SUPスクールへやっとの思いで参加出来た!

SUP
スポンサーリンク

こんにちは。スティルネスです。

何もわからない状態で何度か自主練して、やっとSUPスクールに参加することが出来たのが11月の前半だったかな?

場所は大野浦で、始めに漕ぎ方のレクチャー。流石スクールちゃんと教えてくれます。(笑)

陸上で簡単な説明を聞いた後に直ぐに海へ!

1人で始めるのは少し不安だったので、無理矢理妻と息子を巻き込んで3人で。

妻は金づちで、全く泳げず超怖がっていましたが、無理矢理!(笑)

息子はその当時高校3年?だったかな?こちらは運動神経は普通にあったので問題なし。

 

スポンサーリンク

またまたいきなり宮島大鳥居までのSUPツアー

 

スクールだから、基礎練習をしっかりやってくれるのだろうと思っていました。初めは座った状態で漕いで、慣れたらたって漕ぐ。そしてその近辺で練習をしてくれる!と思っていたら、お天気が回復し、海上も波風が落ち着いていたので、宮島大鳥居を目指すことになりました!

 

 

ビックリ!

 

スクールでは店長さんといつも漕いでいる?仲間の人達総勢10人くらいが一緒に漕いでくれて、途中途中で漕ぎ方を教えてくれるというスタイル。

 

僕と息子はなんとか大丈夫でしたが、妻が。。。(苦笑)

 

妻には店長さんがしっかりサポートしてくれて何とか無事大鳥居へ(約3.5㎞くらい?)

 

大鳥居で家族3人が記念撮影!

 

 

何とか無事に帰還し、終了~♪

今回約7㎞を漕げたので、少し自信がつきましたが、まだまだ他の人達と比べるとスピードが出ない。

まだまだ落ちる不安が強く、凄く体中に力が入っているし、腕や肩が筋肉痛。。。

それでも宮島の大鳥居まで漕ぐことが出来たのは本当に感動でイヤイヤ連れて行かれた妻も少し笑顔(笑)

もっともっとスクールに参加し、練習しようとあらためて誓いました!(笑)

 

習うより慣れろ!

 

スクール修了後、ボードの取り扱いも少しわかり、漕いだ後は水で洗うことも学習しました。

(こんな基本的な事も全く習わないとわかりません。)

その為のポリタンクや如露などまたまた色々な小道具を買うことに!

(こんな事もわかりません。。。)

そしてある程度基本的な事がわかったら、とにかく海に出て練習あるのみ!

 

漕ぎ方やターンなど課題はたくさんあるのですが、先ずは海自体に慣れることが大事だと感じました。

 

だから休みの日で仕事関係の研修が無い時は、毎回いつもの海へ行きひたすら漕ぐ!

それも何度も何度も沖に行かず浜に沿って往復。(笑)

地味な練習ですが、マリンスポーツを今まで全くやったことが無かったので、天気図や風の予報、満潮・干潮なども見るようになり、さまざまな状況での海を体験してそれに慣れることと、天気図等での予報と実際の状況との違い等もインプット!

 

そうすると少しずつ海に対する怖さが無くなってきました。(今でも知らないところは怖いです。)

そしてドンドン寒くなる時期でしたが、落ちることにも抵抗がなくなりました。段々冷たくなりましたが(笑)

まとめ

 

今回スクールに入ることが出来、基本的な事を学んだおかげで、さまざまな事がやっとわかりました。

漕ぎ方やボードの手入れ等色々なことが初めはわからないのですが、やはりスクールに入って漕ぐことだけで無く、準備や終わった後の後片付け全てが勉強になりました。

 

その後はやはり習うより慣れろ!

 

1人で危険と感じるのであれば、絶対に何度もスクールに参加してみんなと一緒に漕いでさまざまな事を学ぶことが一番上達する近道だと感じました。

僕の場合は、スクールの日程と僕自身のスケジュールが合わなかったので、1人で頑張ろう~♪という気持ちが強かったのですが、本当は毎日でも教えてもらいたかった時期です!

その当時はまだSUPの専門的な本も少なく、ネットでひたすらSUPに関する記事や動画を検索しまくりましたがあまり見つかりませんでした。

今は動画もたくさんありますから、楽チンです!

これからSUPを始めたいと思う方は是非近場のショップを見つけて、スクールに参加してください!

そして先ずは漕ぎ方やボードの扱いよりも、楽しさや気持ちよさ!そして面白さを味わって欲しいです!

 

コメント