台風18号発生はいつ?2019最新情報!米・ヨーロッパ・気象庁まとめ!

台風
スポンサーリンク

この3連休は台風17号に振り回されましたが、気になるのは台風18号の発生です。9月も終わりですがまだまだ台風は発生しそうです。そこで台風18号について今の時点での最新情報を調べてみました。

 

スポンサーリンク

台風18号(ミートク)発生はいつ?

南の海上のアレって?熱帯低気圧ですよね?

台風18号が発生するとミートク(Mitag)という名前でミクロネシア の女性の名前だそうです。

9月末から10月初め前後何となく18号が発生しそうですね。。。

米・ヨーロッパ・気象庁まとめ

『ECMWF』・・・ヨーロッパの代表的な気象予測モデル

こちらのモデルでは来週の水曜日10月2日頃九州に近づいています。

『GFS』・・・アメリカ海洋大気庁(NOAA)の気象予測モデル

こちらのモデルでは若干東寄りのコースになって四国から紀伊半島に接近してますね!

気象庁ではまだ台風についての情報は有りません。

台風18号大きさや強さは?

現在台風18号はまだ発生していませんので大きさや強さはわかりませんが、定義を書いておきます。

台風の大きさ

台風の大きさは台風に伴う風速15m/s以上の領域(強風域)の半径に応じて以下のように定められます。
15m/s以上の領域が左右非対称の場合には平均をとります。

  • 大型(大きい)・・・風速15m/s以上の領域の半径が500km以上~800km未満
  • 超大型(非常に大きい)・・・風速15m/s以上の領域の半径が800km以上~

台風の強さ

台風の強さは台風に伴う最大風速に応じて以下のように定めます。

  • 強い・・・最大風速が33m/s以上~44m/s未満
  • 非常に強い・・・最大風速が44m/s以上~54m/s未満
  • 猛烈な・・・最大風速が54m/s以上~

強風域

台風や発達した低気圧の周辺で平均風速が15m/s以上~25m/s未満の風が吹いているか吹く可能性のある領域。

暴風域

台風や発達した低気圧の周辺で平均風速が25m/s以上~の風が吹いているか吹く可能性のある領域。

ちなみに今回関東地方に直撃した台風15号は、小型で強風といわれていましたが、千葉では最大瞬間風速57・5メートルを記録しましたので予想だけで判断するのは危険です。

この3連休に接近した台風17号は大きさ広く、初めは強さはそれほどでもないと言われていましたが、途中から強くなりました。台風18号が発生した場合も大きさや強さは段々変化する可能性があります。

台風のコース

季節による台風の進路

10月になると多くは日本の南側を通過するケースが多いのですが、最近は先日の17号も8月のコースと同じコースでしたから季節的なパターンに当てはまりません。昔と今とでは温暖化が進み変わってきているのでしょうね?!

まとめ

台風18号発生はいつ?2019最新情報!米・ヨーロッパ・気象庁まとめ!について記事にしました。今後18号が発生するかどうかは現在のところわかりませんが、わかり次第情報を更新したいと思います。

 

コメント

  1. […] 台風18号のたまご関東上陸はいつ?大きさと強さは?最新進路予想!こんにちは。今日ついに日本のはるか南の海上にある雲の塊が熱帯低気圧(台風18号のたまご)となったようですね。熱帯低気圧が発生したのはグアム島に近い海域で、今後は西に進みながら少しずつ発達し、台風18号になるおそれがあるようです。そこで台風1…stillness.life2019.09.26 台風18号発生はいつ?2019最新情報!米・ヨーロッパ・気象庁まとめ!この3… […]