台風3号(令和初)日本いつ上陸?現在地・最新進路と電車や飛行機の影響も

台風
スポンサーリンク

こんにちは。令和初めての台風3号が発生し日本に上陸しそうですね。ここ最近は雨の降り方が酷く、災害の危険性が高まっています。そこでいち早く台風の状況を確認し速やかに安全を確保する行動が大切です。

 

スポンサーリンク

台風3号日本上陸はいつ?・現在地・最新進路!

あすにも台風発生へ 西日本に接近・上陸の恐れ(19/06/26)

このコースを見ると九州へ直撃しそうですね。。。現在のところはまだ熱帯低気圧ですが24時間以内に台風3号になるようです。

追記 6月26日20時

追記6月27日19時50分

ついに台風になりましたね。明日の午前関東地方に上陸の可能性が出てきました。十分な注意を!

台風の定義

熱帯の海上で発生する低気圧を「熱帯低気圧」と呼びますが、このうち北西太平洋(赤道より北で東経180度より西の領域)または南シナ海に存在し、なおかつ低気圧域内の最大風速(10分間平均)がおよそ17m/s(34ノット、風力8)以上のものを「台風」と呼びます。

台風は、通常東風が吹いている低緯度では西に移動し、太平洋高気圧のまわりを北上して中・高緯度に達すると、上空の強い西風(偏西風)により速い速度で北東へ進むなど、上空の風や台風周辺の気圧配置の影響を受けて動きます。また、台風は地球の自転の影響で北~北西へ向かう性質を持っています。

台風は暖かい海面から供給された水蒸気が凝結して雲粒になるときに放出される熱をエネルギーとして発達します。しかし、移動する際に海面や地上との摩擦により絶えずエネルギーを失っており、仮にエネルギーの供給がなくなれば2~3日で消滅してしまいます。また、日本付近に接近すると上空に寒気が流れ込むようになり、次第に台風本来の性質を失って「温帯低気圧」に変わります。あるいは、熱エネルギーの供給が少なくなり衰えて「熱帯低気圧」に変わることもあります。上陸した台風が急速に衰えるのは水蒸気の供給が絶たれ、さらに陸地の摩擦によりエネルギーが失われるからです。

気象庁HPより

台風情報の見方

台風情報(実況と5日先までの予報)

台風情報は、台風の実況と予報からなります。下の図は台風情報の表示例です。

台風情報の図

台風の実況

気象庁では、台風の実況を3時間ごとに発表しています。台風の実況の内容は、台風の中心位置、進行方向と速度、中心気圧、最大風速(10分間平均)、最大瞬間風速、暴風域、強風域です。

現在の台風の中心位置を示す×印を中心とした赤色の太実線の円は暴風域で、風速(10分間平均)が25m/s以上の暴風が吹いているか、地形の影響などがない場合に吹く可能性のある範囲を示しています。この円内では、いつ暴風が吹いてもおかしくありません。黄色の実線の円は強風域、風速(10分間平均)が15m/s以上の強風が吹いているか、地形の影響などがない場合に吹く可能性のある範囲を示しています。また、青い線は現在までの台風の経路を示します。

この図の見方は非常に大事なので覚えておきましょう!

台風の予報

 気象庁は、台風の1日(24時間)先までの12時間刻みの予報を3時間ごとに発表し、さらに5日(120時間)先までの24時間刻みの予報を6時間ごとに発表します。予報の内容は、各予報時刻の台風の中心位置(予報円の中心と半径)、進行方向と速度、中心気圧、最大風速、最大瞬間風速、暴風警戒域です。

破線の円は予報円で、台風の中心が到達すると予想される範囲を示しています。予報した時刻に、この円内に台風の中心が入る確率は70%です。また、予報円の中心を結んだ白色の点線を表示することもできますが、台風の中心が必ずしもこの線に沿って進むわけでないことに注意してください。予報円の外側を囲む赤色の実線は暴風警戒域で、台風の中心が予報円内に進んだ場合に5日(120時間)先までに暴風域に入るおそれのある範囲全体を示しています。

台風の強さ(中心気圧や最大風速)は台風が進むコースによって大きく変わる場合があります。したがって、中心位置の予報が変われば、強さの予報も大きく変わる場合があるため、常に最新の予報をご利用ください。また、台風情報で発表する台風の最大風速、最大瞬間風速は台風により吹く可能性のある風速の最大値を示します。このため、地形や竜巻のような局所的な気象現象などの台風以外の影響により、一部の観測所で観測値がこれらの値を超える場合があります。

なお、台風の動きが遅い場合には、12時間先の予報を省略することがあります。暴風域や暴風警戒域のない台風の場合には、予報円と強風域のみの表示になります。

さらに、台風が日本に接近し、影響するおそれがある場合には、台風の位置や強さなどの実況と1時間後の推定値を1時間ごとに発表するとともに、24時間先までの3時間刻みの予報を3時間ごとに発表します。

下の図は24時間先までの情報の例です。それぞれの地域で警戒が必要となる時間帯がより詳しくわかります。
「経路図選択」で「24時間」か「24時間拡大」を選択した場合は下の図のように6時間刻みの予報を、「24時間拡大詳細」を選択した場合は3時間刻みの予報をご覧いただけます。

24時間先までの3時間刻みの予報

普段は何気なく見ていました。。。

台風3号|電車や飛行機の影響は?

このように飛行機や電車の運行情報はTwitterで確認するのが一番有効です。

まとめ

台風3号はまだ台風となっておりませんが、おそらく24時間以内に台風となるようで厳重な警戒が必要です。最新情報が入り次第追記していきたいと思います。

何事もなければ良いのですが。。。

コメント