シャープが21日に発売したマスクの販売サイトにアクセスが集中し、購入できない状況になっていたことが分かった。

1箱50枚入りのマスクを1日3000箱限定で販売する予定だったが、全国的なマスク不足で購入希望者が殺到したとみられ、当面、販売を見合わせる。

三重県の自社工場で生産したマスクの販売を、21日午前10時から自社サイトで個人向けに始めたが、サイトが閲覧できない状態が続いた。インターネットに接続して使う同社のエアコンや洗濯機、調理家電でも一部の機能が使えなくなった。サイトと同じサーバーを使っており、「原因を調べ、対策を検討する」としている。