天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」(嵐が歌う日)一般参加抽選倍率は?

ニュース
スポンサーリンク

こんにちは。天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」が11月9日、皇居前広場で開かれることになりましたが、祝賀式典に天皇、皇后両陛下の出席が検討されており、人気アイドルグループの「嵐」がこの日のために用意された祝福の曲を披露します。その国民祭典の一般参加の申し込みが今日から始まりました。そこでこの抽選倍率がどのくらいなのか?調べてみました。

スポンサーリンク

天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」

「国民祭典」午後1時半から内堀通りや皇居外苑で各地の郷土芸能などを披露する「奉祝まつり」

午後5時10分からの祝賀式典の2部構成で、合計約6万人の参加者を見込む。

この2部の方で嵐が歌いますが、一般参加はこの2部の方で、生で嵐の曲が聴けます!(大型モニターですが・・・)

祝賀式典の模様は、皇居前広場に3万席を設け、主に大型モニターで観覧できるようにする。3万席のうち、1万席は一般から公募で選ばれた人を招待。

祝賀式典は皇居・二重橋前の特設舞台で行われる。両陛下が出席し、天皇陛下がおことばを述べることが検討されている。芸能界やスポーツ界、経済界など各界の著名人からの祝辞が披露された後、嵐が「奉祝曲」を歌う

作曲は、東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」を手がけた作編曲家、菅野よう子さん、作詞は脚本家、岡田惠和(よしかず)さんが担当。オーケストラ、辻井伸行さんのピアノ演奏ののち、嵐が歌を披露する。

天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」一般参加申し込みは?

【第1部】は13時30分~15時45分(予定)から皇居外苑と内堀通りで行われ、奉祝パレード(郷土芸能、音楽隊)、奉祝神輿(みこし)があるそうで、こちらは申し込みをしなくても誰でも参観出来るようです。

【第2部】は17時10分~18時40分から行われ、二重橋前特設舞台および皇居前広場で招待者と抽選による当選者のみ参加が出来ます。

抽選倍率は?

一般公募は約1万にと発表されています。今回嵐のファンが殺到する可能性があります。どれくらいの人が申し込みするのか?想像がつきませんが、11月9日は土曜日なので全国から押し寄せる可能性があります。情報がわかり次第追記したいと思います。

申込期間は?

令和元年9月24日(火)13:00 ~ 10月2日(水)23:59までで、10月17日(木)に当選者に通知するそうです。

セキュリティが厳しく、身分証明等も要りますので少し大変そうですね。

まとめ

天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」(嵐が歌う日)一般参加抽選倍率は?について記事にしました。こんな機会は滅多にありませんからダメ元で申し込みしたいですね!

 

コメント