高野隆弁護士(ゴーン被告逃亡容認)のブログと経歴と実績は?弁護報酬はいくら?

ニュース
スポンサーリンク

こんにちは。ゴーン被告の海外逃亡の全容が段々と明らかになってきましたが、そんな中でゴーン被告の弁護人の1人高野隆弁護士が「この密出国を全否定することはできない」と一定の理解を示したそうですが、ある意味被告に寄り添った弁護士さんではありますが、決して許される事ではありません。そんな高野弁護士の経歴や実績あと弁護報酬について調べてみました。

スポンサーリンク

高野隆弁護士

「高野隆弁護士」の画像検索結果"

 

生年月日 1956年9月30日

経歴

1979年 早稲田大学法学部卒業
1982年 弁護士登録(埼玉弁護士会)
1987年 サザン・メソジスト大学ロー・スクール卒業(LL.M)
2004年 第二東京弁護士会に登録換え
2004年~2009年 早稲田大学大学院法務研究科(法科大学院)教授
2006年~2014年日弁連裁判員本部・法廷技術に関するプロジェクトチーム座長
2014年~2015年日弁連刑事弁護センター・法廷技術小委員会委員長

現職

高野隆法律事務所代表パートナー(2009年~)
一般社団法人東京法廷技術アカデミー代表理事(2013年~)

実績

三大刑事弁護人の一人といわれ、刑事事件の弁護士として有名で、過去にはオウム真理教事件や本庄保険金殺人事件などを担当。

若手弁護士の指導者としても積極的に活動しているため、高野弁護士の門下生は高野チルドレンと呼ばれて知名度を誇っています。

ゴーン氏の弁護人になって一番有名なのはこの変装ですよね!

ゴーン被告逃亡容認!?

彼(ゴーン被告)が日本の司法制度についてこうした批判を口にしたのは今回が初めてではない。東京拘置所に拘禁されているときから、彼は日本のシステムについて様々な疑問を懐き続けた。彼は日本の司法修習生よりも遥かに法律家的なセンスのある質問をいつもしてきた。

「そんなことで公正な裁判(a fair trial)は期待できるんだろうか?」

彼はなんどもこの同じ質問をした。そのつど私は日本の実務について、自分の経験に基づいて説明した。憲法や法律の条文と現実との乖離についても話した。

「・・・残念ながら、この国では刑事被告人にとって公正な裁判など期待することはできない。裁判官は独立した司法官ではない。官僚組織の一部だ。日本のメディアは検察庁の広報機関に過ぎない。しかし、多くの日本人はそのことに気がついていない。あなたもそうだ。20年間日本の巨大企業の経営者として働いていながら、日本の司法の実態について何も知らなかったでしょ。」

「考えもしなかった。」

「逮捕されたら、すぐに保釈金を積んで釈放されると思っていた?」

「もちろん、そうだ。」

「英米でもヨーロッパでもそれが当たり前だ。20日間も拘束されるなんてテロリストぐらいでしょう。でもこの国は違う。テロリストも盗人も政治家もカリスマ経営者も、みんな逮捕されたら、23日間拘禁されて、毎日5時間も6時間も、ときには夜通しで、弁護人の立ち会いもなしに尋問を受け続ける。罪を自白しなかったら、そのあとも延々と拘禁され続ける。誰もその実態を知らない。みんな日本は人権が保障された文明国だと思い込んでいる。」

「・・・公正な裁判は期待できないな。」

「それは期待できない。しかし、無罪判決の可能性は大いにある。私が扱ったどの事件と比較しても、この事件の有罪の証拠は薄い。検察が無理して訴追したことは明らかだ。われわれは他の弁護士の何倍もの数の無罪判決を獲得している。弘中さんも河津さんも、著名なホワイト・カラー・クライムの裁判で無罪を獲得している。だからわれわれを信頼してほしい。必ず結果を出してみせる。

私は思っていることを正直に伝えた。彼は納得してくれたように見えた。

この内容が本当だったら、本当に日本って酷い国だな~と感じてしまいます。ゴーン被告が逃亡する意味もわかるような気がします。

こちらのブログを是非読んでみて下さい。

ホリエモンもこのように言ってます!

カルロス・ゴーンの日本脱出はなぜ起きたのか解説します
東国原さんがバカすぎるので三権分立について話します。カルロス・ゴーン解説第3弾
カルロス・ゴーンが見た、日本の腐った司法システムについてお話します【ゴーン第4弾】

弁護士報酬はいくら?

■時給制と一時金制

当事務所は、
・弁護士の稼働時間に応じた「時給制」
・稼働時間に関係なく、一定額をお支払いいただく「一時金制」
という二通りの方式を採用しており、いずれによるかは、協議のうえ決定することとしております。

■時給制の場合

代表パートナー弁護士 ¥30,000~¥60,000/時間(消費税抜)
その他の弁護士 ¥20,000~¥40,000/時間(消費税抜)

■法律相談料

1時間まで10,000円、その後30分毎に5,000円を加算(消費税抜)。

■法律顧問料

1企業につき月額50,000~200,000円(消費税抜)です。
各企業様の業態、相談頻度等を勘案して、協議のうえで金額を決めさせていただきます。

詳しくはこちらを!

ゴーンさんの弁護士報酬はどのくらいになるのでしょうか?3人で請け負ってますからね。

まとめ

高野隆弁護士(ゴーン被告逃亡容認)のブログと経歴と実績は?弁護報酬はいくら?について記事にしました。今後のゴーン被告の会見が気になります。

コメント