天皇陛下最後のお言葉(平成最後の日)全文・退位礼正殿の儀動画!

世間ネタ
スポンサーリンク

こんにちは。今日は平成最後の日ですね!「退位礼正殿の儀」で天皇陛下がどのようなお言葉を話されたのか?お伝えします!

 

スポンサーリンク

天皇陛下最後のお言葉(平成最後の日)全文・退位礼正殿の儀

「退位礼正殿の儀」でお言葉を述べる天皇陛下(30日午後、皇居・宮殿「松の間」)=代表撮影

 

今日をもち、天皇としての務めを終えることになりました。

ただ今、国民を代表して、安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に、深く謝意を表します。

即位から30年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します。

明日から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。

動画

天皇陛下 退位の儀式「退位礼正殿の儀」国民に最後のお言葉(平成31年4月30日)

 

退位の礼とは?

「天皇の名前」の画像検索結果

 

退位の礼を行う根拠は「天皇の退位等に関する皇室典範特例法施行令」第一条で、「天皇の退位等に関する皇室典範特例法第二条の規定による天皇の退位に際しては、退位の礼を行う。」としていることにある。

退位の礼の具体的な儀式としては、退位当日の2019年(平成31年)4月30日に「退位礼正殿の儀(たいいれいせいでんのぎ)」が国事行為として、皇居宮殿正殿で行われた

かつて平安時代末期から鎌倉時代にかけて、天皇が退位して上皇となり、実質的な権力を以て院政を敷く「院政期」が存在した。

しかし、江戸時代に第119代光格天皇が退位したことを最後に、天皇の退位は2019年まで途絶えた。よって、天皇の退位に伴う儀式が行われるのは、孝明天皇の祖父にあたり幕府に対して朝廷の権威を高め「天皇」号を復活させた光格天皇「譲国の儀(じょうこくのぎ)」以来のことである。

今回の譲位は、王政復古以来初のことであり、憲政史上としても、また、象徴天皇制となってからも初めてである(戦前の大日本帝国憲法・旧皇室典範や、戦後の日本国憲法・皇室典範も退位に関する規定がなかった)。今上天皇も退位について、光格天皇を十分意識していたことは、新聞にも報道されている。

「天皇家系図光格天皇」の画像検索結果

天皇家は複雑すぎてなかなかわかりにくいです。。。また時間があればこの辺りもまとめてみたいと思います。

まとめ

簡潔でわかりやすく述べられていますが、言葉に重みを感じます。

先ずは速報という形で書かせて頂きました。

 

また追記したいと思います。

 

 

 

コメント