基本的な漕ぎ方ってSUPではあるの?を考察してみました。

SUP
スポンサーリンク

こんにちは。スティルネスです。

今回はSUPでの漕ぎ方について考察してみたいと思います。

未だに理想的な漕ぎ方を模索中なのですが、基本的な部分は絶対に変わらないので、先ずは基本的な部分について書いてみたいと思います。

スクールに参加した時、色々な方からのアドバイスと、過去ケニー金子選手と村林選手のSUPクリニックに参加したことがあるので、そこで教えて頂いたことも参考にしてます。

 

スポンサーリンク

漕ぎを分解・分析する

 

先ず、パドルを水面に入れる段階(キャッチ)

 

ここで大事な事は、ゆっくりと静かにパドルを入水させる事です。そしてブレードの面がしっかりとボードに対して直角の角度(垂直?)になることが大事です!これが斜めになっていると、進む方向が変わりますし、水をしっかりと掴むこと(キャッチ)ができません。

 

この時雑誌や色々な人のアドバイスで、出来るだけ前で水をキャッチするようにAフレームでと言われるのですが、あまり前に出しすぎるとバランスを崩すことと、肩に負担がかかりやすいので、無理しない方が効率的だと思います。

 

ただ筋力や体力がある人は前に出せば出すほど、漕ぐ長さが長くなるので、問題ないと思います。

 

初めの頃はこれを意識しすぎて肩が痛くなりました。

 

もう一つ良く言われるのが、下の腕をしっかりと伸ばせ!

これは半分正解で半分間違いだと思います。下の腕を伸ばす時。肩から腕だけで伸ばすやり方と、同側の骨盤を前に押し出しながら腕を伸ばすのでは長さが全く変わります。

ただ骨盤を前に出すとバランスが崩れやすいので、これも注意が必要です!

 

キャッチした状態から後ろへ漕ぐ段階

 

水をしっかりとキャッチ(掴んで)ここから実際に力を入れて漕ぐのですが、一番大事なことはパドルの棒の部分が直角になる事です!(意味が伝わるかな?)

 

斜めになっていると、力が正しく伝わりません!

 

その時に一番わかりやすいのが、上の手と下の手が垂直に一直線になることです!

初めの頃はこれが斜めになっていてなかなか真っ直ぐに出来ませんでした。

それがしっかり出来てから、漕ぐのですが後ろに漕ぐイメージでは無く、水に対して深く刺していくイメージが大事です!

 

後ろ(足方向)に漕ぐ感じで漕いだ時と、深く突き刺していく感じで漕いだ時の感覚の違いがわかると、水の掴んだ感覚が全く違い、一漕ぎの距離が変わってきます。

 

上手く水をキャッチ出来ると重たいです!スカスカして軽く漕いでいる時は、水を上手く掴めていない可能性があります。

あと漕ぐ時に水に渦が出来ている上手く掴めていません。

 

一番初めのスクールの時良く言われたのが、棒高跳びと一緒で棒を海に突き刺して、身体が前に出るイメージで漕ぐ事!と。

 

まさにその通りだと思ったのは1年以上経ってでした。(苦笑)

この感覚だと体幹から下半身を使えている感覚になります。僕は個人的に突き刺したあとに、パドルを水に入れた側の膝が下の手に近づくようなイメージがしっくりときてます。(今は)

 

漕いだパドルをまた前に戻す段階(リリース&リカバー)

 

ここで問題になるのが、どの部分でパドルを水から抜くか?ですが、しっかりと後ろまで漕ぎきる説と足下までで充分という説と色々あるのですが、早く漕ぐためには足下で良いと今は思っています。

 

その方が早く漕ぎ始めることが出来ると思います。

それから、また前に戻すのですが、手首を上手く捻って、素早く前に戻したいのですが、初めのうちはゆっくりと丁寧に戻すルートを確認しながら行った方が良いと思います。

 

初めの頃は身体全体を使って戻していたのですが、距離が長くなり非効率的でした。

 

まだまだこの部分は現在模索中でいかに早く戻し、ピッチを上げて漕ぐ事が出来るか?!が課題なので詳しく書けません。。。(苦笑)

 

まとめ

 

漕ぎ方について基本的な事を書いたのですが、色々な理論があり、どれが一番良い漕ぎ方なのか?は実は人によって違います。

 

というのもみんな身体の違いがあり、身体の硬い人や力のある人、身長の高い・低いなど、身体特性によって漕ぎ方が変わって当然だと思います。

 

ただし効率的な漕ぎ方は、

 

水をどのように掴むことが出来るか?(キャッチ)

パドルの使い方と推進力の関係

漕いだ後の戻すルートと早さ

身体全身の使い方

 

これらの部分は共通なので、それを実現する為に自分の身体ではどのようなやり方が負担がかからず楽なのか?では無いかと思っています。

コメント