑さと疲れで、震えが来る感じ。。。ヤバイ!

 

なのでまたまた海に落ちて休憩。

 

あと少し!

 

 

ゴールに近づくと、「頑張れ!」という声援が聞こえ、猛ダッシュ!

 

やっとゴール!

 

何とか1時間を切る事が出来た!

 

こんなに一生懸命漕いだ事は今まで無い!

 

自分との戦い!

 

手を抜こうと思えばいつでも手を抜けるが、手を抜くと悔しさが襲ってくる。(苦笑)

 

色々な事を経験出来た初レースでした。

 

それから陸上でヨガ等をやり、近くのレストランで表彰式。

 

キツかったけど充実感を味わえた1日でした。

 

 

まとめ

 

まさか自分がレースに出るとは思っていなかったのですが、さまざまな流れで参加出来、色々な事を経験する事が出来ました。

まず今の自分の実力がはっきりと分かる。

周りは速い人ばかりなので、今の自分がどれほどの早さで漕ぐ事が出来るのか?決して人と比べるために漕ぐわけでは無いのですが、出来れば早く漕げるようになりたい!

 

その為にも早い人達との差をしっかりと確認しておいた方が目標が出来ます。

 

当然若い子の方が体力もあるし、早くて当たり前かも知れませんが、僕個人としては50歳過ぎていても体力では無く、効率的な身体の使い方で早く漕ぐ事が出来る事を実践したいので、同じ年代には負けたくないな~と思っていましたが、全く歯が立たない状態でした。(苦笑)

 

もともと負けず嫌いなので。。。

 

普段から休憩無しで漕ぐ練習と、ピッチを早くして早く漕ぐ練習、持久力等色々な課題がしっかりと見えたレースでした。

 

でもキツイのは嫌だな~と心の声も。。。(笑)

 

ゆっくりと楽しく・気持ち良く漕ぐ事を目的にしてレースなどは興味ないよ~という方も多いとは思いますがチャンスがあれば是非トライしてみてください!

また何か面白いモノが見つかるかも知れません。

 

昨年・今年は研修会と重なり参加出来ませんでしたが、来年タイミングが合えば参加したいと思います。

 

 

コメント