たけしの離婚体操!とは?『新・情報7days ニュースキャスター』でボケる!

ニュース
スポンサーリンク

こんにちは。今日の『新・情報7days ニュースキャスター』でどのような発言があるのか?楽しみにしてましたが流石たけし!ぼけてくれました!いきなり体操をし始め安住アナに突っ込まれる!

番組後半で少しは語ってくれるかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

離婚体操?!

ビートたけし(72)が15日、レギュラー出演しているTBS系『新・情報7days ニュースキャスター』(毎週土曜 後10:00)に生出演。40年近く連れ添った妻・幹子さん(68)との離婚が各方面で報じらていたが、冒頭では“離婚体操”としたボケを披露し「バレちゃったんだよ」と口にした。

番組オープニングで体操を始めたたけしは「腕を大きく回して離婚の運動~」「お金~取られた~」とボケ。ともに出演する安住紳一郎アナウンサー(45)が「何ですか、今のは?」と聞くと「離婚体操という、身も心もスッキリするというね」と、再び体操を披露し「情けない!」と悔し顔。それでも「狂ったわけではありません」といい、スタジオを笑いに包んだ。

これに安住アナが「いろいろあったんだなと、心中お察しします」と伝える「いや~、バレちゃったんだよ、バレちゃったんだよな~」とぼやき。続けて、離婚が報じられた新聞が掲載されたパネルが登場し、記事内の「(生放送で)たけしが離婚を自分の口でどう報告するのか注目される」と安住アナが内容を読み上げると「言わないよ」と笑った。

これだけ世間を騒がせていますから少しは何か語りそうですね!

頭の良いたけしさんですから、この状況も上手くかわすとは思いますがどのような発言があるのか?番組後半が楽しみです!

 

車についても語って欲しいな~♪

放送が終了し色々な事がわかりましたらまた追記します~

 

追記

番組冒頭からたけし節がさく裂した。ラジオ体操のジェスチャー「腕を大きく回して離婚の運動!」と語り出すと、腕を上下に動かしながら「お金取られた!」と節をつけて歌まで歌った。ともにキャスターを務める同局の安住紳一郎アナ(45)に「何ですか?」と問われると離婚体操。身も心もスッキリする」と、漫才師らしくネタにして離婚を報告した。

12日に離婚していたことが判明。幹子さんは14日にコメントを発表したが、たけしは無言を貫いていたため、番組でのコメントが注目されていた。「言わないよ。チクショー」と憎まれ口も交えながら、「麻生(太郎財務相)さんが老後に2000万必要だというから俺も稼がないと…。免許返納とかが話題になっているけど、俺は自動車返納だから」と外車コレクションが売りに出されている実情を時事ネタにまぶして笑わせた。さらに、「俺は自分の事務所だから闇営業ができない。カラテカに頼めない。闇もくそもない」と、闇営業で吉本興業を解雇されたお笑い芸人のカラテカ・入江慎也(42)まで引き合いに出して笑いを誘った。

安住アナが「月に一度、奥さんと食事に行っているって言っていましたよね」と真面目な探りを入れたが、「あの時は小遣いをもらいに行っていたんだよ。土下座してさ。まさか捨てられるとは思わなかった」とウソとも本音ともつかないトークでけむに巻いた。

再婚については「ない。してもしょうがない」と即答。幹子さんへの財産分与が話題となっているが、たけしに残されたものは「家だけ。家と犬小屋。あっ犬小屋は俺が買ったんだ」と自虐的に説明した。

最後に安住アナに気持ちを問われると「ハーッ」とため息をつくふりをしながら「うれしくて笑っちゃうよ。笑うしかないもの」とぶちまけ、6分間の“たけし離婚劇場”を締めくくった。

◆「新・情報7daysニュースキャスター」でのたけしコメント

▼14年7月12日 100億円と言われる全財産を夫人に渡して離婚しようとしている週刊誌報道を受け「100億円あったらそんなことするわけねえじゃねえか。冗談じゃないよ。オレを何だと思っているんだ」。

▼18年3月17日 オフィス北野からの独立について初言及。「オレの事務所をオレが辞めて誰が文句言うんだよ! ヤドカリだってケツを違うのに入れたっていいんだから」

▼19年1月5日 離婚調停報道に対して、「もう調停なんか終わってるよ。バカヤロー! あとはハンコ押すだけだ。こっちは」。

結局冒頭のこの部分だけで後半は何もありませんでしたね。

追記6月18日 幹子さんが反論されましたね!

 一連の報道において、武氏の資産が100億円ないし数百億円もあり、それらの(ほぼ)全てが幹子氏に分与されたなどという内容がまことしやかに報道されております。しかしながら、収入に対しては、当然のことながら、事業経費の支出や税金の負担、生活費の支出等もございますので、上記のような規模の財産が現存するという事実はありませんし、それらの「(ほぼ)全て」が幹子氏に「分与」されたという事実もございません。

また、6月15日(土)放送のTBS系「新・情報7daysニュースキャスター」において、武氏より「(離婚に際し)お金を取られたー」とか、「(離婚後に残った財産は)家だけ」などという発言がありましたが、これらの発言内容は、当方の認識とは全く異なります。

なお、一部報道において、幹子氏により勝手に婚姻届を出されたことから婚姻関係がずるずると続いてきたとも報じられておりますが、実際には、当然のことながら両名合意の上で婚姻届に署名押印し、武氏自身が役所に提出しております。

以上の次第ですので、確たる証拠に基づかない憶測での報道や、武氏のジョーク・誇張表現を真に受けたような一般的な報道はお控えいただきますようお願い申し上げます。

このたびの行き過ぎた報道に際し、やむなく上記の限度で当方の認識をご説明申し上げましたが、幹子氏と致しましては、基本的には、6月14日付書面にてお伝えしましたとおり、離婚に至った経緯や合意内容について、お話しするつもりはございません。ご理解のほど、お願い申し上げます。

との事です。

コメント