台風6号7号2020ヨーロッパ最新進路予想!日本への影響はあるの?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

台風6号7号2020日本への影響はあるの?

 

台風6号、7号共に現時点では直接日本上陸は無さそうなので、日本への影響は少なそうです。

 

全国の週間天気予報を見ても台風の直接的な影響は少なそうです。ただ蒸し暑くなりそうで、それは台風の影響があるのかもしれませんね。

若干気になるのが台風7号の進路です。

予想では西に進みその後沖縄の方まで発達したまま進むとどうなるか分かりませんね。

しばらく台風7号の進路は注意深くみる必要がありそうですね。

台風7号の進路なぜ西に進む?

気圧の峰に突っ込んだ時の台風

今回の台風7号は西に進む予想です。本来日本に来る台風は東に進むのですがなぜなのでしょうか?

通常、低緯度では東よりの貿易風が吹いているため西に移動します。

やがて日本付近で転向し、偏西風に流されて、東へ移動するのが一般的ですが、ジェット気流が、北上してサハリン方面に存在しない場合、強い風が存在しません。

周囲に強い風がないときは台風は地球の回転の影響だけを受けます。

風がなくても地球は一日24時間かけて自転していますから、宇宙の静止点(ゼッタイ座標)から眺めれば猛烈なスピードで回転しています。この回転力の影響を受けて、台風は北進します。

これは北に進む説明です!

そして大事な要素としてコリオリの力。

コリオリの力とは、回転するもの上で移動する物体が受ける、移動方向と垂直な見かけの力。地球上では、自転によるコリオリの力が発生する。また、この地球の自転によるコリオリの力によって、北半球の台風は反時計回りとなる。

実況天気図

この天気図を見ると高気圧が熱帯低気圧の北側への進路を妨げているのがよくわかります。

この高気圧の影響で西に進むしかないようです。


スポンサーリンク

まとめ

台風6号7号2020ヨーロッパ最新進路予想!日本への影響はあるの?について記事にしました。今後も台風7号については進路について注意が必要そうです。

 

コメント